ギム・ギンガナム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Bouncywikilogo small.gif
ほう、ユーモア欠落症患者達のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが小生の項目を執筆しているとな?

ギム・ギンガナム、通称御大将∀ガンダムの終盤に出てくる武人であり、カリスマ美容師であり、スタイリストである。御大将と呼ばれることから同じあだ名で呼ばれる製作者、富野由悠季の分身ではないかとの説がある。

ほう、小生の概要とな[編集]

ギム・ギンガナムは私設艦隊ギンガナム隊の隊長であり、皆から敬意をこめられて御大将と呼ばれている。また、ギンガナムも部下たちに敬意をこめ、部隊長を大名、メリーベルをおバカなメリーベルと呼ぶ。

ギンガナムは武人なので一人称小生二人称おぬしきさまである。
ギンガナムは武人なのでちょんまげをしている。
ギンガナムは武人なので刀を持っている。
ギンガナムは武人なので家紋の付いた服を着ている。
ギンガナムは武人なので見事な逆三角形である。
ギンガナムは武人なので男らしく刀で戦う。
ギンガナムは武人なのでエクスキューズ等の外来語にも精通している。

なるほど、小生の作品での経歴とはこういうものか[編集]

ディアナソレルに武力で地球を制圧するという作戦を聞き入れてもらえずすねる。
   ↓
悶々と軍事演習を続ける
   ↓
ターンXを掘り出す
   ↓
ディアナ一時帰還
   ↓
グエンと手を組み地球に侵攻
   ↓
∀と最終決戦
   ↓
ターンX大破
   ↓
オ・ノーレ
   ↓
刀でローラと対峙。刀折れるも、刀返してたから勝利目前だったのに繭に取り込まれて休眠
   ↓
ターンギムギンガナムとなって復活

作品が始まるまでの小生の経歴だ[編集]

ハリーの縦じまタキシードをデザインしたのもギンガナムである

ディアナ・ソレルが地球に降下するまでの詳しい経歴はいまだに不明である。しかし、ここでその鍵を説く重要なギンガナムの発言がある。それは、ディアナの髪に触れ、「ほう、髪の触り心地は変わらんようだな」というセリフである。つまり、ギンガナムはディアナの髪に触れた過去があり、そこから推測するに彼はギンガナム隊の隊長という副業につきながら、王族に使えるカリスマ美容師兼スタイリストとことがわかるだろう。ここからは彼の独自の髪型と服装について研究しよう。

まず、ギンガナムの髪型についてである。彼の髪型は自身で発案し、洗練された革命的な髪形である。これは、日本のちょんまげをモチーフとしており、無重力空間を意識し腰辺りまで伸ばした髪にパーマをあててボリュームを出している。このちょんまげパーマは月では大流行であり、彼の髪型にあこがれてフィルやスエッソンもちょんまげをしている。ちなみに、このボリュームのある髪型はとある人物の欲求を具現化したものだはないかとの説が根強い。

続いてギンガナムのファッションについてである。もちろん彼がデザインしたものである。彼はノースリーブの服に家紋を付けるという大胆かつ前衛的なな発想で月の民をおどろかせた。これは彼の逆三角形をいかんなく引き立てており、腕の無数の傷がチャームポイントである。ちなみ、体にある無数の傷はタトゥウシーールであり本物の傷ではない。なお、このファッションはワキガの人間には禁物である。

彼は勿論自身以外の人間の髪型や服装を手掛けたの彼である。ディアナの青口紅、髪につける管も彼の発案によるものであるが、そろそろ時代を先取りしようと、相撲のイメージを取り入れた新たなファッションを勧めていたらしい。しかし、あまりに前衛的なそのファッションは、残念ながらディアナには理解できず、彼女は地球帰還作戦という作戦をいきなり発案し、さっさと地球に逃げてしまう。これがディアナが地球にやってきた真実であり、ギンガナムとディアナの仲がこじれた原因である。

以前ギンガナム隊に所属していたハリー・オードの髪型や服装を手掛けた人物もギンガナムである。彼は銀色に染められたキューティクルな髪が彼の真っ赤なサングラスを大いに引き立てている。また、ギンガナムは阪神ファンがゆえにタキシードは何が何でも虎縞という彼のわがままに応え、一か月という期間をかけて彼のタキシードをデザインした。

ギンガナムは常に新たな髪型やファッションのアイディアになるものを探しており、彼は封印されていた黒歴史からも新たなアイディアを得ようとしていた。そして、自ら黒歴史のデータを解析した際に、過去にエマ・シーンという女性が、男性器マッシュルームの形をした髪型という独自の髪型をしていたことに着目。地球に侵攻し、新しい時代を始めるという名目で、地球人女性全員にこのような髪型を強いるつもりであったらしい。このように歴史は常に繰り返されるのである。

尚、冬の宮殿の黒歴史の映像に登場する、西園寺莢一及び桐生冬芽という人物が、ギンガナムに酷似しており、どちらかが遠い血縁ではないかと、部下スエッソン・ステロは確信している。

小生の未来予想図である[編集]

小生は現在繭の中で冬眠中である。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

小生の名言である[編集]

御大将ことギンガナムは、その語彙力の高さから多くの名言を残している。当初はここに載せる予定であったがめんどくさいのでこっち