カール大帝

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「カール大帝」の項目を執筆しています。

カール1世は、ニサン帝国カロリング朝の第15代ニサン皇帝で現皇帝。スペイン語では、カルロス・ゴーン(CARLOS GHOSN)。

目次

[編集] 概略

カール1世は、ニサン帝国において、初めて日系人以外から選ばれた皇帝である。

先代皇帝の時代、執政がうまくいかなかったため、ニサン帝国は存亡の危機に陥った。その際、執政の実力を見込まれ、ブラジルから迎え入れられた皇帝がカール1世である。カール1世は非常に有能な帝であり、見事にニサン帝国を再建したが、多くの馘りを行ったため「馘首帝」と恐れられた。

[編集] 経歴

1954年レバノンブラジル人の父とフランス人の母で間に生まれ、1978年にフランスのミシュラン王国で政界入りを果たす。その後ミシュラン王に即位し、エドゥアール・ミシュラン宰相と共に勢力を伸ばす。1996年にエドゥアールに王位を譲り、ルノー帝国首相に就任する。1999年3月にニサン帝国と同盟を結び、帝国の勢力を拡大させる事に成功。その後2001年6月に財政難に陥ったニサン帝国の皇帝に即位する。

[編集] 馬好き

カール1世は乗馬が趣味であり「乗馬王」の異名も持つ。ドイツ産の(ポルシェ号)を所有している。ニサン帝国の主な産業は馬の生産であるが、カール1世の馬好きは、大いにその産業の振興に役立っているという。ニサン帝国産の馬では「スカイライン」「フェアレディ」という品種を気に入っている。また、「フェアレディ」で首都高で狂おしく身を捩るように走っているところをよく目撃されている。

[編集] 初の収益減

2006年度のニサン帝国決算が発表されたが。その決算内容は、カール1世即位後、初の収益減となった。

[編集] 家族

カール1世のであるリタ王妃は、無類の料理好きとして有名である。王妃はレバノン料理の店を経営している。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語