ウラジーミル・レーニン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
ヨシフ・スターリン同志があなたを見ている!
ソビエト社会主義共和国連邦閣僚評議会付属国家保安委員会認可

本項の文章と内容は、完全に正しい事実としてソビエト社会主義共和国連邦閣僚評議会付属国家保安委員会第10課長により認定されており、 全ての無産階級人民と、ソビエト連邦共産党員に見せることが認可されています。

この資料を疑うことは思想犯罪であり、疑った場合は国家反逆罪の対象とされます。国家反逆罪とされた者に対しては、KGBよりポロニウムまたはシベリア鉄道の切符が無料で贈呈されます。

ウラジーミル・イリイチ・レーニン([仮名]うらじーみる・いりいち・れーにん, [訓令式ローマ字]Urajiimiru・iriichi・Reeninn, [ヘボン式ローマ字]Urajīmiru・irīchi・Rēninn, 1870年4月22日-1924年1月21日)とは、現存するミイラの中で最も保存状態のよいミイラである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ウラジーミル・レーニン」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

存命中はロシア革命を指導し、「世界でもっとも過激なハゲ」「冷人」「零仁」「霊人」「冷忍(ウヨク:冷酷残忍、サヨク:冷静忍耐)」と呼ばれた。モンゴル系であるが、チンギスハーンの血を受け継いでることは間違いは無い。後に車椅子生活になった時はプロフェッサーXと呼ばれていた。ちなみに癲癇を起こした政治家はカエサルナポレオン、このレーニンだけである。レーニンを慕う愛弟子岡田真澄の献身的な努力によってレーニン廟に保存されている。

実は、レナさんの大ファンでもあり、彼のペンネーム「レーニン」も「レナ川の人」の意である。ちなみに、本名はウラジーミル・イリイチ・ウリヤノフ([仮名]うらじみーる・いりいち・うりやのふ,[ローマ字]Uraji-miru・iriichi・Uriyanofu)

名言に「共産主義とは電化である!」があるが、これは彼の頭が電球であることからきている。これは彼の経済計画が「イリイチのランプ」(лампочка Ильича)と呼ばれていたことに由来する。後に「鉄の人」スターリンに対抗して「電気の人」という意味のエレーニンElenin惑星に転生する。

[編集] 髪の毛の話

地獄耳の彼は街頭演説中に聴衆が彼の頭を馬鹿にする話をしているのを聞きつけて激怒「うっせーよ、バーカ!!!」。ちなみにその発言者は二度と家に帰り着くことはなかったという…

レーニンは少なくとも17歳(1887年)のときまでは前髪まで髪が伸びていた。しかし無理矢理オールバックにした結果、髪が次第に後退していき、25歳の時には20代とは思えないほどにくぁwせdrfgふじこlp;

カール・マルクスが毛モジャスタイルを創始したのに対し、レーニンはハゲスタイルを創始したことから「ハゲの父」とも言われる。尚、つるふさの法則は生やすことに階級を極めたマルクスの遺伝子が禿げることに階級を極めたレーニンに受け継がれたことを示している。つまり、グルとお坊さんの関係に相当する。

現在でも少なくともロシア国内においては彼の頭の話をすると保安部がどこからともなく現れて尋問されて、シベリアの大地に一等地を用意される。

[編集] レーニン廟

レーニン(右)と、愛人だった頃のスターリン(左)

モスクワのレーニン廟は、社会主義の守護聖人としてのレーニンを顕彰するために建てられたものであり、そのミイラを永久保存する役割も担っている。

ライカ犬人工衛星に乗せ、宇宙に飛ばして置き去りにしたソ連の科学技術の粋を集めたその死体保存技術は、鈴木その子佐伯チズの美容術にも引けをとらない高度な技術であり、丹念に肌を見ると毛穴に脂が詰まり、産毛がふさふさしているところまで観察できる。

