ウォーターフォール・プログラミング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

デジタルでソリッドなコーディング、エクストリーム・プログラミングに対して、アナログでリキッドなコーディングをウォーターフォール・プログラミング」(はいすいのじんという。「滝に打たれつつキーボードを打つ」というその野性味溢れるアプローチは現状エクストリーム・プログラミングにリプレイスされているが、投機マネーの流入による化石燃料の高騰や人口爆発に伴う二酸化炭素排出量の増加を受けて再び注目を集めている。

特長[編集]

絶えず打ちつける冷や水が工数管理を担当することで各プログラマが目前のコーディングに集中できるようになり、総じてコンパクトなコードが出力される。たまに短すぎるプログラムが残されてプログラマが失踪することもあるが誰も気にせず、むしろ自然環境への負荷がコンパクトになってよかったと見なされて代わりの歯車が補充され、作業は続けられる。

アルゴリズムの変遷―1.雌伏[編集]

かつての日本では季節・開催場所を都合してプログラマの間引き」(せいさんちょうせいを行い、被雇用者一人当たりの旨味を保障する事が企業として求められる当然の社会的責任であった。プログラマに過大な主体性を求めず、絶えず危機意識を喚起し続けるウォーターフォール・プログラミングは時代の要請を確実に満たしていた。ところがある日、某圧力団体が憎むべき博愛主義を振りかざし姿を現すと途端に人命が高価になり、労働者を無駄に長生きさせて過当競争を奨励、労基法ギリギリオーバーのところで買い叩く企業が歓迎されるようになった。ウォーターフォール・プログラミングは唾棄すべき悪習として糾弾・抑圧され、それから久しく顧みる者が無かった。

アルゴリズムの変遷―2.雄飛[編集]

「ある事柄が、3つの要素で説明できないのならば、4つ目の要素を加えよ」
四次元ポケット について、ウォルター・オブ・チャットン
日本全国で展開されたワークシェアリングという名の一億総奴隷化キャンペーンは成功を収め、結果として大量のデジタル土方適当に絞られて廃棄されるに至っている。また、水から離れて錆びついたPCは同じく使いものにならなくなってHARD OFFの小売店をゴミ屋敷にしており、自然環境への懸念は高まるばかりだった。これら産業廃棄物の最終処分アルゴリズムとして生み出されたのが「IWGP(Integrated Water-circuit for Genocide and Programming)」である。このメソッドでは従来のウォーターフォール・プログラミングに加えて「ゴミ処理」という位置付けを与えることで「呼称が変わっただけ」という批判を棄却することに成功している。今でこそエクストリーム・死体隠しの盛況を通じて河川への放流がゴミ処理法として広く認知されているが、導入当初は「土に還らないんじゃないか」「水が汚くなる」などという素人の批判が優勢だった。果たしてゴミ共は滝壺の中でモミクチャになり、周囲に堆積した塁は迫り上がる水かさを支えてプログラマを一所懸命の作業に駆り立てている。

今後の課題[編集]

現在は多くのIT関連企業が時代遅れと感じながらも思弁的かつ従順なフローチャート等を援用しつつエクストリーム・プログラミングの惰眠を貪っているが、山紫水明の国日本では伝統回帰の流れを汲んでウォーターフォール・プログラミングの応用研究に注力する企業が増えてきた。起伏の険しい山岳地帯が縦断し、強い水流を確保しやすい地の利を活かさない手はない。効率的な水質・土壌管理手段として、水力発電用のダム建設法として、自然とのレゾナンス(共鳴)に期待がかかる。

関連項目[編集]