カマドウマ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

カマドウマは、昆虫の一種である。バッタ目カマドウマ科に属する。コオロギの一種だと思われることもある。悲劇の昆虫の一つとしても知られている。

その生態[編集]

ベンジョコオロギの呼び名を嫌う人もいる。

漢字では竈馬と書くとおり、竈など水周りのあるところにいる、のように跳ねる昆虫である。またその名前からも分かるとおり、古から日本の家屋に住み着いていたらしく、人々との関わりも深い昆虫であった。雑食で野菜の他にも他の昆虫を捕食することがあり、一方で人類には害をほとんど及ぼさないことから、日本人にとっては身近にいて親しまれる生物・・・のはずであった。

だが人類にほとんど害を及ぼさず、更にはコオロギやバッタ、キリギリスと同じ科に属して似た外観を持つにも関わらず、誰かしらが便所の近くにいるのを見つけてベンジョコオロギなどという俗称をつけたことで、状況は一変した。便所という表現をしたことから、この虫には不浄の場所にいるイメージが根付いてしまい、この昆虫もGKBRと同様に人類に害を及ぼすのでは・・・という誤解が、世間に広まってしまった。そのため現在では発見次第、コオロギと似た外観をしていて害を及ぼすわけではないにもかかわらず、主に女性から駆除されることが増えてしまった。

カマドウマは上述したとおり昆虫を捕食し、時には件のGKBRを捕食するなど人間に益をもたらすことがあるにもかかわらず、コオロギのように人類の気に入る鳴き方が出来なかったこと、そしてベンジョコオロギというひどい俗名をつけられたおかげで、ここまで人類(主に日本人朝鮮人)に貶められたのである。そのため昆虫好きの人の中には、カマドウマをベンジョコオロギと呼ぶことに強く反感を抱くものもいる。

巨大化事例[編集]

昨今の二次元世界等では、昆虫類が巨大化するのは次第に珍しい事象ではなくなりつつある。カブトムシクワガタのような人気のある昆虫ばかりではなく、嫌われ者として知られるGKBR人間サイズに巨大化させた事例も現れているほどである。

その流れに倣い、カマドウマも2003年2006年ごろに人間以上のサイズに巨大化したといわれている。ただ他の昆虫と違うのは、巨大化した際に元は有していないであろう、特殊な戦闘能力を持つようになったことである。その力は、超能力者に余裕で勝利するほどであったと言われている。なおその個体はその後、調子にのってTFEIチョメチョメしようと彼女に飛びかかったため、検閲により削除されたらしい。

これに関しては、上述した経緯で人間に意味なく虐げられたことがあったことから、突然変異で人間に逆らう力を有したのではないかとする仮設が昨今になって唱えられている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カマドウマ」の項目を執筆しています。