キル・ビル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「キル・ビル」の項目を執筆しています。
情け無用の金髪女ドラゴン参上

『ビルを殺れ!』(原題:Kill Bill)とは、アメリカ合衆国のアクション映画である。主演はユマ・サーマン。当初はエピソード6まで製作する予定だったが、エピソード2でビルを殺してしまったのでエピソード3以降の製作が危ぶまれている。全作R-15指定。

目次

[編集] あらすじ

殺害業務委託業『DiVAS』をリタイヤして結婚したザ・ブライドは、足抜け&ボスのビルを裏切った罪で『DiVAS』より結婚式のリハーサル最中に教会で攻撃され、4年間昏睡状態に陥った。ファック好きのバックが担当医。蚊に刺されて(まじか…)目覚めた彼女は『DiVAS』のメンバーにし対して復讐を挑む。彼女の復讐の相手は昔の彼にして『DiVAS』の頭領でもあるピルを中心とした7人と1匹。そのメンバーの一人であるヴァニータ・グリーンが足抜けをして一般人の医師と結婚していることを知った彼女は、まずヴァニータの家にマンコワゴンで突撃する……。 しかし… マンコワゴンってペイントしちゃうDQNなタラちゃん

[編集] 登場人物

ザ・ブライド(演:ユマ・サーマン)
本作のヒロインで元『DiVAS』のメンバー。足を洗って人生をやり直す予定だったが、かつての仲間たちにより夫や家族を殺された上に昏睡状態に陥る。4年後に目覚めた彼女はエピソード1においてブルース・リーかぶれの黄色いトラックスーツを着ているにも関わらず日本刀を振り回す。

[編集] 『DiVAS』のメンバー

オーレン石井(演:ルーシー・リュー)
組織に加入する前は、チャーリーの元でアレックス・マンデーとして働いていた。中国系アメリカ人と日本人のハーフ。後に日本の暴力団の組長になる。クレイジー88と言うカトーマスクを付けたエージェント軍団を率いる。エピソード1にて東京のアジトでブライドと対峙するも、頭頂部を切り落され、エボラ出血熱に掛かり死亡する。何故か彼女の過去のエピソードのみアニメ仕立てになっている。
エル・ドライヴァー(演:ダリル・ハンナ)
隻眼の女暗殺者で、元CIA。ブライドをバットで殴打し、流産させた張本人(しかし子どもは奇跡的に生還した)。ブライドとは犬猿の仲だが、隻眼になったのは師匠のパイ・メイのせいである(事実です)。エピソード2において残りの目を潰され完全に失明する。実は人魚だったらしい。
小原杏(演:吉田里琴)
普段はリカちゃん人形と一緒におままごとで遊ぶだけの幼女。レッドバトラーの飼い主。物語の鍵を握る。
レッドバトラー
小原杏のペットのデブ猫。東京でメスの黒猫と密会している時にブライドと戦い、瀕死の重傷を負う。しかしビルの元に辿り着き、超獣化されて再びブライドに襲いかかる。
ヴァニータ・グリーン(演:ヴィヴィカ・A・フォックス)
最初にブライドの襲撃を受けた黒人女性。ブライドは足抜けをしようとしてリンチにあったのに、彼女は無事に足抜けできたので余計に恨まれた。ブライドが彼女の夫が経営する病院を襲撃した際に居合わせた人々は彼女のことを「日本かぶれのKKK」だと勘違いしていた。エピソード1で死亡する。
Divasに加入する以前は、ストリッパーでありウィル・スミスの妻であった。(ID4参照)
ヴァニータの娘(演:アンブロシア・ケリー)
母が襲撃されたことを知り、ブライドに対して戦いを挑む。刀を突き刺されるも一命を取り留め、ブライドにナイフを投げつけ、三輪車で逃亡。さらなる実力をもとめてロサンゼルスへ渡る。
バド(演:マイケル・マドセン)
ビルの弟。フルネームはバドワイザー。主要メンバーの中では青一点。トレーラーハウスに住み、ストリップ劇場(浅草ロック座)の用心棒だが、時間にルーズの困ったちゃん。テンガロンハットをこよなく愛するカウボーイおたく。エピソード2で、エル(デスノート参照)が放ったブラック万場に噛まれ死亡する。
ビル(演:デビッド・キャラダイン)
殺害業務委託業『DiVAS』のボスであり、フルネームはビルディング。タイトル名の「キル・ピル」は彼に由来する。かつてはブライドと恋愛関係になり、ピルの服用をブライドに言うのをころっと忘れてしまった困ったちゃんなので、妊娠させた挙げ句BB弾と言うふざけた名前の娘までいる。エピソード2で死亡する(しかも演じた俳優も2009年にチンポとドアノブを結びつけるエクストリーム・オナニーが原因で天に召された)。

[編集] オーレン石井の部下

ソフィ・ファタール(演:ジュリー・ドレフュス)
情報収集担当の部下。ブライド関連の情報収集の最中にブライドに人質にとられるも、やむなく見殺しにされる。戦闘行為は行わない。日本においてはNHKドッペルゲンガーを見たという者が多数いるが、多分気のせい。
太ももがそそる。
GOGO夕張の雄姿。
GOGO夕張(演:栗山千明)
見た目はブレザー姿の女子高生だが、オーレンの側近にして用心棒。情報収集も担当する。一升瓶をラッパ飲みし、変態親父と援助交際する、アルコール中毒でセックス好きな普通のJK。白いハイソックスと白いスニーカーが処女を連想させる萌えポイント(笑)。チェーン付きの鉄球(ゴーゴ~ボール)で攻撃する際に、パンチラを期待させるも見せてくれないツンデレである。
ブライドと互角に戦ったが、機転を利かしたブライドの作戦に敗れエボラ出血熱に掛かり、目やらアソコやらから出血し死亡。ぶっちゃけ『ライフ』に登場しても違和感がない。
デッカチャン(演:同じ)
オーレンの飲み友達。べつに今回の一件とは何の関わりもない単なるバー経営者だったが、オーレンによりブライドの盾にされて膾切りにされた。享年27歳。

[編集] その他

服部半蔵(演:千葉真一、SONY・CHIBA)
エピソード1に登場する剣の達人で刀研ぎ師。元・忍者で味オンチのくせに沖縄で寿司屋を経営している。ブライドのために、封印を破り新たな刀を打った。日本語もたどたどしいので、ジャッキー・チェンと同じく香港のアクション俳優である説が有力。
余談だが娘がクレイジー88にいるのは知らない様だ。
パイ・メイ(演:ゴードン・ラウ)
エピソード2の回想シーンに登場する中国拳法の達人にして暗殺者。漢字で書くと杯名。後天象(爆)真剣の使い手であり、気に入らない!と少林寺を潰した困ったぢいさんである。アメリカ人が嫌いなクセに、女性器は好きなのでブライドとエルを弟子にして、夜な夜な楽しんでいた変態ぢいさん。最後は彼に片目を潰されたエルに「魚の頭は美味しい?くそぢぢい」と罵られ毒殺された。転生し、クレイジー88のリーダーとなる。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語