インターネッツ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ウィキペディアの専門家気取りたちも「インターネッツ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
「ここはすばらしいインターネッツですね」
アンサイクロペディア について、ウィキペディアン

インターネッツThe Internets) とは、インターネット (The Internet) の複数形である。従来のインターネットに対して、その概念を拡張したものであると言うことができる。

目次

[編集] 概要

元来インターネットとは「全世界規模でのコンピュータネットワーク」のことを指すが、21世紀(本格的には22世紀)より人類がその版図を地球外・太陽系外へと拡大するにあたって、もはや「全地球規模であること」が 「宇宙でただ一つ、universal」 としての意味を持ちえなくなってしまった。

つまり、インターネットが作られたころ(まだ人類が地球にのみ生息していたころ)とは異なり、現在においては人類の移住・入植により(あるいは他の知的生命体の活動により)、全星規模でのコンピュータネットワークが形成された惑星衛星などが少なからず存在するため、本来「この世においてただ一つ」であるはずのインターネットが「個々の居住可能天体ごとに存在する」という矛盾した状況となっているのである。

このような、現実から乖離した語を用いることは、銀河系内居住区間差別・宇宙種族間差別などの問題を考えるに付けても不適切であるとされ、いつしか「全星規模でのコンピュータネットワークの総称」としての "インターネッツ" という語が生まれ、次第に浸透してゆくこととなった。

現在では、「インターネッツ」という言葉はマスコミの報道においても積極的に用いられるようになった他、コンピュータ関連技術が未発達な他星系の種族(これらはちょうど21世紀初頭におけるコンピュータ初心者、とくに高齢者のようなものである)の間においても一定の知名度を得ているとされる。

[編集] 語の発生

あまり知られていないが、「インターネッツ」の語が最初に使われたのは、太陽系第3惑星地球・日本語圏の掲示板2ちゃんねるにおいてである。「インターネッツ」の語はその後、2ちゃんねるから各方面にその知名度を徐々に広げて行き、前述のように一般的に使用される語となった。

日本国内では、政府公文書においても従来の「インターネット」の語を「インターネッツ」に改める動きがあるほか、同国外へはインターネット発祥の地であるアメリカを始めとする英語圏などにおいて "The Internet" を "The Internets" とする風潮が高まっている。地球連合においても同様の傾向が見られる。

太陽系内では既に「インターネット」の語を使うことは、政治的正しさに配慮しないこと、すなわち恥とされている。特に、地球との間のネットワーク環境の整備が遅れ、このことに関して疎外を受けてきた(と考えている)外惑星居住者などは、この語を好んで用いる傾向があると言われている。

[編集] さらなる展望

将来的には、現在個々に分断されているインターネット群、すなわちインターネッツ全体は、完全な一つの(真に universal な)ネットワークとして相互に接続されるものと言われている。このとき、このネットワーク全体のことを「メタ・インターネット (meta-)」もしくは「ユニ・インターネット (uni-)」と呼ぶことが、地球総務省に加え複数の個人により提唱されている。

さらに、ブラックホールワームホールを通じた他の宇宙との相互の行き来が可能になれば、それぞれのメタ・インターネットを総称する「メタ・インターネッツ」という語も用いられることになると考えられている。

[編集] 関連項目


この記事は、スタブです。ユニバーサルな視点で加筆をしていただけるインターネッツユーザーの編集を歓迎します。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語