ガイウス・ユリウス・カエサル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
「市民達よ!妻を隠せ!ハゲの女たらしが戻ったぞ!!」
ガイウス・ユリウス・カエサル について、軍団兵


ガイウス・ユリウス・カエサルラテン語Gaius Julius Caesar紀元前100年7月13日? - 紀元前44年3月15日)は古代ローマ、いや世界史を代表するリア充である。またの名をハゲの女たらし、人妻ファン、歩く性行為など。


目次

[編集] 出生

象並み?

ガイウスは、ユリウス一門のカエサル家という、決して裕福とは言えないが、由緒ある貴族の家庭に生まれた。そもそもカエサルという名前はに由来するという。人に聞かれるたびにカエサルは「カルタゴ戦争の時、勇敢な先祖が象を倒した」とか、それっぽい由来を繰り返しているが、実際の所は「先祖の○○○が象並みだった」というのが後世の歴史家の通説である。

幼き頃から近所の同世代の女の子に手を出すやも、そのリア充さを発揮していたカエサルは、当時から権力者にその才能を見抜かれ、危険視されていた。そして、時の権力者であるスラはカエサルを粛清しようとした。周囲の反対にあって粛清を踏みとどまったスラは、「あの若者の中に100人の女たらしがいることに気付かないのか」との言葉を残している。この時彼らは十数年後、カエサルの猛威を嘆くことになるとは思っていなかったのである。


[編集] 母さん助けて詐欺のパイオニアとして

右からキリスト・カエサル・ノブナガ

スラの粛清を逃れたカエサルは、そのままギリシャへと勉学に向かう。しかし海路の途中、運悪く海賊の襲撃を受け、囚われの身になってしまう。

しかしそこは当代屈指のリア充のカエサルである。「おれの値段はこんなに安くない」と言い放ち、身代金を要求する海賊に更に高額の身代金を要求させた。さらに、海賊達を手なづけ自らの子分とし、最後には悪友と呼べるまでに仲良くなり、一族から受け取った身代金を元手にギリシャで豪遊したという。いわゆる母さん助けて詐欺の原型が誕生した瞬間である。そして、この時の悪友たちが後のイエス・キリストオダ・ノブナガになることは、後世の歴史家にしかわからないことであった。


[編集] 借金王として

カエサルの債権者達

ギリシャで遊びの味を覚えたカエサルは、その後ローマでもその勢いを止めることがなかった。 カエサルは按察官と呼ばれる、いわば公的な宴会部長に就任した。そして権力をバックに、人妻に手を出すなど街中で乱痴気騒ぎを引き起こした。しかし、度をすぎた行事に政府から援助を受けられるはずもなく、カエサルはサラ金に手を出す。

しかしここでも当代屈指のリア充のカエサルである。言葉巧みに 当時の国家予算の何倍もの金を借りることで、「カエサルの身になにかあれば貸し倒れしてしまう」とサラ金業者に考えさせ、カエサルは逆にサラ金業者よりも有利な立場に立った。サラ金業者の筆頭であったクラッススなどは、ローマ市民から「カエサルのATM 」と呼ばれる体たらくだったという。

[編集] 将軍として

もうお手上げ

ローマにて酒池肉林の生活を送っていたカエサルであるが、次第に頭髪が薄くなりつつあったことに悩み始めた。しかし当時はカツラなどなく、月桂冠くらいしかなかったが、月桂冠を被ることができるのは戦争に勝った将軍だけだった。カエサルはそれに目をつけ、ハゲを隠すため、将軍になって戦争に勝つことを決意する。

リア充のカエサルにとって、将軍になることも、戦争に勝つことも、赤子の手をひねるようなものだった。ガリア戦争のハイライトであるアレシア攻略戦においては、篭城する五倍以上の敵を包囲し、同時に十倍以上の敵に包囲されながらも、勝利を収めた。戦いの中で包囲網が突破されそうになった瞬間があったが、彼の全身から溢れ出るリア充さに目が眩んだ蛮族達は浮き足立ち、ついに撃破された。こんなハードな戦歴を重ねながらも、カエサルには片手間で自身を主人公にした小説を書く余裕すらあった。いかに彼が頭髪以外恵まれた人物であったかが伺えるだろう。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ガイウス・ユリウス・カエサル」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
後世の物好きのためにガイウス・ユリウス・カエサルが放った発言は、有志たちによって「Unquotable/政治家」へ収録されています。

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語