かき氷

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
カキ氷から転送)
移動先: 案内検索

かき氷(かきごおり)とは、主に北海道など北極圏で栽培されている洋菓子の一種である。近年はフラッペと呼ばれることも多い。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「かき氷」の項目を執筆しています。

概要[編集]

眩暈がするような色合いだ。あなたはこれに使用されている着色料が何種類かお分かりになるだろうか?

北海道の広大な大地と寒冷な気候を利用して栽培生産されている洋菓子である。DHMOを主成分とし、シャリシャリとした歯ごたえと、舌の上で溶けると共に伝わってくる冷たい触感が特徴。そのままでも食べられるが、一般的には、砂糖水、煮た小豆牛乳、あるいは果物の果汁をかけて食べられることが多い。

かつては収穫時期の問題で、夏にしか市場には出回らず、故に夏の風物詩の1つでもあったが、現在、技術の発展により保存設備や保冷能力を備えた輸送システムが揃えられたことにより、1年を通じて味わう事ができるようになった。

元来、北海道に自生していた野生の植物だったが、明治初期の開拓開始当初、日本全土からかき集められた開拓民には、かき氷という概念そのものが存在せず、刈り取られてもそのまま放置されているのが実情だった。しかし開拓の技術顧問としてアメリカから招致されたクラーク博士は、アラスカなどでの経験から、かき氷の食用および商品的価値に着目。自ら率先してかき氷の栽培を指導。以降、かき氷は北海道における一大産業に成長する。

商品的価値が認められたことで、かき氷は、青森岩手秋田など、本州の北部でも栽培されるようになるが、品質的には北海道産にかなわないことやコストの問題、また近年、地球温暖化による環境の変化から栽培そのものが困難になったことから、現在では、学校での受業の一環や祭事向けのものを覗けば、国内では北海道以外での栽培は行われていない。

尚、かき氷そのものに性はないはずだが、大量に摂取した場合、下痢就寝時の失禁、あるいは、こめかみ周辺で眩暈の伴う頭痛がするなどの症例が確認されている。

始まりの地[編集]

北海道開拓/開発の技術指導のため、アメリカからやってきたクラーク博士から全ては始まった。

「ボーイズ・ビー・アンビリバボー(男の子にが驚いた)」の名言で知られるクラークは、その言葉の示す通り、好きの少年時代を過ごしており、その結果、自然への造詣も深かった。北海道に無理矢理、本州の農業を持ち込もうとする日本人を尻目に、まず北海道の自然、地形、気候、動植物の形態や分布、食物連鎖などの調査に着手したクラークは、この地に自生していたかき氷を発見。自身も、アラスカでかき氷を食べた経験があり、また栽培過程も観察していたクラークは、寒さに弱い米などの農作物を無理に北海道で栽培するより、自生している原産植物であるかき氷の栽培を進めた方が確実であり、また国内ではまだかき氷の栽培の前例がないことから既存の市場との価格競争に巻き込まれないことへの強みがあることから、北海道の開拓において、かき氷は欠かすことができないものだと確信する。

しかし、農村という保守的なコミューン出身者が多い開拓民は、かき氷という未知の農作物の価値に懐疑的であり、その栽培に関しては及び腰というよりもはや否定的だった。だがクラーク博士の熱心な説得と、国の権威を笠にきた遠回しの脅しにより、少しずつではあるが理解を示し、かき氷に転作する者も現れ始める。

本土への普及[編集]

収穫中のかき氷。昔は全て人の手に頼っていたことから収穫量には限界があった。

少しずつではあるが増加していく理解者・耕作者に対し、クラークも本国から資料を取り寄せるなど協力を惜しまず、その甲斐あって、かき氷はやがて北海道全域で栽培されるようになった。

かき氷の栽培が軌道にのりはじめると、次に重要な点は市場の確保と開拓となる、しかし、日本国内では栽培の前例もなく当然市場といえるものも全く存在しないかき氷は、その販売ルートのほとんどを一から作らなければならなかった。さしものクラークも、日本の経済に食い込むだけの力はなかったが、ここで力を発揮したのが、北海道の開拓民達だった。

