エド・ゲイン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

エド・ゲイン(Ed Gein、Edward Gein、1906年8月27日 - 1984年7月26日)は、アメリカ合衆国を代表する思想家。ジャン・ジャック・ルソーの「自然に帰れ」という言葉に感銘を受け、実践した。エドの根本思想やそれに基づく生活様式は、エコDIYと名を変えて現在でも人気を博している。

[編集] 略歴

オーガスタ・ゲインは厳格なキリスト教信者で、ゲインは幼い頃から面白くもない聖書を読まされていた。また、性欲を持つと地獄に堕ちると母から厳しく躾られた。職を転々とする父は子育てには無関心で、母は宗教XXXXX。そのような家庭環境にあって、エドは次第に妄想の中で一人遊ぶようになっていった。母によって友達を作ることさえ禁じられたエドにとって、読書は最良の遊びであり友人となったのである。片っ端から本を読みまくったエド少年は、やがて難解な哲学書などにも手を出すようになった。ネクロノミコン黒の教科書悪魔の辞典といった名著を経て、エドはルソーに出会ったのである。

1940年から1945年にかけて両親とを亡くしたエドは、人生の儚さ、命のありがたさについて身をもって知ることになった。この頃には既に思索家としての片鱗を見せ始めており、また母の教育方針によりまともな人付き合いを経験してこなかったエドは、人や社会を避け、にこもり隠遁生活を送るようになった。

山での自給自足の生活は極貧を極めた。文明の一切を否定し、己の体一つで生きていくのは想像以上に困難だったのである。風雨を凌ぐ家を建てようにも、木を切り出すには斧が必要で、金属を鋳造するには燃料となる木材が入り用で、木材を入手するには斧が必須、という有り様であった。

それでも、少しずつエドは野生生活のノウハウを掴んでいった。ある日、運良く動物の死体を得たエドは、それの首を石のナイフで断ち、逆さ吊りにして苦心しながら捌き、内臓を取り出した。この動物の頭骨は皿にもなったので、肉をシチューにして平らげた。もちろん、余分なところなど全くない。「命とは他の命によって支えられ生かされているのだ」と悟っていたエドは、動物の死体を余すところなく利用し、決してごみとして捨てることはなかったという。骨は家の柱の一部や家具となったし、剥ぎ取った皮は衣服にもなった。顔の皮はマスクにされたが、これはエドが満月のに自然の恵みに感謝するダンスを踊る際に使われた。

以降、エドは優秀な狩人となったが、必要最低限の獲物しか獲ることはなく、ほとんどは死肉漁りであった。さらに、狩った動物がメスであった時はその性器をオナホールにするほどで、エドのエコライフはまさに徹底したものであった。

なお、同じエドでもグーググーの人とは何の係わり合いも無い事は言うまでもない。

[編集] 影響

1984年にエドは癌による呼吸不全で亡くなったが、折りしも20世紀後半という地球環境保全に関心が高まりつつある時代であったことから、彼の生涯はマスコミに大々的に取り上げられた。人々は現代の仙人を「レザーフェイス」という敬称で呼び、彼のような清貧の生活こそ人間の理想的なあり方だと考えるようになった。こうして大量生産・大量消費・大量廃棄の経済構造は見直され、地球温暖化がああだこうだとことあるごとに難癖をつけ、どこの誰が使ったものかもわからない不気味なリサイクル商品が市場の大半を占めるような時代が到来したのである。

[編集] 関連項目

この項目「エド・ゲイン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語