エクストリーム・アイスクリーム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

エクストリーム・アイスクリームは、エクストリーム・スポーツの一種で、どれだけ寒いところでどれだけ薄着でアイスクリームを完食することができるかを競う競技。冬場になると日本をはじめとする世界中で行われ、その競技人口はサッカーに次いで世界第2位とかそうじゃないとか。

概要[編集]

この競技は前述のとおり、『どれだけ寒いところで』『どれだけ薄着で』アイスクリームを完食することができるかを競うものである。 近年では、アイスクリームを食べたスピードを競う<quick-クイック>、食べた量を競う<lot-ロット->、食べる時のパフォーマンスによる芸術点を競う<art-アート->の3種に細分化されつつある。

歴史[編集]

発祥について[編集]

15世紀にイタリアでアイスクリームが発明されると、イタリア北部の人たちを中心に広まり、17世紀のはじめには競技としての地位を確立した。 南部の人間はサッカーが強い上に気候も暖かいので見向きもしなかったが、北部はサッカーも強くないし、自動車工場くらいしかないので、誰もがこの競技に夢中になった。 18世紀の終わりにはヨーロッパ全体に浸透し、特に産業革命後のイギリスにおいては爆発的に競技人口が増えた。


日本でこの競技が行われるようになったのは1981年、ロッテが発売した雪見だいふく、同じく1981年、赤木乳業が発売したガリガリ君の影響による部分が大きい。それまで日本では「このクソ寒いってのに何でアイスなんか食わなきゃなんねーんだよコンチクショー」という思想が強かったのだが、雪見だいふくの出現により、「おこたでアイスウマー」という思想を持つものが増えはじめていた。 その思想を「軟弱だ!実にけしからん!!」と考えた人々が真冬にふんどし一丁でガリガリ君を食べ、雪見だいふく派を弾圧した行為が後にエクストリーム・アイスクリームにつながったと考えられている。

名勝負[編集]

原則として、寒ければ寒いほど得点が高くなるため、高緯度に位置する北欧諸国が必然的に強豪国となってしまう。この事に不満を感じたイギリス代表のスコットがノルウェー代表のアムンゼンに直接対決を申し入れ、アムンゼンはこれを受け入れた。究極の勝負を望んだ二人の希望により南極点にて試合が行われたが、英国紳士として勝負に臨んだスコットが上品にスプーンを使いガチガチに堅くなったアイスクリームを食べようとしとところ全くアイスがすくえず、挙句の果てにスプーンに唇が張り付いてしまい一口も食べられずにこの勝負はアムンゼンの圧勝で終わった。真っ赤な唇で帰国したスコットはエクストリーム・アイスクリーム界の柳沢敦として扱われる事を恐れ、勝負の1週間後に行方をくらました。後のHydeである。

ルール及び種目ごとの採点方法[編集]

基本項目[編集]

  1. 開催時期は冬場(日本であれば11月から2月まで)で外気温が氷点下の日に限られる。この時期の記録のみが公式記録として採用される。
  2. アイスクリームは一般的に売られているものであればいずれのものも使用してよい。ラクトアイスや氷菓子でもOKとされている。
  3. 競技は夜間の屋外で行うものとする。
  4. 防寒着、暖房器具、カイロなどの使用及び着用は固く禁ずる。
  5. 競技中は競技に使用するアイスクリーム以外のものを口にしてはいけない。
  6. 競技に使うアイスクリームをこぼした場合その時点で失格となる。

種目[編集]

quick-クイック-[編集]

一定の量のアイスクリームをどれだけ早く食べ切るかのスピードを競う勝負。とにかく早く食べきった方が、得点も高くなるし、精神衛生上もよい。筋骨隆々の男たちが極寒の大地で全裸でアイスクリームを貪る光景はもはや荘厳と言っても過言ではない。
採点方法
100点満点からの減点方式で行う
1分経過ごとに10点が減点される。
下着姿で競技を行うと+30点、全裸で競技を行うと+80点のボーナスポイントが加算される。

lot-ロット-[編集]

競技時間内にアイスクリームをどれだけたくさん食べ切るかを競う勝負。競技可能時間が夜間に限られているため日の入りから夜明けまでの長丁場になることが多い。シンプルなルールのため全種目中で最も挑戦者が多いが、数多くの死傷者も出ているという危険な種目である。
採点方法
この種目に採点という概念は存在しない。『誰が最も多くアイスクリームを食べたか』という結果のみが評価される。

art-アート-[編集]

いかに美しく、かつネガティブな単語を発さずに競技を終えたかを問われる。自称アーティスト達の登竜門となっている。
採点方法
審査員が競技者の振る舞いに「アート」を感じた場合に点数が加算される。基準については審査員により異なるため明記されていない。
ただし減点については明確に基準が設けられており、特定の発言や行動は即減点の対象となる。
以下、減点される発言、行動の一部。
『寒い』:-5点×回数、『もう無理』:-10点×回数、『帰りたい』:-20点×回数、木製スプーンが折れる:-20点×本数、歯が欠ける:-50点×本数、頭を押さえる:-80×回数

特殊ポイントについて[編集]

審査員によって、好みの条件がそろった場合に特殊ボーナスポイントが加算される場合がある。これは審査員及びひよこ殿下がその時の気分で採点する。これは審査点であるため、基準は設けられていない。
気候・条件
一般的に最低気温に近ければ近いほど良く(午前3時から6時の間に観測されることが多い)、は強ければ強いほど良い。が降っている中で競技を続けることで大幅な加点が望めるが、それは屋根などのないところで競技を続けた場合に限られる。雨風をしのげる場所でぬくぬくと競技を続けた場合、体育会系の審査員から減点を食らうことが良くある。
テクニック
それっぽいテクニックを行うことでもらえる。なお、競技者が童貞の場合は無条件で30点が加点される。
三倍アイスクリームを使用すると、特殊ポイントが3倍になる。しかし、DHMO砂糖などの危険物質も3倍なので、難度も3倍であることに注意。

注意事項[編集]

毎年、熱狂的な競技者が重度の胃腸障害を抱えることや、さすがに寒すぎて死に至る事例が報告されている。

有名な例では、この競技の熱狂的な愛好家であるアベ・ハート氏は、プレーのし過ぎによって胃腸障害を抱え、永田さんちから出て行く羽目になってしまった。

アムンゼンやスコットなど往年の名プレーヤーであっても、慢性的な病症や後遺症を抱えていたと言う説があるため、初心者は特に注意が必要である。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Syazaai.jpg この項目「エクストリーム・アイスクリーム」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)