エリック・カントナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
カントナの勇姿
「お前がキングだ」
エリック・カントナ について、跡部景吾
「……」
エリック・カントナ について、同じくキングと讃えられる三浦知良
「昔から応援してました」
エリック・カントナ について、西澤明訓
「カントナに追いかけられた兎が走りますか?どの道食べられるというのに」
エリック・カントナ について、イビチャ・オシム
「私は英語は分かる。奴は私に『失せろ!カエル野郎!』と言った。」
カンフーキック について、エリック・カントナ

エリック・カントナ(Éric Daniel Pierre Cantona、1966年5月24日 - )とは英国神聖カントナ王朝初代国王にしてサッカー共和国初代大統領。勝利の女神ニケをその身に宿している。

称号は「THE KING」「エリック・ザ・キング」


[編集] 来歴

英国軍を撃破

伝説によると、カントナはフランスパリに生まれ、マルセイユに育った。幼少時にニケの加護を受けたと伝えられる。18歳で仏軍に入隊すると、その恵まれた体格から頭角を現し、1992年に対英国戦線に参加する。重戦車と呼ぶにふさわしい攻撃力と、相反する繊細な技術力を同時に持ち合わせ、英国軍に恐れられた。また、その指揮能力も水際立っており、彼に率いられた部隊の上げた戦果は計り知れない。

1995年、クリスタルパレス侵攻戦において、英国軍の強襲にあい孤立。負傷し、武器を失うも持ち前の跳躍力と蹴力を生かし、逆に英国軍を散々に打ち破る。この時の負傷が元で、1年間の戦線離脱を余儀なくされたが、カントナの勇名はますます高まった。 翌年、戦線復帰を果たすカントナだが、仏軍には既にジネディーヌ・ジダン将軍が台頭しており、さらに英国との戦争も終結していたため、カントナの居場所は無かった。このことがきっかけとなり、カントナは突如イギリスへと亡命。欧州を震撼させる。

戦争が終結していた為、フランス軍と戦うことは無かったカントナだが、英国内の内乱鎮圧に縦横無尽に駆け回る。この時制圧した領地と軍隊を元に1997年神聖カントナ王国を樹立し、国王の座に着いた。その支配は、最盛期にはイングランド全土に及んだ。

2002年ニケ神加護の下、サッカー共和国設立を宣言。欧州各国、北中南米各国、日本韓国などが参加するこの共和国の初代大統領を兼任することになる。

現在は、国王、大統領として国のイメージアップのため積極的にマスメディアに登場しており、自身が出演する映画ドラマの製作に奔走している。

彼の名を冠したクラシック音楽カントナ国際コンクールを一例として、他分野への影響も計り知れない。

[編集]

カントナの活躍の一因が、勝利の女神ニケの加護にあるということは広く知られている。ニケはカントナの首回りに憑依し、常にカントナを守護していたといわれる。その顕現として、カントナ着用の衣服襟部は、常に屹立していた。一方でカントナが襟部のない衣服を着用した際はニケが憑依できないため、その加護を大幅に減ずることになったとも伝えられる。

同様の加護は日本の西澤明訓などが体現している。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語