カフェイン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

カフェイン(caffeine)とは、日本で合法的に入手できる麻薬のひとつである。古くから世の権力者が人々をマインドコントロールするためにも使われている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「カフェイン」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 作用

カフェインには次のような作用がある。

[編集] 覚醒作用

一時的に気分を高揚させて眠気や疲れを感じさせなくする。しかし副作用として不眠や焦燥感に襲われることがある。それを緩和させるためにまたカフェインを摂取するがまた副作用が……というような悪循環となり、じきにカフェイン中毒となる。これぞまさしく薬物依存の状態である。

これによって労働者を馬車馬のように働かせ、より多くの税金を巻き上げることができるという利点もある。

[編集] 脳細動脈収縮作用

脳の血流を低下させて正常な思考を妨げる。この状態では善悪の判断ができなくなり、より本能的な衝動に従うようになる。

[編集] 利尿作用

排尿を促す。排尿には快感が伴い、回数を重ねることで病みつきとなる。重度のカフェイン中毒者は限界まで我慢した排尿に極度の快感を得るようになり、四六時中頭の中は尿意の抑制と排尿後の快感を期待することしか無くなってしまう。

このような作用は人々をカフェイン依存にするだけでなく、マインドコントロールに使われる場合がある。まず覚醒作用によって限界まで心身を酷使させ、脳細動脈収縮作用によって判断力が低下したところで暗示をかける。その後排尿をすることによって暗示と快感がセットになって強く脳に刻まれることとなるのだ。

[編集] 服用方法

コーヒー
最も一般的な方法。コーヒー豆から抽出する方法とすでに抽出したものを溶かすだけのインスタントコーヒーと呼ばれる方法がある。 アラビア人をハイにさせ、イスラム圏は狂ったような発展を遂げた。前者の使用者は後者の使用者を見下す傾向があるが、自分で上手に抽出することは簡単ではないため、自己満足にすぎないとの指摘もある。
紅茶
コーヒーについで一般的な方法。コーヒーより大量に取れるとか、そうでないとか。茶色い葉っぱであり、コーヒーのように炒ったり粉にしたりする必要が無い。1773年、この悪魔の化身はS.アダムスをはじめとする多くのボストン市民にとりついた。ハイになった彼らがこのハッパを大量に海にぶち込むと、多くの魚が一面に浮き上がった。この事件は他の国々を震え上がらせた(うわあ、てえへんだご主人様。イングランド洒落になんねえだ)。こうしてイギリスは世界の帝国となった。現在も、起床後、朝食後、午前中、昼食後、おやつ中、夕食後、就寝前と、一日7回も摂取するジャンキーイギリスで増え続けている。結果、この国は世界の帝国となった。
栄養ドリンク
栄養ドリンクには大量のカフェインと砂糖が入っている。まさに合法薬物の塊である。
元気が出ないからと言って、会社で一日に2,3本飲むと精神に異常をきたすことがあり、注意が必要である。
サプリメント
むだに高いうえに効果が少ない。
医薬品
エスタロンモカは第3類だから通販でもおk。SE、プログラマ、エンジニア、まあ職種はなんでもいいがデジタル土方が、これみよがしに机の上に置いておくためのアイテム。コーヒーや紅茶類で流し込む。エスタロンモカ12にはビタミンB系が含まれていていて、口内炎になりやすい奴にはお勧め。高いけど。
ガム
重度の中毒患者の例。
主に強制労働を強いられている男性がドライブ帰りにから摂取を促される。これは彼女が助手席での安全な睡眠を確保するとともに「今日はありがとうございました。明日からもお仕事頑張ってくださいね」などと言って暗示をかけ、今後更なる過酷な労働をさせるためである。
また、小さいながら中毒性が高く、とくに重度の場合は常に何か噛んでいないと気が済まなくなり、周囲のものを手当たり次第に噛み砕くようになってしまうという恐ろしいものである。
コーラ
カフェインだけではなく、砂糖までも大量に摂れる服用法。アメリカ人をハイにさせ、アメリカは世界の警察となった。
ちなみに、これにメントスを入れると、アメリカ人のテンションさながらに空高く吹き上がる。この現象を利用した爆弾が先進国において広く使用され、日本でも数件これを用いたテロが行われている。犯人は金と体力と時間をもてあました若者がほとんどである。兵器としても使用可能な麻薬という大変危険な代物であるが、これを撲滅せよという声は今のところ無い。
抹茶
イっちゃった!
これまでに示したどの服用方法よりもカフェインを大量に摂れる方法。入り口の狭い部屋に数人で集まって同じ容器から回し飲みをする、といういかがわしい風習が中世より主に上流階級の間で行われてきた。これは当時の上流階級の退廃ぶりを示すものである。日本人をハイにさせ、日本は未来にイッちゃうような国と見られることとなった。

[編集] 歴史

古くは紀元2000年頃の中国でカフェインは利用されていたという。1800年代前半にはゲーテの提案によってドイツのフリードリヒ・ルンゲがコーヒーからカフェインを世界で初めて抽出した。政治家でもあったゲーテはカフェインによって民衆を隷属的に統治できることにいち早く気づいていたのである。

その後、謎の色男振男さんによって、今日ではこの麻薬の最も一般的な摂取方法となる「コーヒー」が世界中に伝えられ、大ヒットした。振男さんは一度来日し、その際この怪しい飲料の歴史、効能をも広めようとしたがうまくいかず、現地でたまたま親しくなった酒飲みに一枚のメモを託して去った。彼の活動にいたく感じ入った酒飲みはメモを翻訳し、日産セフィーロで日本中を走り回り、時折窓から顔を出しては道行く人にこの飲料の素晴らしさを訴えた。彼の演説によれば、コーヒーは昔アラブの偉いお坊さんから恋を知らない若い男に伝えられ、それを飲んだ若者はたちどころに村の娘に恋をしたのだという。よってカフェインには媚薬の効果もあると考えられるが、翻訳が不完全な可能性があり、断定はできない。

布教活動の一部


その後現在に至るまで、コーヒーやコーラ、緑茶、ウーロン茶、紅茶などから世界各国で常習的にカフェインは摂取され続けている。

[編集] 本当に麻薬なのか?

立派な日本政府が麻薬の摂取を許すはずがない、おそらく本当は麻薬ではないのだろうという反論も存在する。 ためしに気にせず栄養ドリンクを1日に1ダース飲んでみよう。 エクストリーム自殺への参加資格が得られるかもしれない。

この項目「カフェイン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語