ウルトラマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
ウルトラマンのプロレスを観戦する客は皆このようなカッコをするのが通例である

ウルトラマン総合格闘技選手。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ウルトラマン」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 来歴

1966年レスラーとしてデビュー。ウルトラマンの出てこない怪獣プロレス祭り&X-ファイルの先駆け&和製ミステリーゾーンウルトラQ』に続く久々の大型新人として一躍有名になる。年末恒例の総合格闘技イベント「ウルトラマン・巨大化祭り」の主催でもあり、リング上ではレスラー系最強として名をはせる。そのため、数々の敵役レスラーを倒した様として崇められ、日本各地の寺に彼らの銅像が建てられている(ただし、これらの銅像は制作者が独自にアレンジを加えたものが多く、原型に近いものはほとんどない)。このうち、特に東大寺に建てられたものが国内最大である。

自称2万歳。兄弟がたくさんおり彼らもそれぞれレスラーとして活躍中である。(フィクション作品のウルトラシリーズでは、さすがにこれだけ兄弟が多いと子供向けにできないなどの理由で、兄弟でないと設定されることが多い。)

東宝、バンダイ、出光、マルサン商店(倒産)、ブルマァク(これも倒産)等が主なスポンサーで、彼らを模した玩具が幅広い層向けに売れている。

毎年夏休みに池袋のサンシャインで行われてるお祭りでも、試合が行われている。

また、巨大化した状態で街中を転がっていくのが趣味であるらしく、たびたび転がっては街を壊滅状態にしているが、時折現れる怪獣を撃退してくれているのも事実なため、政府は対応に困っている。

[編集] 概要

時折悪役レスラーは本音を漏らす時もある(画像は3代目レスラー・ジャックの試合)。
ギブアップする悪役レスラーの図。当たり前だが、毎度毎度挑戦者を殺しているわけではない。

最強レスラーの名の通りその力量はかなりのものだが、無呼吸で戦うという変なこだわりを持っているため1ラウンドに相当する3分間しか戦えない(ウルトラセブンやウルトラマンガイア&アグルなどは無制限)。たまに息継ぎして3分以上戦う事がある。得意なプレイスタイルはパンチと投げ。ただし3分しか戦えないため、2分10秒からは凶器を使用、光線照射装置や刃物を使うのが得意。空も飛ぶけどワイヤーアクション(と思ったら本当に飛んでいるらしい)。お気に入りの凶器は光線照射装置(ただし科学者の研究の結果素手で発射されている事が明らかにされたと思われていたが手術で腕に埋め込んであるという事が新たに分かった)。

「ウルトラマン・巨大化祭り」では数多くのレスラーや怪獣と激闘を繰り広げた。なお、ウルトラマンが戦った怪獣の多くは絶滅危惧種ないし未確認動物であるとおもわれ、生物多様性の保護の観点から疑義が出されている。マスクマンスタイルをとってタイマンを挑んできたゴジラのマスクを無理やり剥ぎ取り、返り討ちにするなど(ゴジラは再戦を望んでいるが2012年現在再戦は実現していない)、向うところ敵無しであったが、謎の招待選手としてノーマークだったダークホースゼットンに負けそうになる。このときは観客が投げ込んだペンがゼットンに当たったことで事なきを得た。なお、ウルトラマンの兄であるゾフィーが乱入しようとしたが、警備員に止められ、やっと乱入できた時には既に騒動は終わっていた。この後二人で寂しく家に帰ったそうだ。

時折他の兄弟たちの試合に乱入するも、その際の戦績は全く振るわず、対戦相手にSMプレイをさせられたり、タール漬けになるなどいいとこなしである。

試合中にラジコン飛行機が飛び回っている事があるが、あれは地球防衛軍という団体が客席の最前列で操作しているもので、ロケット花火やレーザーポインターを発射してウルトラマンの対戦相手を攻撃する。が、何故か反則にはならない。せいぜい販促になるだけである。中には3つに分離したりするものもあるが、それはファンが防衛軍のラジコンを模倣して作ったものである。防衛軍のモノも以前は「カルテット作戦」などというオーケストラ的な名前の演技で観客を楽しませていたが、乱闘中で興奮状態のレスラーことごとく壊される上、レスラーはそのままルームに戻ってしまうため、破片の回収が面倒になったからである。

