ウサギ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
時にUSAGIベトナムに侵攻する事がある。
「ウサギさん、体格が私の100倍だから途中で休んでよね」
ウサギ について、
「あいさつするたびともだちふえるね。」
ウサギ について、おはよウ詐欺サギ
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ウサギ」の項目を執筆しています。

ウサギ(兎)は、に住む生命体名称地球がそう呼んでいるのであり、彼ら自身の自称は不明。

よく見たら人間っぽいウサギについては、バニーガールを参照すること。 また、顎に猫を飼っているおっさんと組んでいるウサギについてはTIGER & BUNNY参照すること。

[編集] 生態

ウサギの想像図
日本語を話す
ウサギ
ウサギはを食べる。
ウサギのイメージを表現したカップ麺「碧いうさぎ」。こちらはのりPによって禁則事項です

彼らには掟がある。それは、地球の見える面には入ってはいけないということ。宗教上のタブーらしいが、そのため地球からは彼らの姿を目撃することはできない。

地球人が月探査機によって月面を探査するとき、彼らの姿は見えない。それは、地球からの宇宙船が近づくと空襲警報が発令され、建物は地下に収納され、ウサギたちも地下に隠れるからである。時には間に合わないこともあるらしく、アポロ計画の際にはウサギの基地が目撃されたため、アメリカ側はパニック防止のために撮影された映像を他の映像にすりかえた。これらの理由から、人類はいまだに月は無人の地であり、ウサギは存在しないものであると信じこまされている。

彼らも、地下都市を建設したり、地下収納型建物を造る技術は持っていて、技術水準は地球人より高い。ただし、宇宙飛行に関する技術は持っていない。

そのため、地球から宇宙船が飛来したときは、迎撃することもなく地下に隠れているのである。

また、地球上にもウサギと称される生命体がいるが、あれらは「因幡の白兎」という神話で鮫を騙したことが発覚し、鮫に傷つけられたとき、周りの言葉を鵜呑みにしてしまい、海水で消毒したため、逆に自身を傷つけたことから、「周りの嘘を鵜呑みにする」→「詐欺行為を鵜呑みにする」→「詐欺を鵜呑み」→「鵜呑み詐欺」→「鵜詐欺」からウサギと言う蔑称がついている別の生き物である。

彼らに月にいる本物のウサギたちのような知恵は無い。地上に住む偽ウサギは病弱であり、常時強膜炎にかかっているのが最大の特徴。鮫に逆襲された際に受けたショックからになっており、ほとんど鳴かない。

[編集] USAGI,Inc

USAGI,Inc(うさぎインク)とは、ウサギに上記の技術を提供及び開発援助しているアメリカの企業の略称である。略さずに言うとUnited States of America General Industries, Incorporated(アメリカ合衆国総合工業株式会社)である。

気をつけなければならないことは、このUSAGIを本場のアメリカ人に読ませるとたいてい「ウサジ」といわれてしまうことである。

[編集] 関連項目

Undictionary Logo Text.png
この記事「」は何故か「アンディクショナリー」にも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。


この項目「ウサギ」は、先人によって冒頭部が作られ、代々伝えられてきた物語のほんの序章に過ぎない、始まったばかりの項目です。これからの本当の物語の綴り手は、あなた自身です。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語