エントロピー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

エントロピードイツEntropie)とは、「散らかっている度合い」を意味する言葉

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エントロピー」の項目を執筆しています。

概要[編集]

この言葉は、様々な事象の散らかり具合を表現する言葉である。例えば、オタクの部屋は、オタクというカオス混沌を内包しているため、オタクが居ない部屋よりはエントロピーが高い(=多い)といえる。また、子供の躾けがなっていない家庭は、良く躾けされた同数の子供が居る家よりも、エントロピーが高い。

一般にエントロピーは、このように事象の乱雑さを示す言葉であり、それ以上でもそれ以下でもない。だが、これが物理学の上で絶対温度を基準とした熱量の変化などといった、人を韜晦するかのような概念に用いられたため、そこで「が悪いが、人より賢く見られたい」という酷く俗な欲求を持つ人が、他人の判り難い語を使ってみようとしたとき、至極結構な表現として用いられるケースもしばしば見られる。

この場合、そのような人の言葉は、一般的に洗練された言葉よりも無駄な語彙が多く、これは物事を簡潔に述べる人よりも、エントロピーが高いと言えよう。そもそもエントロピーは、乱雑な状態の量を測る概念であるにもかかわらず、「多い / 少ない」ではなく、「高い / 低い」と表現する辺りからして、既に乱雑である。

また「エントロピーが高い」とは動画サイト(笑)などでよく用いられる「テラカオスwww」とほぼ同義。なお「テラ」は数の接頭語(tera, 記号:T)で10の12乗倍つまり1兆倍、「w」とは雑草のことで、混沌具合を雑草の多い荒地に喩えている。カオスを何重にも強調することは決して洗練された表現などではなく、例えば「テラカオスwwwwww」などwの数の違いのみの同義語が多数存在しており、非常に乱雑である。

比較によるエントロピーの大小[編集]

以下に様々な現象におけるエントロピーの変化を挙げる。

社会[編集]

  • 花見のシーズンの直前と直後では、公園のエントロピーは後者の方が高い。
  • 桜田門組が交通安全取締り強化月間に入る前と期間中とでは、後者の方がより交通面でのエントロピーが増大する。
  • 何らかの危機に直面した国家のエントロピーは、そうでない国家よりも低い。「雨降って地固まる」の原理により、国民間の結束が強まっているからである。

インターネット[編集]

  • ウィキペディアで初版の記事と、第三者である編集者による「ブラッシュアップ」が行われた後の場合、後者のエントロピーの方が、より高い。
  • アンサイクロペディアの中で、書き込みが多い記事は少ない記事よりもエントロピーが増大している。多くの人々が記事を書きこむことで、書式・文法・内容がしだいにカオスになるためである。

自然[編集]

  • ライオンが食事が終わった直後の状態と、その残り物にハイエナハゲタカがたかりまくった後の状態では、前者の方がよりエントロピーが高い。
  • 大雨の時には、洪水が発生して町は混乱するのでエントロピーは増大する。ただし、あまりにひどい大洪水の場合には、全てのものを洗い流してしまうのでエントロピーは減少する。

その他[編集]

  • テスト勉強をする前と後とでは、後者の方がより脳の記憶領域のエントロピーが高まる。しかし試験終了後は急速にエントロピーが下がる。試験の内容を速やかに忘却するためである。

関連項目[編集]

多くの場合、子供はカオスを内包しているため、エントロピー増大の原因となりやすい。
独裁者は政治的対立者を粛清するため、国政のエントロピーは低下する。しかし官僚主義に走ると、政治経済のエントロピーは増大する。
の中身にエントロピーが詰まっている人の精神に生えている架空の植物
この項目は書き掛けです。雑な人のエントロピー注入を期待します。