カール・マルクス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
  • ビタミンが不足している方は、他の百科事典の説明(マルクスマルクス主義)をあわせて読むことをおすすめします。脳が腐らずにすみます。
カール・マルクス

カール・ハインリヒ・マルクスKarl Heinrich Marx 1818-83)は、ドイツ出身の、経済学者哲学者共産主義運動の指導者。彼自身は、自分はマルクス主義者ではないと言っている。資本主義経済のしくみと諸法則を解明し、世界一の影響力をもったニートである。資本家にとっては赤い悪魔であり、私たち賃金労働者にとっては救世主である。

彼の業績や後世へ与えた影響は非常に大きい。特に、労働者の貧困の根本的解決のためにたたかう共産主義教の尊師となり、全世界の人々の心を真っ赤に染め上げた偉業が評価され、イエス・キリストムハンマドと並ぶ人類史上最大の偉人の一人と言われている。

彼の容姿はとにかく毛深いことで知られ、その毛深さに資本主義の超大国アメリカ全土が仰天したほどである。

目次

[編集] 生涯

マルクスのゆかいな兄弟たち。右端がカール・マルクス。

[編集] 誕生と少年時代

1818年プロイセン(現在のドイツ)のトリーアにユダヤ人弁護士の子として生を受ける。生まれた当初は1本の毛も無くツルツルであったという。生家のすぐ近くに騒音を立てる主婦がいたため、少年時代は、彼が言うにはその「騒音おばさん」と口汚く罵り合う毎日であったという。後年の対立する社会主義者や陣営を批判する際の辛辣さは、このような少年時代の経験に由来するものであろう。

[編集] 共産主義への目覚め、同志との出会い

その後成長したマルクスは、ボンベルリン大学に入学、法律歴史哲学を学んだが、当時学生の間で流行していたヘーゲル左派の哲学や「君は牛を二頭持っている。」を知る。大学卒業後、彼は大学教授を志すも当時の政府が反動的で、画鋲を入れるなど陰険な嫌がらせを行ったため断念、急進的論調の新聞社に入社する。入社後、マルクスは編集長となって、読売新聞にはおよばないものの、産経新聞を遥に見下ろすほど発行部数を増やしたが、政府を検閲により削除と批判したために発禁処分となり、出版社をやめた。マルクスを担当していた検閲官はマルクスがいなくなったショックに朦朧としながらフルチンで街を徘徊しているところを逮捕され、それが原因で警察を解雇された。他方、マルクスは、ヘーゲル左派の思想に限界を感じ、共産主義に関心を示すようになる。1843年、共産主義研究のためパリを訪れ、翌年同地で生涯の同志となるフリードリヒ・エンゲルスと出会った。

[編集] 亡命生活と資本主義研究の深化

マルクスの掲げた旗印。共産主義を表す赤地に名前の頭文字をあしらったデザイン。

1845年、マルクスはフランスを追放される。その後、マルクス一家はベルギーイギリスフランスなど西ヨーロッパ諸国を渡り歩く亡命生活を強いられる。この頃、『共産党宣言』をエンゲルスと著し、「万国のプロレタリアよ、半ケツせよ」と呼びかけた。実際の労働者は半ケツが嫌いだったため、半ケツせずに団結して政府と闘った。その後、1848年の革命に参加するも失敗、亡命者の天国イギリスへと渡る。この頃のマルクスの貧乏な亡命生活を救ったのは、エンゲルスが自らブルジョワとなって父親の工場で働き、労働者を使って得られた暴利から捻出された援助料であった。マルクスはエンゲルスとの援助交際で何とか生計を立てることが出来たのである。マルクスは極貧の生活のなかで大英図書館に毎日通って経済学の研究に没頭した。また、「国際労働者協会」(第1インターナショナル)創設に関わるなど、運動家としての活動も盛んに行った。

[編集] 道半ばにして

食べ物にも困るような貧乏生活のなかで、マルクスは資本主義の研究と共産主義運動の指導を続けた。彼は資本主義分析の聖典として有名な『資本論』を書き、第1巻を1867年に出版した。その後も執筆を続けたが、1883年に死去。その草稿はエンゲルスに託された。死後はウラジーミル・レーニンのようにミイラとして飾られず、なぜか資本主義国で君主国でもあるイギリスに墓が作られた。この墓はマルクスの亡霊が出現することからミステリースポットでも知られ、亡霊がヨーロッパを徘徊しているところを度々目撃されている。

その後『資本論』は聖書に次ぐベストセラーとなり、もし現在まで生きていれば池田大作のように書き続け、その印税で悠々自適の生活を送ることができたであろう。ありつけなかった利益に、自分の発言を勝手に本にされたイエス・キリストとともに、草葉の陰でさぞ悔しがっていることだろう。

[編集] マルクスの思想

マルクスは冒頭でも述べたように「共産主義の生みの親」といわれ、後の共産主義思想に大きな影響を与えた。「共産主義」思想自体に関しては当該記事にその説明を譲ることにし、ここでは彼の思想の形成や独自性に関して述べていくことにする。

以下では、マルクスの思想をいくつかのキーワードに分け、それぞれについて論述していく。

階級(Klasse)とは、とかく毛の濃い(昔の)共産主義者達の、髭を含む毛の濃さをボクシングのそれに真似て階級別に分けたもの。マルクスは勿論ヘビー級。じゃ、毛沢東は…?
革命(Revolution)とは、レザーフェチ(=製品)な人たちを貶めて言う差別用語
剰余価値(Mehrarbeit)とは、資本主義社会においては、働く人々の要求と不満は余計なもの(=剰余)で、価値の無いものとされることを言ったもの。
疎外(Entfremdung)は初期マルクスの思想における重要なキーワードである。彼はこの概念をヘーゲルから取り入れた。資本主義社会においては、資本家に待遇改善を求める労働者は変態キ○ガイと呼ばれ疎外されることを言う。
弁証法(Dialektik)も、ヘーゲルから受け継いだものであるが、マルクスにおいては、他者の所有物を破損・遺失した場合、弁償を免れるために、如何に自分に責任が無いかをその所有者に対してじ立て明する方をさす。
唯物論(Materialismus)とは、貧乏な労働者が、身の回りの物を売って日々の糧を得ていたたことから、々交換のみによって生計を立てることをじたことである。

