ウェールズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ウェールズ」の項目を執筆しています。

ウェールズ(Wales)とは、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国の一角を占める?のこと。グレートブリテン島の西部に当たる一帯である。クジラ(whales)とは全く関係ない

[編集] イングランドへ早い服従

ウェールズ一帯は一応、13世紀まで独立した地域になっていたが、他の地域と比べて結構早い段階でイングランドに征服された。イングランドに比べて強固な政体を有さなかったことが、このような結果に結びついたといわれている。そのため領土が他のイギリス3国と比べて異常に狭い。

以後、民族としての自尊心は保った状態を続けるが、連合王国の国旗から無視されてしまうなど、明らかに独立しようとする意志が欠けているか、そもそも無視されている民族のどちらかであることを世に指し示し続けた。ただし、イギリス王室ではイングランド国王がウェールズ国王も兼ねることになっており、またイングランド皇太子は通常「Prince of Wales」などと呼ばれるために、ウェールズの名を耳にする機会は多い(かのダイアナ元皇太子妃は「Princess of Wales」という肩書きを持っていた)。もっとも、ウェールズの主体性の無さ丸出しの形で世界に名を知られる国(?)も珍しいと思われる。

20世紀末、民族運動が盛り上がるにつけてようやくウェールズも独立運動に目覚めることになり、1997年から議会が開設された。

[編集] 文化

一部のアイルランド国民とオーランド・ブルームを始めとするエルフ族が話すウェールズ語(ゲリック語)という独自の言語を持ち、国内の出版物・放送メディアから交通標識まで英語との二ヶ国語表記である。母国語として使用している人たちは主に北部・西部の過疎ってる地域に住むため、話者人口は全体の2割程度。なお、最近ではウェールズ語を学校教育で実施するなどして、日本の「ゆとり教育」に独自に反対している様子が覗える。(アイルランド国民もウェールズ人もあまり理解できない言語。というより話者が徐々に減り続けているため文化が消滅しつつある。)

趣味は合唱。ウェールズ人が2人集まると合唱を始めると言われる。 ラグビーには自信を持っているがサッカーは残念な実力。しかしワールドカップ本大会に1度だけ出場経験あり。

コーギーの原産地であるが現地にはほとんどいない。ウェールズで一番多い犬はボーダーコリー。

羊があり得ないほど多く生息している。奈良県の鹿と同じように街中を羊たちが我が物顔で闊歩している。その一部は羊王国で有名なニュージーランドへも輸出する程。 毎晩、酒に酔ったおっさんが羊とセックスをしている風景が多々目撃されている。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語