しかし、ここでも3秒ルールが徹底しており、このミイラを3秒以上眺めるとどこからともなくKGB関係者がやってきて シベリアの妖精たちが住む場所に連れ去られてしまうと言い伝えられている。そのため見るともなしに目を伏せて、「同志よ!」と涙を浮かべつつ敬礼するのがよいマナーとされている。間違っても満面の笑みを浮かべて「レーニンニン」とか叫んではならない。また、「何人いるんだい?」という質問を口にしたものは、廟内に24時間待機している狙撃手に眉間を打ち抜かれる。

[編集] 唯物論に魂はない

共産党大会で小島よしおの反革命性を糾弾するレーニン。彼は生涯、笑いに厳しい態度を崩さなかった。
Images9.jpg

ソ連では社会主義の祖マルクス以来、科学的真理に基づく絶対的な唯物論の立場から、霊魂の不滅などを信じるのは、頭の弱いキリスト教徒や観念論哲学者、それと低能なロシアの農奴らと決まっている。「死んだら人間は終わり」であり、「遺体はたんぱく質でできた肉塊」であり、「魂なんかどこにもない」ことを諭すための教育機関としてレーニン廟は活用されている。

小学生を引率した教員がここで「みんな、死んだら遺体はただのゴミなの、でもねレーニン同志は別なのよ」と指導する現場に出くわすことがよくある。そこで数名の純粋で勇敢な子供達身の程知らずな餓鬼どもが「ただのゴミか綺麗なゴミかの違いだけじゃん!」と指摘してしまい、レーニン廟を警備している偉大な同志達にその場で連れ去られて永遠に行方不明になってしまう光景もよく見られる。また最近ではレーニンのミイラを解剖して、「人体の不思議展」と題し、筋肉や内臓までを唯物論的に展示しようとの声もあったがさすがにこれには反対の声が強く実現することはなかった。

またレーニンは純然たる唯物論者かつナルシストであったがゆえ、自分が死んだ後、自分のナルキッソスの如く美しい遺体が徐々にバクテリア蛆虫に食い荒らされて醜悪な肉塊と化してゆくことが恐ろしくてたまらず、度々神にすがりついて救いを求めていたという・・・あれ?

[編集] 世界一保存のいいミイラ

中国の毛沢東廟もダースベイダーさながらに管理されているレーニン廟に匹敵すると言われているが、文化大革命の余波で科学技術が衰えた中国政府に高度な死体処理ができようはずもなく、そのうえ中華料理で脂ぎった毛沢東の死体の処理は困難をきわめた、と伝えられている。

1976年末にソ連政府は「毛沢東のミイラはチャーシューの出来損ない」との見解を公にした。対して中国政府は「レーニンのミイラは東京タワーの蝋人形」と応酬した。このミイラをめぐる感情のこじれが、中ソ論争を長引かせるとなったのである。また仏教の信仰が篤いタイ王国でも死体博物館があるようだが、保存処理も教育的効果もレーニンのミイラにはほとんど及ばない。ただソ連のレーニン廟と提携して、「タイとソ連の死体処理共同研究」が行われたことがある。

[編集] 迷信

レーニン廟の前で愛を誓うと、一生添い遂げられるとか、子宝に恵まれるといった迷信が、若い世代を中心に流行っていることに、レーニン廟関係者は頭を痛めている。日本のスピリチュアル・カウンセラーが「レーニンの霊を見た」との発言に対しても当局は告訴も辞さない態度で臨んでいる。

また一部では資本主義審判の日にレーニンがゾンビとして復活すると信じられている。加えて、春先になるとに、レーニン廟に来て「レーニンのミイラは、ハナ肇が息を止めて我慢して入ってる」と叫んでいるおかしな人間がいるが、そういう発言は国家的犯罪なのでやめてほしい、と関係者は語っている。

[編集] 唱歌

次の唱歌は、同志レーニンを称えるものとして、日本のNHKの子供番組の主題歌として放送されたものである。

ロシアの国がありまして
革命仲間がいるんです
レーニン!スターリントロツキー
ときどき粛清して,ぷん!

[編集] 関連項目

Quqpacmanlogo3.png
後世の物好きのためにウラジーミル・レーニンが放った発言は、有志たちによって「Unquotable/政治家」へ収録されています。

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語