3分間しか戦えないのでカップヌードルカップ麺)の宣伝に駆り出されても自分は食べることは出来なかった。 セブンイレブンの新作中華まんでは断じてない(と思う)。

[編集] ニセモノ騒動

デビュー数ヵ月後に、ウルトラマンが町で市民に暴行(性的な意味でない)を加える事件が発生。これによりウルトラマンは逮捕され取調べを受けたが、拘留中に同様の事件が起こったため、犯人は偽者と判明。釈放されたウルトラマンはすぐさま偽物が暴れている現場に向かい、怒涛のラッシュで見事に勝利した。その後も何度かウルトラ系レスラーの偽物が現れたが、全員本物に返り討ちにされている。最近はウルトラマンに対する社会的信用が高まったため、偽物が暴れてもすぐにバレてしまう事が多い。偽者は黒かったり、いかにも凶悪な顔つきだったり、ロボットだったりするので見分けがつきやすくバレると思われる。中にはティガ・ダイナ・コスモス・ネクサス・ゼロ・ギンガの例など本物と遜色ない偽者もいるので要注意。

ただし、ニセモノとされ葬られたウルトラ系レスラーの幾人かはホンモノであったのではないかとされている。「ウルトラマンは強い存在であってほしい」そんな思いからか、だれも敗者をニセモノと信じて疑っていない。

[編集] パワハラ

ウルトラマンレオが「ピンチになってもとことん粘る。そうすれば、必ず光明が見えてくるはずだ」と述べているように、ウルトラ系レスラーは、大和魂が跋扈する選手団であり、先輩から後輩への日常的な暴行やパワーハラスメントが行われている。これらの件に関し、セブン上司は「パワハラではない。指導だ」、セブンも「頼りないから鍛えなおしてやろうと思っただけだ」、レオも「頼りない・危なっかしい新人に社会人としてのマナーを教えただけだ」と、それぞれ指導・鍛錬の一環に過ぎないとの見解を示している。

パワハラは、幼児虐待同様に、上司から部下への伝播する事が指摘されているが、ウルトラ系レスラーにおいても、セブン上司→セブン→レオと暴行の連鎖が起っていた事が、関係者の証言で明らかになっている。さらに、近年に入り、レオのメビウスとゼロへの暴行があった事が発覚し、パワハラの連鎖への懸念が広まっている。

[編集] 超秘密

初代ウルトラマンは、実は、M78星雲から追っかけをやってて地球の飛行機に激突し、地球防衛軍のハヤタ隊員が亡くなってしまった。その人を外したら地球の歴史が変ってしまう為に、どうしても生きて活動していなくてはならないからと、ウルトラマンは成りすましを遣る事にした。

その後、ウルトラマンを追ってウルトラマンサイズ級の怪獣が日本に出現する様になり、その怪獣たちとの戦闘の度にビルに倒れ込んで破壊し、車を踏みつぶし、街路樹をなぎ倒し、余りの破壊振りに見ていた子供達に「建物や車が偽物で、人が入ってないからよかった」「せっかく製作スタッフの人達が時間かけて作ったセットなのに、一瞬で壊してしまった」等と心配させ、番組へのクレームにより合成映像特撮へと移行した。

三分しか戦えないが、ウルトラマンタイマーで計ってカップラーメン(当時は総て3分で出来た)を作ると、カップ内が麺と具だけになってしまい汁が消えてしまう現象は、周知の事実である。

ウルトラマンの日本での活躍を知った家族親戚達は、次から次へと日本に密入国で移民して来てしまい、日本人にはとあるミンジョクを思い起こさせた。

また、自称ズンバ・トラウリとして知られて来た民族も、ウルトラ兄弟の会員であるとも言われ、コケツで得た虎の毛皮を売っていた人達(日本では江戸時代に大阪城の御堀の傍で虎皮を売る姿が当時の絵師によって捕獲されている)ともつながりが有るとも言われている。

