オビ=ワン・ケノービ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

オビ=ワン・ケノービ(obi=wan kenobi)は遥か彼方の銀河系に生きていたとされる伝説のジェダイマスター兼なにかと苦労の多いリアクション芸人である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「オビ=ワン・ケノービ」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

遥か彼方の銀河系に存在したとされる、自由と神秘の象徴とは名ばかりのカルト教団、ジェダイ・オーダーの一員。 『弟子の育成に失敗した人』『苦労人』としても知られる。

[編集] 歩み

彼ら、ジェダイの生態に密着した記録作品(1~6完)の初登場時はロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ程ではないにしろ、まだ25歳の小生意気な青二才であった。しかし、師匠、クワイ=ガン・ジンが拾ってきた(のはいいけどそのまま師匠がくたばった為、やむなく押しつけられた)子供奴隷、アナキン・スカイウォーカーを弟子に迎えた瞬間から、彼は本当の苦労と恐怖を味わう事となるのである・・・。

ジェダイの生態に密着した記録作品(1~6完)を見てもわかるように、シリーズ中、1~3は彼の弟子、アナキン・スカイウォーカーが主役として焦点を当てられているにも関わらず、各シリーズのメインの敵と戦うのは大概、オビ=ワンの役目である。

パンクなシスの暗黒卿との攻防。雨に打たれながら賞金稼ぎとの肉弾戦。喘息気味のドロイド野郎とくんずほぐれずの死闘に命を削っている間、弟子のアナキンは何していたかと言うと大概、のケツを追いかけまわしたり、80年代トレンディドラマのごとくな古臭い演出でキャッキャウフフと草原を転げまわったり、都合の悪い事をすべてオビ=ワンの所為にしたり、勝手に結婚したり、怪しさ丸出しのおっさんに惑われてダークサイドに落ちたり、共和国を崩壊させたり、全部オビ=ワンの所為にしたり、嫁を殺したり、新帝国を樹立させたり、何もかもオビ=ワンの所為にしたり、やりたい放題だった。

さすがに業を煮やしたオビ=ワンは、せめてもの情けとばかりに師自らアナキンに手を掛け、そして、アナキンが遺した息子、ルーク・スカイウォーカーの育成を代わりに引き受ける事となる。しかし、出生時点で母子共に亡くなったとされるルークの存在を新帝国に知られる訳にはいかなかった。その為、砂漠の惑星にてアナキンの義兄にルークの育成を頼み、自らは十数年間、不本意にもエクストリーム・かくれんぼに参加を余議なくされつつ、ルークの成長の様子を日々ストーキングし続け、新たなる希望による帝国崩壊の時期を今か今かと待つのであった。 その後、実は生きていた弟子に殺されて彼の人生は終了するが、最後の最後まで踏んだり蹴ったりの人生であったと後世には伝えられる。

[編集] 戦術

ライトセーバーの型の一つであるソレスを得意とし、その腕前はソレスのマスターと言わしめたらしいが、いかんせん再三にわたりライトセーバーを落としまくるのでその言い伝えは定かではない。

何を血迷ったのか、独特の決めポーズが存在するが、いくら彼のファンの子供達とて、あまりにも恥ずかしいそのポーズを誰一人として真似する者はいなかったという。

また、ブラ=サガリ、チノ=リ等、窮地に陥ってこそ本領を発揮する個性的な型を編み出した事でも有名である。

[編集] 備考

  • 彼に関する書籍やアニメ作品が多数存在するが、その中での彼は常に5割増し程度男前に描かれている為、あまり鵜呑みにしない方がよい。
  • 彼がもしダークサイドに落ちたら?という発想の元、パロディとして制作された映像作品が存在するが、舞台は現在のローマ・ヴァチカンであり、全く別物と捉えた方がよい。
  • 弟子と共に世界中の腐女子から人気が高い事は本人の預かり知らぬ所である。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語