エクストリーム・九死に一生

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

エクストリーム・九死に一生 (-きゅうしにいっしょう)とは、命に関わる緊急事態を回避する過程を競うエクストリームスポーツである。

概要[編集]

当スポーツは、『危機回避の際に行った行為の技術性及び芸術性をポイントに変換し、それらを危機発生の原因等から換算された基礎点を加えた総合ポイントの高さを競う』スポーツである。

なお、当スポーツのポリシーは『安全向上』である為、エクストリームスポーツの中では屈指の安全性に拘る事で知られ、他のエクストリームスポーツの安全担当スタッフとして参加する関係者も少なくない。

但し、このポリシーで行われている割と生産的なエクストリームスポーツと言われているが、一部の国家ではぞんざいな扱いを受ける例が少なくない。その為、『ふざけた国家が存在する事が、世界安全の足枷となっている。』と考えている当スポーツ関係者も少なくない。

ルール[編集]

  • 基本的ルールは以下の通り
死んだら負け
選手自身が危機に瀕する個人部門では即失格。法人部門でも、選手以外のNice boat.発生は良くて大幅減点、最悪即失格となるので注意が必要である。なお、法人部門でも選手が死んだら即失格である。
過失による危機
基本的に大幅減点か失格となる。但し、判定には当時の状況が加味されるので、今なら減点対象となるが減点と成らなかった例も少なくない。なお、減点等の基準は『選手自身の過失』の為、選手以外の過失の場合はコレに当たらない。
危機回避の準備
対象選手専用の危機回避が試合前から用意されていた場合は、判明時点で即失格となる。当スポーツの選手に奇術師等が居ないのは、このルールが足枷となっているからである。
サポート要員の扱い
選手及び同等のポジションと認められた人物以外の関与は、原則的に減点及び失格対象となる。このルールがある為、後述の個人部門での技術点確保が難しくなっている。但し、救助を成功させるとサポート要因にセーブポイントが与えられ、戦果次第では特別賞が貰えるのでコレを狙う御仁も少なくない。

部門[編集]

  • 当スポーツは、個人部門法人部門の二つの部門がある。
個人部門
選手自身が、自分自身を襲う危機を回避する部門。独力では技術点確保が容易でない為、基本的に芸術性が争われるのが常となっている。なお、法人部門と違い本業のレパートリーが多いのも当部門の特色とされているが、主力選手はレーサー(二輪・四輪等)に偏っているのは事実である。
法人部門
複数の選手が一致団結し、彼らを襲う危機を回避する部門。個人部門と違い技術点確保が容易な為、技術性が優先されて評価される事が多い部門となっている。なお、当部門の参加者は旅客機パイロットを含む搭乗員が主力とされ、他の職種が本業の選手が少ないのも当部門の特色とされている。
なお、その年最も好ポイントを稼いだ個人及び法人はMVPとして表彰される。

得点[編集]

  • 当スポーツは、基礎点・技術点・芸術点の高さを競うのが原則とされている。
基礎点
危機に陥った原因そのものをポイントとして評価。基本的に、自己責任が少ない方がポイントが高くなり易い。但し、危機のレベルの影響も何気に大きい為、『自己責任がそれなりにあるのに、基礎点が意外と高い』事も多く、油断がならない部分である。
技術点
危機を回避する方法をポイントとして評価。基本的に、選手及び公式サポート要員以外の協力は減点対象となる為、個人部門での技術点確保は難しいとされている。
芸術点
危機回避の美しさをポイントとして評価。全米が泣いたりすると高ポイントが確保出来る為、技術点確保が難しい個人部門では重要視されている。

著名な選手[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アメリカン航空96便貨物ドア破損事故」の項目を執筆しています。
ブライス・マコーミック(1972年MVP(法人部門))


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヴェスナ・ヴロヴィッチ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JATユーゴスラビア航空機爆破事件」の項目を執筆しています。
ヴェスナ・ヴロヴィッチ(1974年MVP(個人部門))
高度10,000メートルからのノーロープバンジーから生還したことで受賞した偉人。
その快挙から、『当時の祖国の独裁者の暴言を言ってもNice boat.されない』と言う褒章が与えられた事でも知られている。
なお、当事故は1972年に発生したものであるが、公式記録が提出されたのが1974年という事からこの年の記録扱いとなっている。
エリック・ムーディ(1982年MVP(法人部門))


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ギムリー・グライダー」の項目を執筆しています。
ボブ・ピアソン(1983年MVP(法人部門))
巡航中にガス欠して、ただの効率の悪いグライダーと化した飛行機を元空軍基地に着陸させ、生還したことで受賞した。
着陸直前に高度と速度の処理のため某豆腐屋も真っ青なドリフトをかましたことは今でも語り草になっている。
ティム・ランカスター(1990年MVP(個人部門))
不適切に装着されていた操縦席の窓ガラスが吹き飛んで、半身が機外へ吸い出されと言うNice boat.確実な状況から奇跡の生還。
なお、この時に一人で操縦を担ったアラステア・アチソンが法人部門を受賞。更に、彼の窮地を救ったナイジェル・オグデンらが特別賞を受賞と、1つのアクシデントで部門完全制覇という快挙を成し遂げている。

協力放送局[編集]

現在、当スポーツのダイジェスト番組が、下記の放送局で放送されている。なお、定期放送で無いので放送時間には注意が必要である。

脚注[編集]

  1. ^ 但し、当チャンネルで以前放送されていた『テレビ3面記事 ウィークエンダー』の悪影響からか、下記の番組よりも大人の事情による脚色が多い。
  2. ^ 但し、製作元のカナダ以外はナショナルジオグラフィックチャンネルでの放送。


Syazaai.jpg この項目「エクストリーム・九死に一生」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)