ガーナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
ガーナ共和国
Republic of Ghana
Ghana.svg Ghana coa.gif
(国旗) (国章)
国の標語 : Chocolate is LOTTE!
ガーナの位置
公用語 英語
首都 アクラ
最大の都市 アクラ
女王 エリザベス女王
国の英雄 ニャホ・ニャホ=タマクロー
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第77位
239,460km²
3.6%
人口
 - 総計(2008年
 - 人口密度
世界第50位
23,837,000
87人/km²
政府 不明
国民的な英雄 不明
独立 1957年
通貨 カカオ (GCO)
時間帯 UTC 0 (DST: )
国歌
宗教 不明
国際電話番号 233


ガーナとは、アフリカに存在している国。リーダーはニャホ・ニャホ=タマクローと呼ばれる巨漢。

目次

[編集] ガーナの国土

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ガーナ」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「ガーナ」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文を読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「ガーナ」の項目を執筆しています。

地図上の形(板チョコ状)から見ても分かるように、国土の99%がチョコレートで出来ている。そのため、土を削ってお湯を注ぐだけでおいしいココアが出来る。だが砂糖が生産できないので貧困にあえぐ国民は甘いチョコレートを食べることができない。

[編集] ガーナの歴史

コショウ貿易の独占を目論んだ西欧帝国主義者どもがガーナに初来航した際、ガーナ人達は、自分達の国土を食べて生活していた。これを「土を食べて飢えをしのぐほど困窮している」と勘違いした西欧人は、当初ガーナには目もくれず、港も砦も建設しなかった。

しかしそれからしばらく経ち、物好きな学者がガーナで動物の調査をしている際に誤って地面を食べた所、欧州の土と味か違う事に気付き、おまけにその夜アレがいきり立って仕方がなかったため、「ここの土は(文字通り)一味違う」と、パトロンである欧州の貴族に報告した。ちょうどその頃欧州は三十年戦争が行われるなど戦乱のまっただ中にあり、戦争に駆り出される貴族は、もしもの事を考えて出来るだけ子供を作っておかなければならなかった。子供を作るという事は当然アーン♥♥が必要なわけで、そのためにはナニが元気でなければならないが、毎晩毎夜のアーン♥♥によって、きかん坊も従順息子になってしまい、一族存亡の危機に立たされる貴族も多かった。そのため、この子宝竿を元気にする「魔法の土」は一躍欧州中に広まり、ガーナには欧州からの交易船が押し寄せるようになり、一躍ガーナは大金持ちになった。その当時を偲んで、現在この辺りの海岸は「黄金海岸」と呼ばれている。

しかしガーナの繁栄は長くは続かなかった。「新大陸」といわれたアメリカからより強壮作用の高いガラナがもたらされるとチョコレートブームは下降線を辿り、さらにマカがもたらされるに至り、チョコレートブームは完全に収束。以降はインド航路の(主要でない)中継地点及び(一部の人が嗜む)チョコレートの生産地として細々と生きながらえていく事になる。

[編集] ガーナの産業

主に土を削って固めて板状にして、砂糖を加えて販売している。低コストで多大な外貨を獲得できるが、国土がチョコレートである事の代償として、穀物など他の農作物が栽培できず、チョコレート以外の食料の全量を輸入に頼っている。そのため、貿易黒字はほとんど無く、穀物市況によっては赤字に転落する事もままある。そのため政府としては工業立国を目指そうとしているが、土地を削るだけで金を稼ぐ事に慣れた国民が労基法違反上等の製造業に就く事を嫌がり、目標達成の見通しは全く立っていない。

[編集] カカオ比率問題

近年はカカオ比率を増加させることが国際的な潮流であり、ガーナ政府もカカオ比率の増加に踏み切るのかどうかが注目されている。政権与党はカカオ比率の増加を主張しているが、野党や国民の多くはカカオ比率の維持を支持しているとされる。CPEC(チョコレート輸出国機構)に1977年から加盟しており、現在は議長国を務めている。ガーナがカカオ比率を引き上げた場合、他の加盟国も追随して引き上げる可能性があり、投資家筋から注目を集めている。世界銀行は、非公式にカカオ比率の維持を求めているが、アメリカのネオコン勢力はカカオ比率増加への圧力を強めている。 2006年9月、カカオ比率の維持を求める過激派がガーナ政府の内閣府外局であるチョコレート庁に無言電話をかけるという事件があった。

[編集] ガーナの政治

ニャホ・ニャホ=タマクローによる独裁制。サッカーが国技とされており、男子はサッカーを楽しむことが推奨されている。側近はオバサンジョという多夫一妻のおばさんがいる。


太陽は沈まない。
アンティグア・バーブーダ | イギリス | インド | ウガンダ | オーストラリア | ガイアナ | ガーナ | カナダ | カメルーン | ガンビア | キプロス | キリバス | グレナダ | ケニア | サモア | ザンビア | シエラレオネ | ジャマイカ | シンガポール | スリランカ | スワジランド | セーシェル | セントクリストファー・ネイビス | セントビンセント・グレナディーン | セントルシア | ソロモン諸島 | タンザニア | ツバル | ドミニカ国 | トリニダード・トバゴ | トンガ | ナイジェリア | ナウル | ナミビア | ニュージーランド | パキスタン | バヌアツ | バハマ | パプアニューギニア | バルバドス | バングラデシュ | フィジー | ブルネイ | ベリーズ | ボツワナ | マラウイ | マルタ | マレーシア | 南アフリカ共和国 | モザンビーク | モーリシャス | モルディブ | レソト
この項目「ガーナ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語