ウィルソン・フィリップス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ウィルソン・フィリップス(19??年 - 198?年)は、アメリカ合衆国政治家および運転手である。超絶的なカリスマにより、急逝した現在も尚、多くの人々の心に残り続けている。

概要[編集]

その功績は大人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第3部『スターダストクルセイダーズ』に取り上げられ、漫画のファンをはじめとする読者たちの間で大いに知られることになった。詳しくは単行本27巻を読んで欲しい。

経歴[編集]

アメリカ合衆国の元老院議員。正確な出生日は不詳。

高等学校と大学を首席で卒業。大学ではレスリング部のキャプテンをつとめ、まさに文武両道と呼ぶにふさわしい人材であった。

大学卒業後、すぐには政治家にならなかったが、その超絶的なカリスマ性によって周囲の多大なる尊敬と畏怖の念を集め、政治家の道へ入った。その後、確実にその頭角を現し、『最も合衆国大統領に近い男』の名をほしいままにしていた。

当時、ハワイに100坪の別荘をもっており、妻は25歳年下の美人モデルであった。

税金は、一般市民の50倍の額であるにもかかわらず、苦にもせず払っていた。

その前に何が立ちふさがろうとも必ずうちたおしてきた、まさに『素晴らしい』を絵に描いたような人物であった事がお分かりいただけるであろう。

最期[編集]

80年代後半、偶然訪れていたエジプトのカイロにて、一般市民の職業を研究し、行政に反映させるため、タクシーの運転手の仕事を体験しようとする。

しかしその際、乗り合わせた客が突然発狂、議員に暴行をはたらく。その客が精神にどれほどの異常をきたしていたかは、彼がその際叫んだ「時よ止まれ」というセリフから推して知るべしである。

老体であったために、反撃する事はできなかった。結果、致命傷を負ったのだが、渾身の力を振り絞り、後ろを走っていた乗用車のフロントガラスに体当たりを食らわした。

それによって、その乗用車に乗っていた学生が事態を把握し、暴行を働いた客に対して『プッツン』し、見事に撃破したのだった。

しかしながら、この時、すでにウィルソン・フィリップスは息を引き取っていた。享年6?歳。

彼は最後まで、そのたくましい意志を曲げなかった。未来を担う青年に自分の意思を託し、彼はその偉大なる人生に幕を下ろしたのだった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スターダストクルセイダース」の項目を執筆しています。