オアシス (バンド)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

oasisオアシス)とは、イギリスマンチェスターのロックバンドであり、1991年に結成。ブリットポップからのブームに売名行為で乗っかってきたバンドであり、数多くの恐喝、誹謗中傷、暴力事件を引き起こすUKを代表するDQNギャラガー兄弟とその他のメンバーで構成されるが、元はオカッパの弟とハゲとデブなどが細々とやっていたバンドを兄ノエルが乗っ取ったものである。 だが2009年、件のごとくの兄弟喧嘩であえなく解散。 弟の方が残りを率いて「Beady eye」なるバンド結成。シングル出す出す詐欺発動中。兄は地味にソロ活動開始。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「オアシス (バンド)」の項目を執筆しています。

目次

[編集] メンバー

[編集] ギャラガー兄弟

マンチェスターが誇る史上最凶のフーリガンマンチェスター・シティの熱狂的ファンであり、マンチェスター・ユナイテッドを憎む。食人以外の大半の犯罪を犯してきたDQNな方々である。

リアム・ギャラガー(ボーカル、タンバリン、暴言、暴力、売名行為)
ギャラガー兄弟の弟であり、オカッパ頭のチンピラボーカルである。oasisの起こす暴力事件はほとんど彼の犯行である。
類希なる歌唱力の持ち主であるが、年々シガレッツアルコールによる不摂生が元で声が枯れていっており、もはや歌手としてはやっていけないほどになっている。近年はノエルにあまり歌わしてもらえない。また、歌う際の姿勢が応援団のようでダサイ。基本楽器が弾けず役立たずの能無しとの噂もある。
ノエル・ギャラガー
リアムの兄。リアムとは別居中。詳しくは元メンバーを参照。
ポール・ギャラガー
ギャラガー兄弟の長兄、バンドのメンバーではない。かなりのデブ

[編集] その他のメンバー

[編集] 現役メンバー

ゲム・アーチャー(ギター)
ヘヴィステレオというバンドに在籍していたが、たった一枚のアルバムを出しただけで解散。実家で羊と過ごしていたところをノエルに誘われ加入。羊を眺めて祝う。
日本のごく一部のファンに人気で、鳩胸。ベジタリアンと言っていたがアナゴが好物。
アンディ・ベル(ベース)
ライドというバンドでギターを弾いており、そこそこ人気であったが解散。台風1号となりイギリスを襲おうとするが、そこでノエルに誘われ加入。台風は消滅。The WhoのMy Generationのカバーはある意味彼にとって公開処刑。
クリス・シャーロック(ドラム)
天パーの後釜の後釜の後釜。オアシスに加入後すぐに解散してしまったので、シングル・アルバムの制作にいっさい加入していない可哀想な人。リアムの天敵ロビー・ウィリアムズのバックでドラムを叩いていたためオアシスの加入は喜ばれなかったらしい。

[編集] 元メンバー

ノエル・ギャラガー(ギター、ボーカル、誹謗中傷、リーダー)
ギャラガー兄弟の兄であり、ミスタービーンではない。再三社会問題となるような発言を放っている。現在は更正。
oasisにおける作曲はほとんど彼の仕事でほとんどビートルズのパクリである。最近は自分の作った曲をリアムに歌わせなくなりつつあった。眉毛がやっぱりつながっている。テレビ出演の際、あまりにも不細工だった為、腰から下を映さねばならなかったという逸話が残っている。奇形児が好物。
バンド生活では(主に弟のせいで)何かと苦労が絶えなかったが、ついに2009年8月28日、バンドを(公式声明付きで)脱退。オアシス終了のお知らせである。2011年に「ノエルギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ」という名前でソロ活動始める。
ボーンヘッド(ギター)
本名ポール・アーサーズ。ハゲ。意外と暴れる。1999年に「家族と過ごしたい」と脱退。今では髪の毛自体がほとんどない。でもギター以外にもデブの代わりにベースもいけちゃい、さらにキーボやピアノもできちゃうGJさん。
デビューアルバムのジャケット写真はこのハゲの家で撮影。安っぽいフローリングの上に壁が白すぎて、フォトグラファーから「問題がある」とケチをつけられた。家族の時間が欲しいとかなんとかで脱退。脱退後もリアムと一緒にサッカー観戦に行くぐらい関係は良好。でもハゲである。現在自身のバンドを持っている。
ギグジー(ベース)
本名ポール・マクギガン。白髪デブ。ほとんど暴れない。1999年に「おもんないからやめる」と脱退。以後消息不明。以外にサッカーが上手い。
ノエルと会話したことはほとんどない。
トニー・マッキャロル(ドラム)
天パー。いじめられっこ。
ほかのメンバーと折り合いが悪く、さらに下手糞だったためいじめの対象に。ドラムセットのネジを締め忘れて叩き出した途端にドラムが全壊。PVで土に埋められ、ノエルに「お前はドラムに近づくな」と言われ、クラブでのリクエストのセンスが悪いとリアムに殴られ、デブに「お前のはらわたを刺してやる」と言われ、はじめは同情的であったハゲにも最終的にはいじめに参加。1995年についに解雇させられた。
しかし後にバンドを提訴、約一億の賠償金を手にする。ただ、賠償金のほとんどを税金に取られた上に自分で使い切ってしまう。後に上のハゲと同じようにハゲる。デブよりもベースが上手いと主張していたが、真偽は不明。
ギャラガー家長兄のポールは彼に同情的である。
アラン・ホワイト(ドラム)
天パーの後釜。もともとゲムとヘヴィーステレオ以前のバンドで一緒にやっていたらしい。彼女とイチャイチャしたいと練習をサボっていたら2004年に解雇された。YESのドラマーとは同姓同名の別人。実兄はギャラガー兄弟も崇拝するポール・ウェラー兄貴のドラマーのスティーブ・ホワイト。
ザック・スターキー(ドラム)
サポートメンバー。天パーの後釜の後釜。通称親父超えビートルズリンゴ・スターの息子で、The Whoのサポートドラムも務める。チビ。ドラムスタイルは全く親父に似てない。天パーの後釜とは正反対のドラミングでやたらとバカバカ叩き、一部フーリガンからは非常に評判が悪い。ボランティア精神溢れる人物であり「老人バンドThe Whoの介護に専念したい」と言い残しオアシスと決別。
なお彼のドラムの師匠は父親ではなくキース・ムーンである。