自称ウルトラマンの偽装日本人によると、ウルトラマンは光復国のフォスフオロスであり、仮面ライダーに出演している「ギルド、ギルド」と訳の解らない奇声をあげながら黒レオタードを着て活躍する黒子(くろこorほくろ、太陽の黒点、八咫烏)のシネシネ団の一員であり、大東亜戦争中にはシネシネソング多発の社会現象を扇動して活躍したとの事である。 (これらの超秘密情報は地球規模の陰謀の事実に基づくものであり、人類の歴史の重要な情報キーとして、決して削除してはならない。)

[編集] 超古代のレスラー達

ウルトラ信仰都市バラージにはウルトラマンそっくりの「ノアの神」がいて強敵レスラー、アントラーを追い払らったという。光線照射装置の効かないアントラーを倒せる青い石を持っている。後にマックスそっくりの神も登場。80そっくりの「光の巨人」も山ごもりのタブラを追い払らっている。だが、いずれも戦勝歴が無いので実力が怪しい。アメリカではなんとテレスドンを操る敵の地底人(太陽の民を自称)に崇められるパワードそっくりの「エルドラの神」がいる。

さらに「ティガの世界」では秘密裏にウルトラマンのバトル・ロワイアルが行われ、リング・ルルイエでAやアグル、グレート、パワードなどとそっくりの敗者が見られティガダーク、カミーラ、ダーラム、ヒュドラが勝者となった。ゴルザ・メルバに大敗した地味な二人の戦士もいるが空気。

[編集] 反則販促チーム 科学特捜隊並びにその他の地球防衛軍

最初の防衛隊、 科学特捜隊はすぺしゃる・さいえんす・さーち・ぱーてぃという別名を持ち、ジェット・ビートルなどのラジコン飛行機でウルトラマンの対戦相手に反則行為を行なった。バンダイ(旧ポピー・ポピニカ)などの玩具会社の回し者。後に装備がカッコ良くイメチェンし、3作目のMAT(もんすたー・あったく・ちーむ)以降はだいたい英語名である。基地も派手に凝っているが何故か対戦相手の怪獣に目を付けられるのがあまり無い。が狙われると悲惨な最期を見せたり大変なことになる。

[編集] 歴代ウルトラマン一覧

UltramanList 01.jpg

デビュー時期によって昭和組と外国組、平成組に分けられる。

昭和組

  • ご存知初代 ウルトラマン(基本型。2011年10月現在、本名不明歴約45年。多分本名は一生無しだろう。一部でアニメ監督の庵野秀明そっくりだと言われているが、この説は他の目撃証言と一致しない。非戦闘時には携帯電話CMでしゃべる犬と一緒に郵便を配っている)
  • 燃える頭頂 ゾフィー(ヘタレなのか最強なのかハッキリしない兄貴・隊長)
  • 切れる頭頂 ウルトラセブン(鉄人28号のパクリ。ロックマンの敵のカットマンの先生。ウルトラマンセブンではない。弱かったり強かったりするペット・ポケモン(カプセル怪獣)持ち。単独興行が多く優遇されすぎで兄弟に嫌われる。それに合わして人間体を変える)
  • 腕輪使い ウルトラマンジャック(初代様に似ているが、子供が見て笑えるような変な顔をしていて、弱そうに見えるが、自分専用武器の短腕輪はあらゆる凶器に変形&復活も可能。デビューから10年以上本名不明だった)
  • ギロチン王子 ウルトラマンエース(相手を切り刻むファイトスタイル。莫大な数の凶器(ギロチン)を仕込んでいる。ふたなり属性だが途中で喪失)
  • 兄弟本願 ウルトラマンタロウ(上記5人を吸収し光線照射装置をパワーUPできる。自爆攻撃も使える。一番兄弟が甘い扱い。セブン似の角付き。父ケンと母マリーの実子)
  • 格闘の専門家 ウルトラマンレオ(光線照射装置を好まずキックとヌンチャクと拳法で戦う。後半は基地を失い孤独な活動をしていた)
第2の獅子 アストラ(レオの弟。弱そうに見えてなかなかの実力。こいつがいる時には光線照射装置を使う)
観音王女 ユリアン(ジャックと同じく子供が笑える変な顔でキモい。リング上で80と合体作業した)

