キンギョ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「キンギョ」の項目を執筆しています。

キンギョ(金魚)とは淡水魚の一種。トレビの泉で初めて生息が確認された。

目次

[編集] 概要

その名のとおり、金色に輝く姿がたいへんに美しい魚である。うろこがほぼ純粋な(元素記号Au)を含んでおり、その重さのために通常は水の底に近いところにじっと生息している。幼生のころはほぼ無色に近いのだが、成長するに従い金色を帯びることが知られている。水中に溶け出した微量の金を摂取することによってこのような色になると推測される。

トレビの泉で初めて発見された後は、世界各地で発見されるようになった。観光名所的な人が多く集まる場所の噴水での発見が報告されている。これらの池や噴水では観光客によってコインが投げ入れられているが、大量のコインに含まれた金が水中に溶け出したために、そこに棲むフナが体内に金を取り込むようになったものであるらしい。

イタリアにおいて金魚を金魚鉢にいれることは禁止されている。可哀そうだからである。

目を開いたまま亡くなった人、もしくは目を大きく見開いた状態のことを、出目金と呼ばれる。 この金魚はサスペンスなどのドラマでよく登場する。 また、出目金はウンコをキバっているようなポーズをする習性がある。

[編集] 伝説

高貴な魚だけあり、人が捕まえようとするとすぐ逃げてしまう。それゆえ、金魚の実物を見たことのある人は少ない。

中国では「かつて皇帝が自分の邸宅の池に、水面が黄金で敷き詰められたかと思うほど沢山の金魚を飼っていた」という記録が残されている。しかし「金のうろこをもつ魚なんてありえない」という生物学的常識によって、その存在はフィクションとして扱われてきた。

金魚の存在自体はトレビの泉での発見によって史実であったことが確かめられたが、そのすぐ後ろに記述されていた「金魚を飲み込み、しかるのち元通りに吐き出す」という芸の存在は現在でも疑問視されている。

[編集] 商業的価値

大変に高価で取り引きされているが、価格はほぼ重量に比例している。病気になるとだんだん色が抜けてしまう、つまり金が水中に溶け出してしまうために、金として保持するためには生きたままにしておかなければならず、飼育法がさまざまに研究されている。

また、金の精錬に利用するための研究もすすめられている。より効率的に水中から金を摂取できるような品種改良とともに、海水中からも金を集められるように金魚の遺伝子を組み込んだ海水魚をつくり出す実験が行われている。

[編集] 関連項目

この項目「キンギョ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語