日本全国から半ば拉致同然に北海道に連れてこられた彼らだったが、それは逆にいえば、日本全国に何かしら知り合いがいるということを示している。中には少数とはいえ地方の有力者の遠縁に連なる者もおり、その力は馬鹿にできないどころか、組織として束ねることができれば、充分すぎるものになる潜在性を秘めていた。

折しも、横浜では、旧型アイスクリームとでもいうべき「アイスクリン」が大ブームになっていた。このアイスクリンによって、それまで日本には存在しなかった「冷たいお菓子」が広く認知されることになるのだが、アイスクリンそのものは、現在のアイスクリームからは想像できないほど極めて高価なものであり、庶民が口にできるものではなかった。

開拓民の中で比較的目端の利く者が、このアイスクリンとそのブームの加熱に着目する。

かき氷もまた冷たい食べ物だが、この頃には大量の作付けによりアイスクリンに比べ遙かに安く生産する事ができるようになっていた。餅や白玉団子を参考に煮小豆や白砂糖をかけることで、アイスクリンに比べて劣っていた甘味をカバーすることに成功したかき氷は、開拓民の人脈によって日本全土に広められる事になる。アイスクリンにより畦程度ではあるにしろ道ではできていただけに、かき氷はそれほど警戒されることもなく、またアイスクリンに比べた際の価格の安さもあって、次第に大衆に受け入れられることになる。緩やかではあるが、確実に知名度をあげていくかき氷はそれに伴い売り上げもあがっていくことになり、そして昭和初期には、北海道の農耕地のおよび3分の1をかき氷が占めるほどの主要作物にと成長を遂げた。

需要拡大[編集]

北海道のかき氷栽培に二度目の転機が訪れたのは戦後の特需の時代だった。

朝鮮戦争そのものには、かき氷が直接絡むことはなかったが、工業製品の特需により、労働者の収入が上昇。この頃、チョコレートなどの国産化が成功したこともあって、それまで高級品というイメージのあった洋菓子も一挙に一般化がすすみ、労働者も収入増により、酒や煙草といった嗜好品とともにかき氷の消費量も増加した。

この収入増によって、かき氷栽培の機械化が進められる事になる。それまで人力や、の力に頼っていた栽培、特に収穫に関して機械化が進んだことで、収穫量や作業効率も上昇。また保存設備の改良も進められ、それまでは収穫時期の問題から、夏の風物詩としてのイメージの強かったかき氷が1年を通じて販売され、食べられるようになっていった。

このように季節を問わず、食べられるようになったことでかき氷の市場も少しずつ変化を見せはじめる。

三度目の転機、その代表がフラッペといえるだろう。それまでかき氷のデコレーションといえば、シロップによるカラーリング程度、トッピングも小豆、白玉が精一杯だったことに対して、フラッペでは、複数のシロップをかけることで色彩も鮮やかなものに変え、アイスやクラッカー、チョコチップなどのトッピングも加わって、見た目も綺麗で美味しそうなものへと進化を遂げたのだ。

この見た目の綺麗さが、消費の中心である女性のハートをわしづかみにした。かつてはその安さで市場を広げたかき氷だったが、消費の時代には逆に安物という悪いイメージとなり、ちょっと良い物と、ちょっと贅沢を、と思い始めた消費者層が離れていく原因になっていたのだ。しかし、フラッペの登場により、離れかけていた女性層の引き留めに成功した事で、かき氷は危ういところで難を逃れる。

またフラッペでは容器やスプーンを紙や薄手のプラスチックに変える事で、持ち運びや持ち帰り、食べ歩きが可能になり、この結果これまでより気軽に食べられるようになったことで、かき氷は冷たいお菓子の中でアイスクリームと並ぶ不動の地位を確保するに至ったのだった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。


Dish.png このかき氷は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)