外国組

  • 乱暴野郎 ウルトラマンスコット(アメリカの二次元版ウルトラセブン。こちらは念力よりも肉弾戦を好む。)
  • 冷静な司令塔 ウルトラマンチャック(アメリカの二次元版ウルトラマン。途轍もない冷静さが原因でベリアルショットの餌食になる。)
  • モデル志望ウルトラウーマンベス(アメリカの二次元版ウルトラの母。その容姿端麗さに惚れた青い目のウルトラマンに誤射されてしまう。)
  • 気絶豪州番長 ウルトラマングレート(殴られただけで気絶したりする。オーストラリアの新作組。トドメを刺す時の技はいつもその時の気分で変わる)
  • 青い目の巨人 ウルトラマンパワード(どんな時でもまずは押す。アメリカのリメイク組。カラータイマーが大抵安物)

平成組

コスプレ戦士 ウルトラセブン21(ウルトラセブンにそっくりだが、ブロックみたいな四角い顔をしている。ネオスの巻き添えを食らった。ころころ人間体が変わる)
  • 潔癖給油員 ウルトラマンゼアス(トマトみたいに真っ赤な体が自分のお気に入りだが、実は意外と努力家。ニセ物はノリダーに似ているとか…)
  • 3色ボールペン ウルトラマンティガ(試合中に体質(もとい中の人)を変える超古代人。ここからウルトラマンの変色が開始。ウルトラマンの中で唯一ジャニーズ事務所所属のウルトラマン。大人の事情で人間体も変更可能。元は悪・闇の戦士)
  • クイズ嫌い ウルトラマンダイナ(ティガと同じく3色使い分け可能。人気者で出演者は羞恥心に出る。頭が悪い。宇宙大好き)
  • 薬物使い進化する男 ウルトラマンガイア(ドーピング進化で体格を異常変質させる。パソコンオタク戦士)
勘違いツンデレ海坊主 ウルトラマンアグル(事務所に裏切られて一時期引退を囁かれた。珍しい中盤までの敵役。人間体は仮面戦士としても有名)
  • 元お笑い芸人 ウルトラマンナイス(とにかく笑いだけを最優先に戦う。無敗だが相手が弱すぎる。出番も異様に短い)
  • 巨根太陽 ウルトラマンコスモス(一見優しそうだが気に入らない奴は容赦なくフルボッコ。ロボット嫌い。セクハラで出演がヤバかったことも)
ガチガチ公務員 ウルトラマンジャスティス(現職警官。融通がきかない。テレビ化できず、後にその怨念=マックスが登場。実は女)
伝説の二人羽織 ウルトラマンレジェンド(コスモスとジャスティスが合体した凶悪生命体。出番は一度きりの短さ)
  • 寄生生命体 ウルトラマンノア(ウルトラマンネクサス/ウルトラマンザ・ネクスト)(デ●モンよろしく、不完全体~完全体まで様々。形態を変える度に名前が変わり3つの通り名を持つ。実は別世界の生命体だったりもする。ネクサスは基本、怪獣を異空間に閉じ込める。人間体変更を前提としており最初は主役でありながら基地の隊員ではなかった)
  • 最強最速・宇宙正義の生霊 ウルトラマンマックス(ペットの鳥(ホントは他人の所有物)を武器にする。ネオス以来のウルトラ兄弟・家族と無関係のM78星雲・光の国出身)
悲劇の配達員 ウルトラマンゼノン(↑の鳥の元飼い主。出番がとにかく少なく弱いと噂が立つ)
  • 最弱永遠の新人 ウルトラマンメビウス(弱さ新人だということをアピールする独特のスタイル。ネオス以来のウルトラ兄弟・家族と関係あるM78星雲・光の国出身)
鎧研究員 ウルトラマンヒカリ(ハンターナイト・ツルギ)(メタナイト卿みたいにカッコいい。試合中に鎧を着込んで防御力を強化する。本名はださいと専らの噂。)
  • 生意気息子 ウルトラマンゼロ(セブンの子供・隠し子、ガンダムマイスター。ウルトラ戦士一おしゃべり小僧。鎧のような装甲服で修行に熱中。中二病な仲間がいる。宇宙の基地があり地球での基地にはめったに降りない。変色や強化もするが敵に乗っ取られた事もある)
伝説の青色冠王者 ウルトラマンサーガ(ゼロ、ダイナ、コスモスが合体した凶悪生命体。変身アイテムもとい武器のようなものがある。レジェンドと違い全身発光している。こっちも出番は一度きり)
  • 高校生人形コレクター ウルトラマンギンガ(総集編ついでのメビウス以来のテレビ芸人。最初は基地も持っていない。基本廃校小学校と町一つしか守っていない。怪獣や他のウルトラマンにもなれるチート仕様。そのチートさはザキさんを倒すレベルだったが、タロウと合体してギンガストリウムになってからは通常形態はかませになってしまった。仲間も敵も変身できる。歴代一若いがブサメンとも。後に基地を持ち隊員入りする)
怪獣部品装着地底人 ウルトラマンビクトリー(ギンガついでに出てきた炎の巨人によく似た地底人。喧嘩早く血の気が多い星座怪人出身)主食はウエハースらしい。最初は地底から一銭も持たせずに地上に送り出したため空腹で死にかけていた。なんか怪獣の特徴を腕に装備して戦うらしい。

