カール・グスタフ・ユング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「カール・グスタフ・ユング」の項目を執筆しています。

カール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung、1875年7月26日 - 1961年6月6日)は、スイスの精神科医・心理学者である。分析心理学の礎を築いた偉人ではあるが、それにはまりすぎてあっち側に行っちゃった人でもある。

目次

[編集] 概説

ジークムント・フロイトの弟子であったが、師匠があまりに男根にこだわりすぎたのに嫌気がさし、大喧嘩して破門された。

その頃からおかしくなったのか、無意識がどうのこうのと言いだした。さらに、世界各国の神話伝承の似ている部分をことさら大きく取り上げ、それが精神病患者の言葉に似ていたことから、集合的無意識だの元型だのと、どっちが病人なんだかわからないことを言い出したが、特に入院させられることもなく、医者として活動を続けた。

晩年は、東洋文化に触発され曼荼羅をむりやり心理学に持ち込み、趣味のポップアートと仕事をごっちゃにした。曼荼羅をポップアートに加えたのはユングが初めてである。

[編集] 夢判断

ユングは夢判断を重視していた。これもオカルト…と言いたいところだが、夢を媒体にして治療者と患者が話し合い、治療者が患者の心の内面を探るという結構まともなものである。オカルトチックな夢判断はむしろフロイトの得意技である。なんでもかんでもセックスシンボルだが。

[編集] ユングとオカルト

論文を書くために降霊会を開く、錬金術占星術に傾倒する、曼荼羅を描くなど、残っている記録から考えるにどう見てもオカルティストである。事実、彼を預言者と見なしている人々がいる。医者が病人作ってどうするんだ。

また、ニューエイジ運動の一部がユングの用語を借りて活動を行っている。代替医療詐欺のようなものなのでユングにばかり責任を押しつけるわけにも行かないが、そういうところで使いやすい用語を頻繁に使っていたことは事実である。

オカルトの件に関してはフロイトにも非難されていたそうである。が、フロイトはフロイトで何でも性欲の人なので、どっちもどっちではある。

[編集] ユングとナチス

ユダヤ人の」フロイトと大喧嘩したり、「ユダヤ人の」ドイツ精神療法学会の会長に代わって改編された学会の会長になったり、しかもその学会がナチス賛美したりしたので、ナチス協力者と思われているふしがあるが、事実は不明である。単に政治面でいろいろ下手くそだっただけなのではないだろうか。

[編集] 関連項目

この項目「カール・グスタフ・ユング」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありません。ハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語