カート・コバーン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
加藤
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「カート・コバーン」の項目を執筆しています。

カート・コバーン(本名:加藤 木庭蔵/かとう こばぞう 1967年2月20日-1994年4月5日)。アメリカの演歌歌手。 三度の飯よりも自殺がしたい、史上唯一のグランジ野郎であり、伝説のバンド、ニルヴァーナのフロントマン。 単純で荒々しいだけのサウンドと、あまりに酷すぎて今すぐにでも死んでしまいたくなる歌詞によって、薬中の若者たちのハートを鷲掴みした。しかし本人は金や名誉や女やヒット・チャートよりも黒い枠の写真に入りたかったため、1994年4月5日にショットガンで頭をぶち抜き自殺している。しかし死因は音楽性の違いに起因するオーバードーズであった。

グランジと呼ばれる演歌の新たなジャンルの先駆者にマスコミによって仕立て上げられたが、カート以外に頭の中がグランジ野郎な男はいまだ現れていないため、グランジはなくなってしまった。現在はマーティ・フリードマンがカートの演歌スピリットを受け継いでいる。 また、カーディガンにぼろぼろのジーンズ生地の羽織袴というグランジ・ファッションの先駆者でもある。中途半端な左利き。

[編集] 経歴

  • 1967年2月20日 アメリカに生まれる。ビートルズとお絵かきが大好きで、将来平気で「ファック!みんなを犯しまくってやるぜ!!!!!!」などと言うとは誰も思わなかった。父親が家を出て行ってしまい、当時8歳のカートは輪をかけてインドア派になり、やはり将来大衆の前でギターを壊したりするとは誰も思わなかった。学校では友達を作らずに図書館で読書ばかりしていたため、みんな作家か学者になると思っていた。
  • 14歳のころ北島三郎の素晴らしさを知りギターを購入。同時にパンクに影響されて「ファック!」と言ってみたくなりはじめる。
  • 1989年 アルバム「漂白剤」(Bleach)をリリースする。7万円とサンドウィッチ代でできたアルバム。
  • コートニー・ラブを介してビリー・コーガン(スマッシング・パンプキンズ)などの同世代のグランジ勢と義兄弟となる。
  • 1991年 アルバム「気にすんな」(Never mind)がヒットする。内気な男の子なのにみんなにファックな演歌スターと勘違され、リスナーとの間に音楽性の違いを感じ始める。
  • 1993年 アルバム「マザコン魂」(In Utero)を発売。リスナーに嫌がらせをしてやろうとわざとぐっちゃぐっちゃの曲ばっかのアルバムにするけど売れちゃってリスナーとの音楽性の違いがどんどん大きくなる。
  • 1994年 現世に音楽性の違いを感じショットガンとヘロインの二段構えで自殺。本懐を遂げる。合掌。享年27歳。

[編集] 楽曲

カートのつくる歌には基本正式な歌詞はない。ライヴで思わず歌詞を変えちゃったりもする。

「ティーン・スピリットの匂いがするよ」(Smells like teen spirit)
伝説の名曲。類まれなるグランジ野郎のカートが常々ファックだと思っていた若者を皮肉って
作ったらグランジとファックが混ざり合って素晴らしいシットが出来上がった、それがこれ。
よう、よう、どんぐらいひでえんだよう」と歌い、サビでは「混血児ぃ! 白子ぉ! 蚊ぁ! 性欲ぅ!」と叫び散らす。
ちなみにティーン・スピリットは小便のことだとか。
「わたしを犯して」(rape me)
友達に強姦を懇願する歌。 出来ればカート以外のかわいい女性に歌ってほしい。星井七瀬とか。
「ペディグリーチャム」(Breed)
トップブリーダーの資格を持つデイヴとの共同制作。Youtubeなどでライブ映像を見るとだいたい誰かステージで踊ってる。この曲をきっかけに犬を飼い始めた者が少なくないが、飽きた飼い主がペットを捨てる事件が多発した影響からか、ベストアルバムには収録されなかった。
「フェイト大好き」(Serve the servants)
言うまでもなく型月廚の心情を歌った曲。
「はいはいそうだね」(You Know You're Right)
オナニーのために作った曲、死後にコートニー・ラブに発見され、勝手にベストアルバムに収録される
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語