他にもサポート専門だったり、二次元で活動していたりするウルトラマンが数名いる。

[編集] 悪役レスラー大会

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「大怪獣バトル ULTRA MONSTERS」の項目を執筆しています。

レイブラッド星人が開催した「打倒ウルトラ一族」をスローガンに悪役レスラー同士が戦う闇のゲーム。ルールは3VS3で行われる(悪役レスラーによっては1体や2体で行ってもよい)。

ルール
主力となるレスラーが先に倒れると負け。
主力となるレスラーの他二人は相手の主力となるレスラーを妨害する、応援レスラーである。
応援レスラー同士の攻撃はできない。
ある条件を満たすとウルトラ戦士が試合中に現れて相手レスラーに必殺技を放つ。

ちゃっちいガキから好評である。 最近ルールの変更が行われた。

変更後のルール
レイオニクスと呼ばれるリーダー(宇宙人限定)を決める。
主力となるレスラーは廃止され3体で交代する。
ダメージはすべてレイオニクスも受ける。(相手チームにレイオニクスがいない場合はこのルールは無し)
先に相手のレイオニクスを殺したほうの勝ち。(相手チームにレイオニクスがいない場合はレスラー一人殺す)
しばらく時間がたつとウルトラ戦士が試合中に現れて相手レスラーに一緒に攻撃してくれる。
たまに爆薬の入った箱やアントラーが掘ったアリ地獄がある。それを使った攻撃をしてもOK。

最近、なにを勘違いしたか正義のため戦う馬鹿があらわれた。しかもかなり強く、彼の使うレスラーはもはや悪役ではなくウルトラ一族という人もいる。また、ウルトラ一族を裏切ってまで参加する人もあらわれた。裏切ってまで参加する人だけあってレイブラッドからも期待されており、特別に100体のレスラーを呼び出す権利を与えられた。 が、子供の人気がガンバライドダイスオーに向き、あえなく終了となった。

[編集] 子供の頃の変身練習道具

[編集] 関連項目


ゾフィー燃え.jpg 私の名はゾフィー。この項目「ウルトラマン」はウルトラシリーズに関連した書きかけ項目だ。
今、この項目は怪獣凶悪宇宙人に狙われている。
勇敢な地球人のキミ。今、キミの力がこの記事には必要だ。
さあ、今すぐ我々に力を貸してくれ! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語