エクストリーム・麻雀

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

エクストリーム・麻雀とはごくフツーの麻雀である。そう、最終的には。

ルール[編集]

各自14枚の白牌を配られる。ここに文字を掘り込まなくてはならない。また白をそのまま白として使用する場合大幅な時間短縮が可能だが5翻縛りであるため注意すること。

  • ドラ表示牌は実際の麻雀牌から1枚ランダムに選ぶ。カンにより新ドラが必要となった場合はそのつど新しく選ぶ。気分で適当に選んでも良い。
  • 同じ種類の牌は4人で合計4枚である。かりに5枚目が存在した場合は流局となる。
  • 一斉にタイミングをそろえてゲームを開始し、14枚の牌全てに柄を彫って役を作っていく。一番最初に出来上がった人は「ツモ」と発言し点数を計算する。

通常の麻雀とのルールの相違[編集]

  • 一般の麻雀では東風、半荘戦が主とされるが、エクストリーム・麻雀では東場~北場の一荘戦で行う。
  • 親流れや連荘に関してはほぼ普通の麻雀と同じである。
  • 上がり役は一部役の点数が変更されている。
  • 通常の麻雀と比べ非常にインフレルールなため、ハコテンを避けるため25万点持ちの26万点返しとする。
  • また、特別ルールとして面倒くさい柄の牌だけで作る役満が存在する。
  • デカリャンピンのウマオカ40-120程度がベターとされている。

特別ルール[編集]

プレイ時のルール[編集]

  • 親が上がり役を指定する。この指定された役を作った場合は別途3翻が追加される。
  • 和了の際は彫刻家の判定で一定以上の技術を持った彫刻が施されなければその牌は無効とし、新たに掘りなおさなければ成らない。つまり丸一つ彫っただけでは一筒とはみなされない。

点数一覧[編集]

普通の麻雀の飜数と比べ上がったものは△、下がったものは▼を付けてある。

1飜役[編集]

  • 断幺九
  • 飜牌 自風・場風
  • 一盃口
  • 飜牌 中
  • 赤ドラ・裏ドラ
但し赤ドラは五萬、五筒、五索に限る。丁寧に塗らないと役とみなされないので、時間の無駄に終わることも。
  • 一気通貫▼
9枚の牌を順番に牌を彫っていくだけでできるため。
  • 混一色▼
字牌が彫りやすいため。
  • 小三元▼
  • 大三元▼
翻牌 中・發と複合して実質4翻である。
  • 字一色▼
七対子もしくは四暗刻と複合するので実質3飜。
1回につき1枚彫る牌が増えるため面倒。但し白の槓はできない。

2飜役[編集]

  • 飜牌 發 △
他の字牌に比べて画数が多く彫りにくい。
  • 混全帯幺九
  • 三色同順
  • 三暗刻、四暗刻▼
  • 七対子
  • 混老頭
七対子もしくは四暗刻と複合するので実質4翻
  • 大四喜・小四喜▼
四喜和+字一色+四暗刻は普通の麻雀ならば3倍役満だが、エクストリーム・麻雀ではたったの5翻であり、辛うじて和了れる程度の役になってしまう。

3飜役[編集]

少なくとも混一色發か清一色と複合するため、最低6飜。

4翻役[編集]

  • 純全帯幺九 △
筒子、索子の老頭牌を彫ることが多いため。これを避け、すべて萬子にして純全帯ヤオ・清一色・二盃口の10翻が狙い目だが、競争率も激しい。

役満[編集]

  • 三槓子 △
3枚も余分に彫らなければならない。
  • 国士無双
12種類の牌を彫らなければならない。同じ牌をいくつか彫ることによって生じる慣れが効かないために時間がかかる。
  • 九蓮宝燈
ただし萬子の九蓮宝燈はダブル役満になる。

それ以上[編集]

  • 清老頭 ダブル役満 △
筒子、索子の老頭牌は非常に絵柄が複雑である。しかもそれを少なくとも7枚彫らなければいけない。
  • 四槓子 トリプル役満 △
4枚も余分に彫らなければならないし、他の人の牌と同じものがあってはいけない。
  • 一索、四萬、九筒、東、發の四暗刻 4倍役満
  • 一索の天地創世 10倍役満 △
手牌+和了牌の14枚がすべて一索での和了。清老頭との組み合わせにより、実質12倍役満となる。この場合に限り、同一牌5枚で流局ルールは無効となる。

その他[編集]

  • 三色同刻 (作った刻子組の数字)飜 △
作った刻子の数字で決まる。例外として一萬、一筒、一索で作ると5飜になる。三暗刻と複合するので実質2飜プラスされる。

役にならないもの[編集]

