エルヴィン・シュレーディンガー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「エルヴィン・シュレーディンガー」の項目を執筆しています。
エルヴィン・シュレーディンガー(「20世紀世界犯罪者名鑑」より)

エルヴィン・ルドルフ・ヨーゼフ・アレクサンダー・シュレーディンガーErwin Rudolf Josef Alexander Schrödinger, 1887年8月12日 - 1961年1月4日ウィーン生まれ)は、20世紀の歴史に汚点を刻む最悪の動物虐殺者である。

[編集] 凶行に至るまで

シュレーディンガーの本職は物理学者であった。物理学者としての最大の功績は、踊るだけで量子力学が解るようになるという魔法の踊りシュレディンガー音頭の発明である。

だがそれ以後思うような業績を挙げる事ができず鬱憤が溜まっていたところに、フォン・ノイマンらによるコペンハーゲン解釈が提唱された。これはシュレーディンガーの持つ物理観に反する異常な理論であったため、彼はこの理論を打ち砕くことが自分の使命であると思うようになった。だがやはり思うような反論を思いつけず悩むうちに、シュレーディンガーは狂気へと走りだしたのである。

シュレーディンガーは「実験」と称して、の虐殺を行い続けた。その「実験」とは口に出すことすらはばかられるおぞましいものであるため詳細は省くが、何の罪も無い哀れな猫を箱の中に閉じ込めた挙句、1/2の確率で死ぬような事を行うというものである。シュレーディンガーはこれがコペンハーゲン解釈を打ち砕く実験であると主張したが、彼が最早狂っているのは誰の目にも明らかであった。

同様の例としては、ニコラ・テスラの交流電流が危険であることを証明する為に、動物達を次々交流電流で処刑したトーマス・エジソンがある。科学というものには、人を狂気に走らせるなにものかが存在するようである。

なお、シュレーディンガーの「実験」に怒った反シュレーディンガー派の中の過激派が、小児性愛者であったシュレーディンガー(ガチ)を苦しめようと幼女を攫って同様の「実験」を行おうとしたところを逮捕されたのは有名な話であり、物理学会最悪の黒歴史である。

しかしその黒歴史は未だ終わったわけではなく、現在も物理学会にはシュレーディンガー派の末裔が生き残っており、同様に猫を箱に閉じ込めた挙句、箱の中を真空にするなどの悪魔の所業を続けている。

[編集] 外部リンク

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語