[編集] 主な発言

  • 「オレはベッドの中では野獣だぜ」(不細工ノエルが発言)
  • 「まんこって最高の言葉だよ、俺はまんこ、てめぇもまんこ、あいつもまんこって、人をけなすには最高の言葉だな。マンコ汁は大好きだ。」(リアム)
  • 「朝食のシリアルにコカインをかけて食ってた」「朝食はギネス」(ノエル)
  • コンドームは毎回ちゃんと着けろよ!」(リアム)
  • ドラッグをやるのは朝一杯の紅茶を飲むのと同じこと」(ノエル)
  • 「君たちカンフーって名前についてるけどカンフーできるのかい?」(ノエル、アジアンカンフージェネレーションに対して)
  • 強盗泥棒をやったことがある」(ノエル)「ああ、オレも強盗はやったことはある、次はお前らの家に入ってやる!」(リアム)
  • 「飛行機は嫌いだ。アメリカには、二度と行かねえ!!」(リアム、9.11について)
  • 「結局俺らがいつも使う言葉はファックだよ」(ノエル、映画の感想を聞かれて)
  • 「パイオツでやるのよ。パイオツグッて掴んでその間にちんぽ挟み込む。 いつだって大歓迎だ。」(リアム)

[編集] 主な事件

  • 初の海外公演へ向かう途中、船の中で酔っ払って窃盗。駆けつけた警備員を暴行しノエル以外のメンバーが国外追放。
  • ライブハウスでギグ中に客と殴り合いの喧嘩。その様子がラジオで実況放送される。
  • ラジオ生放送中に殴り合い寸前の兄弟喧嘩。
  • グラストンベリーフェスティバルの際に宿泊したホテルで部屋を破壊。出入り禁止に。ロンドンの高級ホテルでも大暴れし出入り禁止に。
  • スウェーデンヴァーヴと夜中に大騒ぎ。翌日の新聞の見出しは『誰がこんな淫らな連中を呼んだんだ!』。翌月のスウェーデンでのライブでもまた同じ騒ぎを起こす。
  • アメリカへ行くたびに兄弟喧嘩で解散騒動。大きなものとして、ステージでドラッグを吸っていたリアムにノエルが激怒し失踪したものや、「引越しで忙しい」とアメリカツアー行きを渋ったリアムにノエルが激怒し失踪したもの。
  • 福岡へ行くたびにやっぱり兄弟喧嘩。過去2回のライヴの両方でリアムが退場。しかしリアム曰く「福岡のラーメンがファッキン美味い!」
  • オーストラリアへ向かう機内でリアムがスチュワーデスのケツを触るなど暴れキャセイパシフィックは以後オアシスの搭乗を永久に拒否、空港でファンにヘッドバッドリアム逮捕。
  • コカインの現行犯でリアム逮捕、その際警官に『不思議な壁』を合唱される。
  • リアムの車にかすってきた男を、自転車ごと投げ飛ばす。
  • パパラッチに付け回されノエル激怒、カメラを破壊し逮捕。
  • リアムとノエルがホテルにグルーピを連れ込み兄弟仲良く乱交パーティーを起こす。
  • ハゲもパーティで暴れて逮捕。
  • リアム、パブの客にピスタチオの殻をぶつけていたら喧嘩に。結果その場に居合わせたアメフト選手に返り討ちに合い、惨敗、前歯を二本折った挙句逮捕。
  • 近年はおとなしくなったと思われていたが、2007年にリアムがパパラッチをぶん殴る等まだまだ暴れたりない様子。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語