キヨスク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「いつだって 迷わない キヨスクは 駅の中」
キヨスク について、E-girls
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キヨスク」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「キヨスク」の項目を執筆しています。

キヨスク(Kiosk)とは、JRの駅の中にある小型の売店である。よくキオスクと間違われる。

キヨスクのルール[編集]

ロゴマーク

キヨスクは、商法89条によって規制されている。主なものは以下のとおりである。

  • キヨスクの店員は無愛想でなければならない。(89条1項)
  • キヨスクの店員はブスでなければならない。(89条2項)

これらのルールは、かつて国営企業であったJRの見得張りであると考えられる。愛想よく接客したものはJRの威厳を汚したとして日勤教育の対象となる。

キヨスクの治安[編集]

殺伐とした現在の日本では、店員がブチ殺されて売上金が盗まれる事件が多発しているが、キヨスクは余りに衆人環視の場所にあるため、そういった意味では安全である。ただし、酔っ払いのオヤジに殴られるリスクは非常に高い。

キヨスクの所在位置[編集]

「いつだって迷わない。キヨスクは駅の中。そんなの有名。」という歌があったが、中には駅の敷地の外で営業している店もある。

キヨスクを巡る論争[編集]

あるサイトでは、「キオスク」であるか「キヨスク」であるかを巡って、幼稚な編集合戦が行われた。

キヨスクの由来[編集]

もとは共産主義国家圏によく見られる小型の対面売り場である。当時の国鉄は国家機関の走狗としてこのキヨスクを活用し、しんぶん赤旗日刊ゲンダイを買う人を、店員という名のスパイの大脳に記録するという諜報機関の役割を果たした。

昨今スパイ防止法の制定が叫ばれているが、これは国鉄およびキヨスクが民営化したことにより国家の諜報機能が脆弱になったためである。

大手コンビニの侵略[編集]

2010年にファミリーマートJR九州のコンビニの、711JR北海道の札幌圏のコンビニの乗っ取りを開始。2014年に711がJR西日本JR四国のキヨスクの乗っ取りを計画し、まず手始めに奈良駅のキヨスクを制圧。ここを拠点とし、最終的には北陸関西中国四国のコンビニをセブン-イレブンだらけにしようと目論んでいる。JR東日本は自前で改修工事を進めて侵略を防いでいるが、JR東海管内にはボロい店が大量にあり、どこに侵略されるか分からない。


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「キヨスク」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)