エクレア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エクレア」の項目を執筆しています。

エクレア (フランス語 : éclair) とは、シュークリームを細長くしてチョコレートを塗った食べにくいケーキである。

概要[編集]

クリームが非常に多い。

エクレアはケーキの中で最も食べるのが難しいように作られたケーキである。たっぷり塗ったチョコレートによって持ち手がかなり狭められ手に溶けたチョコがくっつくのは必至である。チョコを触れないように持つとバランスが取れずに落としてしまうし、チョコに触れていてもチョコで滑って落としてしまう。つまり落とすのは避けられないのである。

それに加え、シュークリーム同様たっぷりと入ったクリームがはみ出てしまい、はみ出たまま落としてしまう。またマーフィーの法則によって必ずクリームがついてしまうのである。

このように食べるのが非常に難しいのである。しかし一方で見事な食べ方をするエクレアの達人がいるのも事実なのである。

歴史[編集]

フランスで19世紀ごろに生まれた。誰が生み出したかは未だに論争がある。しかしこのケーキを作った人は悪意があるという点では見解の違いは無い。

シュークリームのクリームがはみ出ることによる食べにくさを更に進化させ、世界で最も食べにくいケーキを作るという目的のために作られたと考えられている。

日本では「チョコレート戦争」でその名称が広まったと言われている。

食べ方[編集]

達人の食べ方の基本的なテクニックを挙げる。

  • 早食い
エクレアとはフランス語で「雷」を意味する。つまり電光石火の早業でケーキを完食しないといけないという意味である。この早食いは基本中の基本であり、全部のテクニックに通づる。
  • 一口食い
顎を最大限大きく開けエクレアを全て口の中に押し込みなんとか押しこむという荒業である。荒業なだけあり成功する可能性は低く、クリームが口から飛び出す可能性もあり、一か八かで食すときに使われる手法である。
  • 分割
一番やっかいな部分であるクリームから食べるという方法である。しかしこの方法では早く食べることができずチョコが溶けてしまう。そこでクリームを全て食べずある程度だけを食べ、クリームがはみ出してしまう問題を解決するというように組み合わせ技に主に使われる。確実性を求めるときにも使われる。
  • 溶解
唾液によってエクレアをドロドロに溶かしてから食べるという方法である。唾液だけではなく希塩酸水酸化ナトリウム水溶液は溶かす効果が強いのでよく用いられる。唯一の欠点はやはり時間がかかることと、吐血して死に至る可能性が高いことである。
  • 取り込み
に直接注入して食べるという方法である。手術という特殊な技能が必要になってくるが、手術さえ成功させれば成功率は非常に高いのが特徴。問題は味わえないということである。
  • 工場まかないでのお作法
エクレア生産工場内で休憩時間にこっそりと廃棄分を召し上がる際のお作法として伝わった食べ方の一つ。コンビニ用プリンコーナーより拝借したスプーンでクリーム部分のみ食べるのが通のたしなみ。

素人向けの食べ方[編集]

ナイフで一口サイズに切ってから食べると良い。

関連項目[編集]