カエル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ウシガエルの一種

カエル(蛙)とは、両生類の代表的存在である。

概要[編集]

代表的なカエル。決して宇宙人ではなく地球で進化した両生類である

両生類の中でも最もポピュラーな存在。キモイかわいくて大きな目と長い舌が特徴。両頬に風船が付いていて、それを利用して大きな鳴き声を発する。近所の川や水田を探せば必ずと言っていいほど見付かる。ちなみに蛙を殴るとメメタァと、音がする。

カエルは全員肉食で、主に昆虫自分より小さくて動くモノなら何でも食べる。たまに獲物が喉につっカエル事があるが、そういう時には眼球を使って無理やり食道に押し込む

多くの場合水辺に住んでいるため「常時水に触れていなければ死んでしまう」という噂があるが、カエルの中には砂漠に住んでいるものも存在するので嘘である。

名前は語呂合わせで「変える」・「帰る」になるため、変化や再帰の象徴にもなっている。

変える、帰る[編集]

あまり知られていないが、「フラグ」の語源はカエルである。フラグとは現在の状況が変わろうとしている事であり、変わる→変える→蛙→フロッグ→フラグとなり現在に至る。逆に「帰る」はカエルの名前の語源である。昔の子供の帰宅時間は夕方であり、これはカエルが大合唱を始める時間とちょうど重なる。「もう帰る」が省略されてカエルになっていったのだ。

空想と現実[編集]

カエルをモチーフとしたキャラクターは、古今東西数多く存在する。サンリオはすの上けろっぴとか特命戦隊ゴーバスターズのFS-0O フロッグ、さらにコーワの店頭ガエルや角川書店ケロロ軍曹集英社ど根性ガエル等は代表的存在である。妖怪河童と同様、デフォルメ化によってこれらは畏怖される存在ではなく、人々にとって身近なものと位置付けられているようである。

しかしこれらキャラクター化が多くなされている生物であり、女性向けにもそれらのグッズが多く販売されている状態であるにもかかわらず、現実のカエルは女性などからは不遇な扱いをされることが多い。ゴキブリハエヘビのように人へ害を与えることが余りないにもかかわらず、ナメクジと同様に感触等だけを理由とし、毛嫌いする者がいる有様である。

松尾芭蕉が「古池や 蛙飛び込む・・・」と詠んだように、古から人間に身近な生物とされていたのだから、もう少し丁重な扱いは出来ぬものであろうか。

主な種類[編集]

啓蟄の頃になると定食屋のメニューにカエル定食が並ぶ。
アマガエル
最もスタンダードなカエルでありながら、変色能力を備えている。実はあまり知られていないようだが、このアマガエルも微弱ながら毒を持つ。
モリアオガエル
大森林に生息するカエル。しかし、色は青ではない。
トノサマガエル
偉そうな名前だが小さい。殿は殿でも十万石にも満たない力しか持っていないだろう。
ニホンヒキガエル
別名ヒキガエル。醜悪な外見と目尻に仕込んだ毒のため、人気ワースト1。しかし忍者のパートナーとしてはなぜか人気がある。あまり知られていないがヒキガエルの中でも珍しくアズマヒキガエルは本種よりもずっとハンサムである。
ウシガエル
のような鳴き声を発し、牛のような巨体を誇り、その肉は牛のように美味い悪食っぷりも定評がある。
ヤドクガエル
非常に危険。色が派手なので見付けやすいが、見付けても絶対に触ってはならない。ちなみに、この蛙は2012年にフロリダの某刑務所上空から大量に振ってきたという。とあるスタンド使いが犯人らしいが、真相は定かではない。
シュレーゲルアオガエル
ドイツ人の名前を冠するカエルだが日本の固有種。特に何か特徴があるわけでもないただのカエルである。
スーパータクティカルエキスパートストロングカエル
お察しください

亜種[編集]

ど根性ガエル
ある少年のTシャツを住処とするカエル。非常に知能が高い。だが、ここでよく考えてもらいたい。この蛙は元は三次元の住民であり、どう考えても押し潰されただけで三次元から二次元の生命体になるのはまずありえない。そこは三次元二次元の記事を参考にしてもらいたい。でも元はアニメだから、結局のところは二次元なんだけどね。
ワタシガエル
キラと戦う名探偵。その姿はカエルとは似ても似つかないが、よく見るとギョロ目に面影が残っている。天敵に遭遇した際は「ワタシガエルDEATH」と先に死亡宣言をする。
スリッピー
大したことはないが、戦車に乗って家に押しかけてくるので注意。
洩矢諏訪子
豊富な飛び道具で弾幕を張って敵を攻撃する習性をを持つ。幼女。泣き声は「あーうー」
ケロロ軍曹
カエルかどうかすら疑わしい容貌を持つ。宇宙人だという説も。緑の彼はまだしも、クルルみたいに黄色だったりするとなおさら。ペコポンに派遣されてから人間との同化が進んでいる。
けろけろけろっぴ
日本の特務機関『サンリオ』で飼育されている生物兵器
『特命戦隊ゴーバスターズ』で飼育されている「FS-0O フロッグ」。
FS-0O フロッグ
日本の特捜機関『特命戦隊ゴーバスターズ』で飼育されている生物ロボット
ケロタン
常に無表情で、機械的な鳴き声を持つ。伝説の傭兵がよく射撃の練習に使っている。
青ガエル
大手企業が昭和中期に意欲をつぎ込んで造ったカエル型の物体輸送機械ロボット?)。後継機が登場したことで傘下企業に払い下げられ、今日までに老朽化や陳腐化によってほとんどの個体は消滅したが、熊本で未だ目撃証言が得られる。青(緑)の他、赤とか白、水色、銀色などのカラーバリエーションがある。
種ガエル
人間に見えるが実はカエル。顔を見ればわかる。かなり危険なものや腹黒いものが多い。またMSという兵器に乗るものもあり、何かが割れるとやたらと暴れまくる。
番台阿呆蛙
カオナシに最初に飲み込まれた。
Su-25
本国では「グラーチュ(Грач:ミヤマガラス)」と、なのに、アメ公と愉快な仲間達からはフロッグフット(Frogfoot)と呼ばれている。通称:シュトルモビク、東側のの機体
蛙王
百メートルを58秒台で泳ぐ世界一早いカエル。
ポルシェ911
ドイツで生まれた鋼鉄製のカエル。地上を高速で駆け抜けることができるが、泳げない。
ケロリン
薬蛙の名前。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カエル」の項目を執筆しています。
世界水泳09にも登場。ただしテレビ朝日には登場せず