インターホン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「インターホン」の項目を執筆しています。

インターホンとは、ドアチャイムの進化系である。

開発の経緯[編集]

ドアチャイムの項目にもあるように、そもそもドアチャイムは自ら名乗ることを恥ずかしがるシャイな人に向けて開発されたものである。

しかし、今度は相手側が「誰かも分からない状態で出たくない」と駄々をこね始めたので、仕方なく電話のようなものを用いて玄関先と通話できるようにした。それがインターホンである。

最初は成功したかに思われたが、思わぬところから物言いが入ってしまった。

ピンポンダッシュとの関係[編集]

普通に使う分には申し分なかったインターホンであるが、ピンポンダッシュにとっては残念な結果になってしまった。

チャイムが鳴った後に、通話しようとしても当然ダッシュ後は無言である。それに気付かずにそのままスルーしてしまうことや、気付いても通話時間分で競技実行犯は逃げてしまうため、時既に遅しとなる。

これでは、普段ダッシュ実行犯を捕まえることが唯一の心の安らぎだった専業主婦は不満を漏らし、実行犯たちも「すぐに逃げ切れるから面白くない」と業界にクレームをつけてきたのであった。

カメラ付きインターホンの登場[編集]

そこで、画期的なアイディアが浮かんできたのであった。「インターホンにカメラを内蔵したらどうだろうか」という一言で開発は一気に進められた。

カメラ付きインターホンは、チャイムのボタンが押されると同時にカメラがONになる。当然、その場の風景が映し出されるのである。すると専業主婦たちは、受話器を取ることもなく実行犯を追跡することが出来るようになった。

実行犯も、カメラに移らないようにダッシュするなど戦略の幅が広がった。頭のお堅い百科事典では、ピンポンダッシュ対策にカメラ付きインターホンを入れたら良いとか言っているが、結果的にはピンポンダッシュ普及に成功を収める結果になった。

ピンポンダッシュの得点は、通常のドアチャイム基準で考えると、インターホンがそれよりも低く、カメラ付きになると高得点が期待できる。

パナソニックのすさまじいインターホン[編集]

パナソニック社は、実行犯を悩ませるカメラ付きインターホンを開発していると言われている

VIERAリンク
VIERAリンクを単にBDテレビが連動する機能と思ってはいけない。実は、カメラの映像をテレビを通して見ることが出来ると言うのだ。
しかも、その記録は残る。短期決戦で知られていたピンポンダッシュであるが、ここにきてその映像を用いた長期戦も展開できるようになり、いったんは逃げ切れると思っていても後に御用と言うケースも増えてきた。
家中どこでもドアホン
コードレス電話にカメラの映像を映し出せると言う、とんでもない機能までつけてきた。
これにより、専業主婦はサザエさんの「お魚加えたドラ猫、追っかけて」のごとくの速さで実行犯を追跡することが可能となった。

この様に、パナソニック社のインターホンは難易度の高い一品である。当然、ピンポンダッシュの得点は最高ランクになっている。

関連項目[編集]


このアイテムインターホン」は、ライターがクラックをディサイドしていたポシビリティもありますが、ナウはまだクソマウンテンです。よりプレッシャーにして下さるコゥオペレーターアスクしています。さぁ、これをルックしているユーも、シャイがらずにライトしてみよう! (Portal:スタブ)