[編集] エンゲルスとの差異

マルクスと同志エンゲルスは思想的に深い関わりがあり、分かちがたく結びいているため、彼らの思想とシーツの異臭を放つシミの出所を判然と分かつのは困難である。また、マルクスを主、エンゲルスを従とみる見方が一般的であるが、マルクスもエンゲルスから多くの影響を受けているのである。二人の違いを論じることにあまり意味はないが、マルクスの信用を傷つけたがっている輩にはとても大切なことである。

  • 「ボケ」と「ツッコミ」の関係に由来する要因
マルクスが主にボケ、エンゲルスがツッコミを演じることが多かった。ネタは主にマルクスが製作することが多かったようだ。経済を教えたのはエンゲルスでありその点では当初はエンゲルスが優位だったが、いつの間にかマルクスはそのお株を奪ってしまった。
  • 貧富の差に由来する要因
マルクスとエンゲルスそれぞれの収入は藤原陣内夫妻(妻夫?)もビックリの貧富の差があった。マルクスには、この「差」から来る「ヒガミ」が多々見られる。
  • 知名度の差に由来する要因
一方知名度ではマルクスの方が圧倒的に高かった。
例:街頭インタビュー「マルクスとエンゲルスって知っていますか?」という質問に対するある回答
マルクスについて「うん、知ってる知ってる。共産主義者とかいうサッカーチームのリーダーでしょ? でもキョーサンシュギって何?」
エンゲルスについて「何それ? 知らない」
以上のように二人の知名度には雲泥の差がある。しかし、そんなことにはおかまいなく、二人は協力して執筆し、ヨーロッパ各地の運動に助言を与えるのであった。

[編集] 主な著作

  • 経済学・哲学草稿
マルクスがパリ移住後に残した草稿群で、死後アドラツキーが編集・出版した。よく「経哲草稿」と略称される。「蛍雪時代」ではない。お好み焼きの哲学的研究を夏休みの自由研究として提出するにあたって作成された草稿群。
  • ドイツ・イデオロギー
エンゲルスとの共著。生前には刊行されなかった。ドイツにおける日本のアニメ「伝説巨神イデオン」の需要について論じたもの。
  • 共産党宣言
「いじめ・過労死・パワハラ・リストラ」などの苦しみからのがれるには、プロレタリアート、つまり正社員・パート・派遣社員・契約社員・請負たちが力を合わせて、弱い者いじめをするブラック怪獣「ブルジョワジー」を退治するしかないと呼びかけた文書。(別名、『真赤な愛と革命の誓い』)
  • ルイ・ボナパルトのブリュメール18日
ゲームブック。プレーヤーはナポレオン3世となり様々な権謀術策を駆使して権力の頂点に上り詰めていく、という内容。
  • ゴータ綱領批判
チーズ好きのマルクスがオランダの有名なチーズであるゴーダチーズの新製法を批判したもの。伝統的生産物はやはり伝統的な生産方法に限る、と再三強調。しかし、チーズ嫌いのリープクネヒトらはマルクスの忠告を無視した。
これについては、主に日本の研究者から「ゴーダ」は本来「剛田」であり、極端に私有財産制度を否定する剛田綱領(「おまえのものは俺のもの、俺のものは俺のもの」)を批判するつもりだったものが、「マルクスのくせに生意気だ」「ギッタギタにしてやる」という声に恐れをなしたため、原稿をこっそり差し替えたという異説が唱えられている。
  • 資本論
ブルジョワジーはいかにして金儲けをするか、を貧乏人のヒガミ根性たっぷりに書いたもの。資本主義の諸法則と経済学の再構成を通して、彼のブルジョワ社会に対する考え方を知ることができる。
  • 『人口論』
マルクスではなく、マルサスの著作。主な論旨は、人口は幾何級数的に増加するが、食糧生産は算術級数的にしか増加しないというものである。

[編集] マルクス愛唱歌

1871年のパリ・コミューンの蜂起の際に「インターナショナルの歌」が作成されたとき、同時にマルクス愛唱歌「超時空思想家 マルクス」なる歌も作成された。「インターナショナルの歌」はその後各国言語に翻訳されて共産主義運動や労働運動の広まりとともに世界中に広まり大衆的な人気を博したが、この「超時空思想家 マルクス」もいくつかの言語に翻訳されたものの、受け入れられなかった悲しい運命を背負った歌だった。

以下にその日本語訳を掲載しておく。

「超時空思想家 マルクス」

マクロ経済を 否定して 地球を打ったイカレ理論は
いまだ幼い 学生君に 信じてくれよと放たれた
マルクス マルクス
雄雄しく起った バカどもは 愛する人をも 食いものにしつつ
金持ち企業を たたきまくる
Will you give me your wealth?
良識を切り裂き 飛び行く先は 赤く輝く貧しい国
マルクス マルクス マルクス
(以下略)

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「カール・マルクス」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
後世の物好きのためにカール・マルクスが放った発言は、有志たちによって「Unquotable/政治家」へ収録されています。

[編集] 本当のことを教えて、そんなあなたへの外部リンク

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語