カレイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カレイ」の項目を執筆しています。

カレイは、煮付けや唐揚げ等の大衆向け料理に使用される雑魚であるヒラメとは違い、寿司ムニエルといった高級な料理になるの一種。姿かたちはヒラメに似ており、判別の仕方は目のある方が体の右側で、日本では「左ヒラメに右カレイ」といってヒラメ類と区別する。

概要[編集]

美しい姿をしたカレイ。目が右側だからカレイ。

カレイは薄くスリムな姿をしており、秋の落葉のような美しい姿から漢字では、と書かれる。 沿岸の砂泥地等にの住んでおり、釣り人から逃れる為夜活動する。頭のいいカレイは、日中は砂泥の中に潜り隠れているか、体色を変え周りの砂泥と同化することで外敵から身を守る。また、この同化は身を守るだけではなく、捕食の際にも有効に活用され、近づいてきた哀れな小魚や貝類、ゴカイ類等を食べる。幼生時はミジンコなど何の役にも立たないクズは処分したほうがいいと少し危険ながらも地球を心配し優先してミジンコを捕食するが、大人になるにつれ心に余裕ができ、取るに足らない存在であるミジンコより、それらミジンコを食い物、搾取している大物達を処分しなければ環境は変わらないと気付き、魚類を捕食する割合が増え、成魚になると9割が小魚となる。釣り人達悪人はこのカレイの心情を逆手にとり、カレイと違いどんくさいヒラメを釣る時にはゴカイ・イソメや鈍重な動きのワームを用いるのに対し、俊敏な動きや世界を憂う心優しいカレイを釣る際は、自身の悪事のスケープゴートとして小魚や俊敏な動きのルアーを操り、カレイを虐げる。

これら悪人から子孫を守るために、産卵は相当下った場所で行なう。ヒラメ類には、数十年生きるという憎まれっ子世に憚るを体現したような種もいるが、カレイは美しい姿を持つからか美人薄命であり、数年程度といわれる。

食材[編集]

ヒラメと違い、貧乏な家庭には出てこない。特に縁側と言われる部位は脂が乗っており、歯ごたえもこりこりと上品な食感である。見た目も純白のヴェールの様であり美しいカレイから取れる美しい部位であるとして珍重されている。また、日本料理では美しく切り、盛り付けた刺身や、日本料理の代表とも言える寿司、上品な味わいを楽しめる酒蒸しなどそこらへんの家庭では食べることが出来ないほど高級な食材として扱われる。また、日本国内では収まらず、貧困な発想しかできない貧困な財布を持つ貧民層が想像する高級料理であるフランス料理にもムニエルとして使われる。

カレイの旬は冬であり、産卵後のカレイは味が落ちるが、同じ産卵後のヒラメ(ヒラメは産卵後の場合、クソ平目と呼称される)とは違い、府産卵前に比べると味は落ちるが、それでも上等な味を出し、カレイの品格を保っている。

関連項目[編集]