ギリシア三大作図問題

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ギリシア三大作図問題」の項目を執筆しています。

ギリシア三大作図問題(ぎりしあさんだいさくずもんだい)は、千数百年にもわたって人間がどうでもいいことに悩み続け、未だに懲りず時間と労力をつぎ込むものがいるという、愚かな問題である。

概要[編集]

問題は、「定規とコンパスだけを用いて『任意の角を三等分しろ』、『円と同じ面積の正方形を描け』、『立方体の体積を二倍にする線分を作図せよ』」などといったものだが、ギリシア人は「定規とコンパスだけ使って」などということは、一言もいってなかった。こんなことを付け加えたのは、後世の愚かな数学者哲学者である。自分に足かせをわざわざはめて、それを外すことに四苦八苦していたと言うのだから、お笑いとしか言いようがない。

中には、わざわざ自分が苦しめられることに快感を得る数学者も存在した。こうした数学者の異常な精神状態をマス・ヒステリー(math hysteria)と呼んだ。これがマゾヒズムの語源である。

解答[編集]

18~19世紀に作図不可能という結論が出されたが、その中の円積問題に限り、現在では作図可能という結論が出ている。

π=3なので作図できる。目の錯覚で余白の差が違うように見える

円周率=3であることが証明され、簡単に作図できる方法が見つかったため、今までの数学者たちの苦労を全て水の泡にしてしまった。

それ以来、他の2つの問題の「作図不可能」という答えも疑問視され、現在では一部の数学者たちが真の作図方法を求めしのぎを削り合っていが、その解法は依然として不明である。


身長 この項目「ギリシア三大作図問題」は、内容が足りません土井さんの身長のように。この記事をhydeも羨むように成長させてあげてください。お願いします。 (Portal:スタブ)