エア・ギター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
エアギターから転送)
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「エア・ギター」の項目を執筆しています。
エアギターの各パーツの名称

エアギターとは、全世界でもっとも愛好者の多いギターである。長らく材料は空気であると考えられていたが、最近の研究で空気が存在しないことが発覚したため、今のところ材質は謎である(エーテルではないかとの意見もある)。

図からもわかるとおり、エアギターはその他の、木や鉄やあれでできたギターと同様のパーツで構成されている。

目次

[編集] 歴史

エアギターが登場したのは1600年頃のスペインであった。この頃のスペインでは、国王がヘビメタに大変傾倒しており、夜な夜なジミヘンのCDを聴きながらヘッドバンキングを繰り返し、ついには首を痛めてしまうほどの凝りようだったという。そんなある日、国王のもとへギター職人と称する二人組がやってくる。彼らはなんと、誰でも演奏できるギターを開発することができるというのである。喜んだ国王は狂喜して彼らにギターを発注する。もうおわかりかと思うが――「やっとできました!」と数日後、彼らが持ってきたものこそがエアギターだったのである!喜んだ国王は早速国民の前でライヴを行い、たいへん好評だったという。なお余談ではあるが、このライヴのあまりの激しさに発狂し、「王様は何も持ってないよ!はだかの王様だ!」と発言した子供が死刑になるという、痛ましい事件も発生している。アンデルセン兄弟は、後にこの事件をもとにした小説で直木賞を受賞している。

[編集] 演奏

上記、最高にクールでファッキンなスペインの国王でもすぐさま弾きこなすことができたというエピソードからもわかるとおり、手にとりさえすれば誰でも、すぐさま演奏できるのがエアギターの利点である。エアギターはとでも柔軟な材質でできているので、どのように構えても問題ないが、利き手の反対側の手でネックを持って弦を押さえ、利き手の手で弦を弾く者が多い。この際エアピックも併用するとさらにスムーズな演奏が可能となるだろう。エアギターの演奏にあたって、中国格闘家であるブルース・リーの発言が有名である。いわく、「Don't Think. Feel!(考えるな、感じろ!)」

エアギターは、頭の固い人間(たとえばウィキペディアン)には弾きこなすことができないことも明らかになっている。もちろん、ユーモアをこよなく愛するアンサイクロペディアンの諸君であれば、今すぐにでも弾きこなすことができるだろう。

良い演奏を!

フェンダー・エアギター

[編集] 入手

エアギターは最もポピュラーな弦楽器であるが、なぜか通常の楽器店では販売されていない。もちろんマクドナルドでも販売されていない。

実のところ、エアギターは演奏が容易な楽器であるいっぽうで、製作も容易な楽器としても知られている。材料はあなたの周りにある空気でない何かである(お察しください)。製作するにあたり、主に必要とされる技術は妄想である。

1. エアギターが欲しい!と強く願い、構える。
2. いつの間にかエアギターはあなたの手の中にある。

エアギターの製作に難航した場合、おくすりを使うと成功する場合がある。そのとき、あなたの目の前にジミヘンが現れて一緒にヘッドバンキングしてくれたり、ジミー・ペイジが現れて下手くそなギターを聞かせてくれるかもしれない。

[編集] バリエーション

人によってはエアベースやエアマンドリン、エアウクレレ、エアリュート、エア三味線などを演奏する場合もある。エアドラム、あるいはエアキーボードとのセッションが行われている場合もあるが、エアドラムの演奏者はカラオケでウザがられることが多いこともあってか、減少傾向にあるようだ。

また、演奏者により楽器そのものの大きさも様々である。例えばhydeの身長は156cmであるが、hydeのエアギターは156cmより短い。

[編集] 関連項目

TOKMA氏による模範演技

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語