カロリー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「カロリー」の項目を執筆しています。

カロリーは、ある食べ物がどの程度体重に変換されるかを示す単位である。数値が大きい食べ物ほど体重が増える。語源は、伝説のサイヤ人から。

目次

[編集] 一般への浸透

食品購入時の判断基準にされる傾向があるため、多くの食品にはカロリー表示がされており、中にはカロリーが低いことを売りにした食品もある。 カロリーが低いと健康に良いという誤解から、油物を扱った食品会社や味のみを追及する料理店には忌み嫌われる単位でもある。

どれほど高いカロリーの食品の摂取に耐えられるかを検査することで、被験者の身体への関心を測ることが出来る。低すぎては拒食症と診断されるが、高過ぎては逆にピザデブのレッテルを貼られる。どちらも避け心身ともに健康な食生活を送るべきである。しかし若い女性の間ではカロリーがより少ない食事で生活することで人体の基礎能力を競うことが流行っており、相対的に肥満している者がますます迫害されつつある。

[編集] 心理学

また、カロリーは好きな物を食べる時にもっとも目にしたくない、人体に対して圧迫感を与える単位でもあるため、心理学的にもストレスの度合いを示す単位として用いられる。ストレスが溜まっているほど食べ物を多く口にするため、心理学的に計測されたカロリーに比例して食べ物に関するカロリーも増大する。

[編集] 物理学

日常生活とかけ離れた物理の世界では熱量の単位として使われることもあるが、ほとんどの場合は「ジュール」が用いられる。これは、上述した日常的な単位の意味的乖離もさることながら、研究者自身の心理的影響(自身の体重を気にすること)も理由のひとつとして無視できない。

[編集] 関連項目

やめられない、止まらない この記事「カロリー」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語