エクストリーム・居眠り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

エクストリーム・居眠り (えくすとりーむ・いねむり 英: extreme doze)は、国際的に学生、会社員を中心に親しまれているエクストリーム・スポーツの一種。

日本における同スポーツの普及率は世界的に見ても高いほうであり、隣国韓国とともに「睡眠教育大国」と呼ばれている。その睡眠に対する意欲は学校教育における「睡眠人気」に現れており、一方で、「覚醒」の教科選択者が減少していることにも影響している。

ルール[編集]

居眠りの様子。

競技人数は二人~数十人。チームは「眠るサイド」と「眠らせるサイド」に分かれ、眠るサイドの入眠によって競技開始となる。

一部の例外を除いて、一旦競技が始まったら眠った選手を起こすのは妨害行為として、10点の減点を食らう。 加点の対象は「長い」「深い」「安らか」の三要素を一つでもクリアする睡眠。 日本代表では野比のび太選手が三拍子そろった睡眠でノーベル医学・生理学賞"自らの睡眠における効率的臨床試験法"を受賞したことで有名である。

「眠らせるサイド」は多くの場合、校長先生社長など組織のネックである場合が多く、彼らはその類稀なる催眠力によって常に高得点を得るエキスパートである。

主な技[編集]

ここでは、高得点の対象となる高い睡催眠技術を紹介する。

催眠技術[編集]

話が脱線する
おもに校長や社長による朝礼・朝会がこれにあたる。
これによってうたた寝や立ち寝といったCランクの技を繰り出す選手が続出し、レベルの高い戦いになる。
ただし、一般教諭が授業中の脱線に挑戦するとしばしば聞き過ごせない話題になり選手の睡眠意欲を阻害する惨めな結果となる場合があるので、熟練の技が求められる。
同じ話をする
これは、選手の中でも特に年配の校長によって繰り出される、繰り返しに弱いという人間の特徴を逆用した、高度な催眠テクニックである。
これによって「昏睡」、「仮死」といった高次の睡眠に入った選手は、よほどの心理的干渉がない限り眠り続け、そうして生まれた「三年寝太郎」や「眠り姫」は、世界中で「眠りの神」として崇められ続けている。

睡眠技術[編集]

立ち寝
電車内や朝礼で行われるCランクの中でも最も難度の高いとされている技。
睡眠中は通常、筋肉の活動も休止するためバランスを取れずに倒れやすいが、睡眠を安全にとろうとする「理性」によって抑えることに成功しているのがこの技である。
朝礼中は特に、鼾をかくという「深眠」のサインを途中で遮り、起こすというありがた迷惑な行為がとられることがあり、注意が必要だ。
腕枕
うでまくら、ワンチンとも。専門用語のため浸透は少ないが、つくえに突っ伏したように寝る、れっきとした睡眠法の一である。授業中、会議中に、中間職による高度な「脱線」にすばやく反応した選手だけが習得できるハイセンスな業である。
逆立ち寝
この技は達人の領域であるBランクに位置するが、ベッドから落ちたスタントマンなどが無意識のうちに手を出したほぼ反射的な技としても見られることがある。なお、壁を使った「壁倒立寝」もあるがほとんどは寝相が悪いだけであり、加点対象とするには難儀である。また、習得したての内は起きた瞬間上腕に激しい筋肉痛を覚えることが多く、こうなると減点対象であるため、逆立ち寝を極める意欲を失い、「逆立ちスランプ」と呼ばれる成長停滞期に陥る達人は少なくない。
昏睡
今最も注目されているそれもAランクの技。何らかの原因で神経活動が極端に制限され、「長い」「深い」睡眠を得る。催眠技に頼らない「昏睡」もあるが「安らかさ」で疑問が残り、やはり朝礼などにおける自発的「昏睡」が高得点の秘訣である。
仮死
何らかの原因で心肺機能がほぼ停止し、体温を非常に低く保つAランクの技である。熊などの「冬眠」や乾燥における高得点の「仮死」が成功しており、人間界でも「仮死マスター」の出現が期待されている。
とある部隊の人間は、奥歯に隠した仮死薬を用いて同じことをすることができる。ただし、これは裏技である。
白眼をむく
眠らせる側の攻撃に対するBランクの防御技。他の高難度技を失敗した時にこの状態に移行する事が多い。
まず、居眠り側はイスに座った状態から相手の方を向き、自分は寝ていないぞというアピールを行う。
次のターンで意識を無くしたらそこから居眠りタイム(10秒につき1ポイントづつ加算)に突入。
この際のカモフラージュとして、居眠り側は「眼を開けたまま寝る」という高難度技を試みるが、多くの初心者は失敗して白眼をむいてしまい、相手に気づかれてしまう。
大規模な国際大会になると、陽動作戦として普段から三白眼を装って居眠りの発見を遅らせると言う、Aランクの技を使う猛者も多い。
特に2007年の世界大会では、囮の三白眼状態から眼をあけて眠るという体勢に移行する事で、競技時間の実に98%を寝て過ごすと言う大技が繰り出され、近年まれに見る名勝負となった。
集団睡眠
主に授業中、隣の座席同士、もしくは同じ班全員で睡眠することである。集団であるが故に周りの人間に妨害されないという利点がある。しかし、班全員というのは難易度が高い。だが、班編成の際、徹夜でネトゲをプレイしている生徒やリアルタイムで深夜アニメを視聴している生徒のみで編成し、高得点を稼いでいるところもある。これは裏技であり、技術科や美術科では睡眠をとらない生徒がいるため、諸刃の剣でもある。

関連項目[編集]