イマヌエル・カント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ピザが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「イマヌエル・カント」の項目を執筆しています。

イマヌエル・カント(Immanuel Kant、1724年 - 1804年)はドイツ哲学者心霊研究家。普通、カントと発音すると具合が悪いのでキャントと発音する[1]。大陸合理論イギリス経験論を強引にこじつけ、後のドイツ観念論哲学の基礎を作った。また彼の著作は読みづらいことで有名で、その晦渋さはドイツ人でも辞書を片手に指であちこち押さえながら声に出して読まなければならない程である。

目次

[編集] 人生

1724年ソ連カリーニングラード生まれ。SM用革具工の子として生を受ける。同地大学卒業後、長年、家庭教師をしていたが、大学への就職のチャンスが訪れた際、詩学のポストを与えられそうになったため拒否。晩年、食べ過ぎで腹をこわし好物のチーズが食べられなくなる。そのため、召使に金銭でチーズとの取引をもちかけた。童貞に近い。

[編集] 「独断のまどろみ」―批判哲学の完成

カント批判哲学誕生のエピソード:彼は自分の哲学がアンチノミーに陥ったこともそっちのけで自慰行為にふけっていた。しかし、そのうちに自慰に使用するオカズのネタがつきはじめ、その事で悩むようになり夜も眠れない日々が続いていた。ある日、彼は椅子に腰掛けて煙草を吸いながらウトウトとしてしまった。そして煙草を太ももの上に落としてしまい、その熱で目を覚ました。と同時に霊的体験を得、「オカズがなければ自分で作ればいいじゃん」とインターネット上でエロ画像掲示板を立ち上げることと、自分の哲学的アポリアの解決法を思いついたのであった。

[編集] 内容

[編集] 主著

  • 『天界の一般自然史』(Allgemeine Naturgeschichte und Theorie des Himmels 1755)
丹波哲郎との共著。日本では『大霊界』とも訳される。
  • 『視霊者の夢』(Träume eines Geistersehers 1766)
江原啓之との共著。参照。
人間には認識できない存在者すなわち「霊自体」(Geist an sich)が存在の背後に存在し、これが超常現象を起こす根源である、と述べたもの。哲学書の中でも、トップクラスの読みにくく、理解しがたい難解な本である。そのため、この本を手にとって最後まで読んだ人よりも、途中で投げた人のほうが多数であることが、たやすく推測できる。
  • 『啓蒙とは何か』(Beantwortung der Frage: Was ist Aufklärung 1784)
心霊手術による視覚障害者や強度の近眼者の視力の回復法を考察。
心霊スポット」と世間で噂される場所を実際に訪れ、その真偽を確かめた、心霊スポット案内。
主に脳トレーニングにおいて要求される判断力を「たかがゲーム機でのトレーニングではいつかは慣れが来てしまう」と批判し、霊感を重要視することを説く。
  • 『永遠平和のために』(Zum ewigen Frieden. Ein philosophischer Entwurf 1795)
あの世での平和を説いたもの。再版時には新たに、故・丹波哲郎氏追悼のための献辞「わが師・丹波哲郎先生に捧ぐ」が付された。

[編集] 時間キッチリ人間

彼の一日の生活は自らの作成したタイムテーブル通り偏執狂なまでに寸分違わず行われた。その行動のあまりの正確さは、周囲の人々が彼の行動を時計代わりにしていた程であったという。

朝―起床(AM6:30)後ベットの中で煙草(3分×2)、その中で一旦踏ん張って排便し(5分)また一服(3分×2)
昼―昼食(PM12:30)後に一服(3分×2)。近所を徘徊(「徘徊」とはいうものの、もっぱら風俗に通院しており90分コースは指名あり、道中の側溝の蓋を踏む数まで決まっている。PM5:30まで)
晩―夕食(PM7:00)後の自慰(たっぷり3時間も)
夜―就寝(一人寝。PM11:00)。夢精(AM1:00とAM3:00)

[編集] 一物自体

カントはイチモツが矮小であり、そのことでよく知らない人達から嘲笑されており、光悦感を感じていた。男の勲章が及第点に届かないという、この男性として決定的な欠点を享受するべく試行錯誤の果てにカントは「一物自体」という概念を考案した。カント曰く、知らない人達が小さい小さいと馬鹿にしている私の息子は、知らない人達の感覚を通して認知記されている「息子のようなもの」に過ぎない。自分の本当のナウい息子は、凡百の人間には不可知の存在なのだという。自らの短所を払拭させるために新たな哲学の概念を生み出してしまうあたり、やはりカントは只者ではないのだ。なお真性包茎でもあった。むりやりズルムケさせようと包皮を引っ張ったところ剥けたはいいが元に戻らなくなってしまい、痛みに煩悶したようだ。剥けたまま包皮が戻らなくなってしまったカントのペニスが、カントン包茎の名前の由来となったのは言うまでもない。

[編集] 脚注

  1. ^ 20世紀に入って、カントの精霊はフランスの女流作家マラヤット・ビビドの元に舞い降りた。彼女は精霊に導かれるままにこの大哲学者の名をテーマにした小説を書き、それは世界的な大ヒット作になった。つまりエマニュエル・ランサン作『エマニュエル夫人』 である。エマニュエル・ランサンはペンネーム。

[編集] 関連項目

Quqpacmanlogo3.png
後世の物好きのためにイマヌエル・カントが放った発言は、有志たちによって「Unquotable/学者」へ収録されています。
スタブとは、あらゆる編集を有効に発揮させる特権である。──イマヌエル・カント (Portal:スタブ)
  ドイツ
地理: ドイツ - フランクフルト - ベルリン - ハンブルク - ブレーメン - ミュンヘン - ハノーファー - ドレスデン
人々: ドイツ人 - ゲッベルス - カント - ゲーテ - ヘーゲル - アインシュタイン - ルター - エック - ベネディクト16世 - ハイデッガー - マルクス - ニーチェ - シューマッハ - ベッケンバウアー - エンデ - ケーラー - メルケル - キーボードクラッシャー
軍事: ルーデル - ハルトマン - ヴィットマン - カリウス - ヘッツェナウアー - シュライネン - マルセイユ - ビスマルク - ヒトラー - ヒンデンブルク - タイガー重戦車
言語: ドイツ語 - バイエルン・オーストリア語 - ウムラウト - エニグマ暗号
音楽: バッハ - ベートーヴェン - ブラームス - ワーグナー - ヘンデル - ノミ
歴史: 第二次世界大戦 - ナチス - ホロコースト - ベルリンの壁 - チェックポイント・チャーリー
その他: ビール - ウインナー - ドイツ無政府主義ポゴ党 - ヴェルタース オリジナル - ミュンヘンオリンピック
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語