オオグンタマ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「オオグンタマ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

オオグンタマとは、哺乳類の一種である。

各種データ[編集]

以下は特に断りの無い場合、成体のデータである。

特徴[編集]

オオグンタマに見られる最大の特徴として、カモノハシハリモグラのように、哺乳類にして卵を産むという非常にまれな特徴を持っていることがあげられる。 しかし個体数の減少などあって、現在産卵シーンを見ることは非常に貴重なことである。

また、オオグンタマにはエヒフと呼ばれる紫外線を感知することが出来る感覚器官があり、これによって紫外線が強い日にはあまり外に出歩かないようにしているらしい。 ちなみにエヒフは人々の間では、ココア、ソーダ、クエン酸等のスープでじっくり煮込んだ料理が珍味として好まれて食べられている。味は美味いらしいが外見はまるで糞にまみれたようである。その強烈なインパクト故にエヒフと言う言葉はこの調理法を指す場合が多い。バリエーションとして、他には若鶏のエヒフなども比較的良く知られている。

しかし人間の乱獲、森林伐採などでかつて10万頭はいたとされていたオオグンタマは、現在では数千頭まで減少している。この主な原因として、エヒフを取るためだけにオオグンタマを捕獲している人が多いことが上げられる。

産卵[編集]

オオグンタマのメスは海亀に並ぶほど感動的な産卵をする事で有名であるが、その瞬間を捕らえた映像はとても少ない。良くテレビで流れているVTRやまぐちしずおの撮影した『オオグンタマの貴重な産卵シーン』である。

関連項目[編集]

この項目「オオグンタマ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)