カルト宗教

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「カルト宗教」の項目を執筆しています。
英:Social Grouping Institution
和:ソーシャル・グルーピング・インスティチューション
意:社会的な紹介会員制組織

日本代表は我らが創価学会である。しかし、フランスではいち早くカルト認定されたが、肝心の日本では逆に創価学会は国教に指定されているため、カルト認定など夢のまた夢である。今日、創価学会は日本のみならず世界を股にかけ暗躍していることで有名である。創価学会の主な活動はハリー・ポッターを参考にするとよい。

池田先生と著名な信者たち


目次

[編集] 危険な人々

Rms.jpg

自分勝手な理想が現実とかけ離れ、日々現実と理想の一次元空間で格闘している人がその格闘を棄権して逃げた後に集結(カルト集団化)していることが多く、主にこれらの組織は一般的な常識に一さじ投げようと活動している。もちろん投げっぱなしで拾わない。その為か、現実を見ることも困難な精神状態に陥り、さらには現実に戻る術を失い彷徨い続ける。そして、彷徨っている自分たちに理由付けするため、より団体の絆を深めるべくカルトへとめまぐるしい進化をしていく。

[編集] 危険な背景

上記理由によって結成された組織は幾度と無くわれわれの現実世界に被害をもたらして来た為、「カルト宗教=危険」とか「カルト宗教=あやしい」と言うイメージが根強く植えつけられている。間違いではないが、信者を脳内モルヒネ爆増までマインドコントロールしてしまう実態が危険であると言える。

[編集] 貴顕な実態

[編集] 修行内容

まず、入団すると信者たちは糸の付いた五円玉を操る巧妙な手と巧妙な下の口で、一般人を信者にする術を習得させられる。信者たちはこのことを略して「最初の糸口」と呼んでる。

そして、最初の糸口を悟った信者が次に習得させられる術は、我に返りかけた信者の手を縛りいらないことを口外しないように口止めをする方法である。ちなみに信者たちはこのことを「次の手口」と呼ぶ。

[編集] 修行期間

一般的な信者は次の手口の習得に平均三ヶ月を有すると言う。意外に少ない期間でみっちり過酷な修行していることに驚くことであろう。

[編集] 悟りを啓くということ

次の手口の習得頃の信者は自分が何のために入団したか覚えていない。もはや布教マシンと化し一般人からうっとおしいと思われていることも感じない機械となっている。

また、普通の信者は次の手口以降を習得することはない。日ごろの勧誘業績が幹部から認められると次のステップに昇格できる。

[編集] 利けんな役員

上部の役員たちはさまざまなな術を持ち、後継者を物色している。たとえば人を金に替える「錬金術」や政治家たちを黙らせる「おすわりの術」および言う通りに動かす「三回回ってワンの術」を習得している者が居る。不思議なことにこれらを習得すると仕事をやめて一般社会にあまり顔を出さなくなってくる。噂では宗教活動だけで旨い飯が食っていけるからであるらしい。その筋のとある調査では、ゴミ捨て場などで壷などを拾っている役員の姿を見たと言った人がよく居なくなると言う結果が出ている。関係しているのだろうか?もしそうであればリサイクル活動に熱心に取り組んでいると言えるかも知れない。ただ、良い事をしていると言いふらして居るにもかかわらず、目撃者はなぜ消えたのだろうと首をかしげざるを得ない。

[編集] 五感をくすぐられたら

彼ら組織は来る者に対して寛大に受け入れる良い点がある。だから入団に関して特に方法は無い。仲の良い信者の友人が居ればスムーズに事は運び、その友人も喜ぶことであろう。入団後は信者以外から住む世界が違う人と崇められ、決して馴れ馴れしく話しかけられることはなく平和に暮らせることとなる。時折寂しくなった信者が一般人に馴れ馴れしく話すことを「勧誘」と言い、一般人は信者という恐れ多い存在に対して決して口答えはできない。VIP気分を味わいたければ入るが良い。

[編集] 股間が縮み上がったら

これら組織に退団と言う文字は無い。よって方法も無い。どんだけがんばっても魔法のトンネルから出ることは無い。おニャン子のような普通の人宣言は、組織からも一般社会からも認められない。ぜひ、それらをふまえて入団を決意しなければいけないことを強く心にきめてVIPになるようにすることにしよう。

[編集] 主なカルト集団

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語