キャラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

キャラchara)は、アクセサリーの一種である。

概要[編集]

キャラは、身に付けた者の印象を変え、社会生活を営む上での大きな効果をもたらす。人々がキャラを装着する主な目的は、「友達を作るため」「グループに入るため」「自分をアピールするため」などである。常に空気を読み、人に好まれることを求める現代人にとって、キャラは生活必需品となる。

特徴[編集]

どうやら値段はPricelessらしい。

キャラの主な働きは、装着した者の印象を良くすることである。とはいえキャラには多くの種類があり、その働きは各キャラによってさまざまである。例えば、天然ボケの場合「ごく自然にボケられるようにする」、ツンデレの場合「ツンツンすることによって好かれるようにする」、チョイワルの場合は「丁度いい程度に悪さ加減を調節する」などの働きである。

またキャラは、まれに会社によって作られることもあるが、殆どの場合は個人の手で作られる。特に日本人はそれを得意とし、キャラを作ることをキャラ作り(―づくり)と呼ぶ。その影響か、日本では「キャラ作りが下手な奴は嫁にいけない (by 老人)」とか、「キャラ作りをしないと…友達ができないというかwいじめられるというかw (by 中学生)」という意見が多い。

キャラは、学校会社遊びなどのコミュニティの場でよく身に付けられる。学校にはインテリ、恋愛ではツンデレ、遊びでは天然ボケなどと複数のキャラを着こなす者もいて、キャラの使用方法はさまざまである。キャラをうまく着こなすことをキャラ立ち(―だち)といい、これができるかできないかで運命が変わる。また、人と同じキャラを身に付けることをキャラかぶりといい、どちらかがキャラを譲らなければバトルが勃発する危険性がある。

着用[編集]

キャラ作りからキャラかぶり、そしてキャラ立ちを経験し、キャラを着こなした男子高校生の日記を紹介する。

今日から、僕も高校生だ。だから、新しいキャラを作った。基本はいい人だけど天然ボケ要素もあって、この絶妙なミックスが我ながら最高だと思う。今日からこれを着けて、イメージチェンジをするんだ。
ところが高校に行けば、僕と同じキャラを着けている奴がいた。キャラがかぶるとまずいことになってしまう。だけど、僕はこのキャラを譲りはしない。うまくキャラ立ちして、あいつとのバトルに勝って、そして人気者になってやるんだ。

そして昼休み、ついにあいつが僕の前にやってきた。
「おいそこの兄ちゃん、いいキャラしてんじゃん。だがな、あいにく俺とキャラかぶってんだよ。譲ってくれなきゃ…しばきあげるぞゴルァ!!!」
キャラかぶりによる怒りのあまりか、さっそくそいつのキャラが崩壊し始めた。その後僕は予告通りしばきあげられたものの、キャラを崩さなかったため一応バトルは制し、僕はうまくキャラを立てることができた。これからの高校生活が楽しみだ。


普及[編集]

キャラは、特に日本において流行している。日本では、一人で複数のキャラを持つ者も少なくはなく、逆に一つもキャラを持たない者のほうが珍しいくらいである。そのため、日本ではキャラの普及率が120%を超える異常現象を巻き起こしている。その影響か、日本ではキャラを身に付けない者は社会から疎外される、それ以前に相手にもされないことが多い。そのような事態を防ぐためにも日本人はキャラを身に付け、さらに社会からの疎外が進むという悪循環が広がっている。

このように、日本ではキャラの普及が進んでいるが、キャラに依存してしまうとキャラよりもっと大切なものを失ってしまう恐れがある。たとえ人気者にならなくても、友達を持たなくても、グループに入らなくても、キャラに依存せずにありのままの素顔のままで生きることが大切ではなかろうか。