  • リーチ
あと1枚彫れば完成というところで宣言することができる。相手にプレッシャーを与える。
但し役にはならない。
  • 一発
リーチが役にならないのに一発なんてあるかクソが。
  • 門前ツモ
役としてのツモのこと。
和了る際はかならずこの形をとるので、役とはみなされない。
したがって役を数える際に「メンタンピン」「リーチ一発ツモ」などという魅惑のフレーズを口ずさむことは出来ない。
順番に牌を彫っていくだけでできるため不可。
  • 槍槓
そもそも槓に加槓とか暗槓とかいう違いがない。他家の槓と同じ牌があった場合は無条件に流局する。
  • ダブルリーチ
条件はリーチと同様だが、ゲーム開始時にのみ宣言することが出来る。
他のプレーヤーは「待ちがぜんぜん読めねぇよ!」というリアクションをとることが望ましい。
  • オープンリーチ
リーチ宣言の際に、既に彫り終わっている牌を倒して公開する。牌を倒すために1~2秒の時間を無駄にすることが出来る。
ただし他家がオープンリーチした際に槓を作っていた場合、それに気付かずに同じ牌を彫ってしまうと役満払いとなるので注意。
  • 飜牌 白
何か彫りましょう。
上に同じ。というか純粋にチョンボじゃねえの?!
  • 対々和
鳴きという行為自体が無い。あなたが作った役は四暗刻ですよ?
  • 天和、地和
ごくまれにだが、牌が配られた時点で既に文字が彫ってあり、しかも役が完成している、といった奇跡が起こり得る。
しかしちょっと待て。それは君の彫った牌じゃないだろう。
ゲームが始まる前に、素直に申告しましょう。
  • 海底摸月、河底撈魚、流し満貫、人和
そもそも捨牌という概念がない。この役を目論む前に一刻も早く牌を彫りましょう。
  • 東、南、西、北を1枚ずつそろえる
麻雀のルールを理解していない人や初心者にありがちなミス。そもそも普通の麻雀においても役にはならない。宇宙麻雀では例外である。

戦術[編集]

最初にツモを宣言しない限り、どんな複雑な役を彫っても上がれない。そのため、なるべく簡易な牌で、なるべく高い上がりを狙いたい。索子やピンズの下の方、發以外の字牌が比較的彫り易いため、その辺りが狙い目と言える。特に緑一色・清一色・タンヤオ(7翻)は、複雑な意匠の無い索子の中張牌のみで上がる事が出来るため対費用効果が非常に高いと言える。ここに三暗刻(四暗刻)が加わればそれだけで倍満である。難しい割に複合しにくい純全帯ヤオなんかよりよっぽど点数が高い。

しかし、ここで「同じ種類の牌は4人で合計4枚、5枚有ったら流局」と言うルールが重くのしかかる。緑一色を狙いたいのは誰でも同じであり、結果として全員が索子を掘り込んで、「せっかく上がったのに同じ索子が7枚も8枚もあって流局」と言う事が頻発するのである。かといって、複雑な役を狙った所で、誰が索子でツモ宣言してしまえばそこまで。すぐに流局し、複雑な役は狙い損となる。結果として、上がりを目指した所で「流局すると分かっていながら指が壊れるまで索子を彫り続ける悲しいマラソン」となる訳である。

しかし、これはあくまで体調が万全な時の話。緑一色を完成させてツモ宣言した時、そのエクストリーム雀士は疲弊し尽くしている筈である。そうなれば、役完成までの時間は大幅に遅くなるだろう。その隙をついて、相手が何も彫らないうちに一気に大役を完成させる事で和了を狙う。これがエクストリーム・麻雀の基本戦術となる。相手が上がりを狙うのをあえて放置し、一局の間じっくりと休息を取る。そうして相手が疲弊した所に高い役を上がり返せば良い。

もちろん、最初に上がりを狙う側はそれを理解した上で、対局相手が皆休息を狙っているなら先手を打って高い役を狙えば良い。休息を狙う場合も、相手が彫りそうな牌を彫っておく事で、流局を狙い上がりを妨害すると言う手もある。こうした駆け引きこそが、エクストリーム麻雀の真の醍醐味である。

なお、『白は1翻も付かない分彫らずに良いから簡単』と素人は思いがちだが、実は、他家の手にあと2枚白、つまり未着手の牌が有るだけで流局になってしまうため、最も上がるのが難しい役の一つである。他家3人が全て13牌を掘り終え、14牌目に着手している時を狙ってツモをしなければならないのだから。

ちなみに役満を狙う場合は三槓子、四槓子がお勧めである。確かに4牌も余分に彫る手間は馬鹿にならないが、結局一索を3枚彫るより二索を4枚彫る方が圧倒的に簡単であるためである。一索とか萬子とかは完全に浪漫であり、彫る意味は自己満足以外にはない。ただ、こうした風潮に反発し、エクストリーム・麻雀のルール修正を訴える雀士集団も存在する。

関連項目[編集]

Syazaai.jpg この項目「エクストリーム・麻雀」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)