クラシック音楽

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Alice Liddell.jpg 修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
このページのノートも併せてお読み下さい。)

クラシック音楽(-おんがく)とは、音楽において確立されたジャンルで、発表から50年以上経つものを全般的にさす言葉である。著作権切れとなったものも、同意義として扱えよう(著作権は50年で消滅するため)。それゆえ、JASRACはこのジャンルの音楽を目の敵にしている。クラシックの反対語はモダンである。

目次

[編集] 誤解を生じさせないために

クラシックと聞くと、薄暗いうえにセンスのカケラも無いようなステージで喪服みたいな黒ずくめのオッサンたちがそれぞれの楽器を手に、無表情で演奏してステージのど真ん中には観衆にケツむけて踊ってる人がいるようなイメージがあるが、先も述べたとおり、50年経てばクラシックの仲間入りをするので、はるかの「あんじゃらげ~ほんじゃらげ~♪」もクラシックである。宗教で歌われた「へぇへぇ~あーーーへぇ~へぇ~」もクラシックである。

[編集] オッサンがクラシックの世界に入るメリット

全くの素人であるオッサンがこの世界に足を踏み入れ、演奏の場に参加するためには、とてつもない努力が必要であるが、その見返りとしては、現代の日本に於いては最も簡単に、誰にも怪しまれずに若い女性、特に大胆な肩見せ、背見せの衣装を纏った方々とステージを共に出来るという得がたい特権である。 但し、脚フェチの皆様には、得る所が少ない。

[編集] あんじゃらげ~

もともとはリズムに重点を置いた黒人音楽の初歩のもので、これらはさまざまなチャイムとして扱われた。広い大地に高さのある家を作った黒人達ならではの知恵で、打楽器は遠くまで音がよく抜けるのである。このあんじゃらげ~があってこそビートロック、ユーロビートといった「ビート」という言葉がつく音楽が成長したのである。あんじゃらげ~じゃないけど。

[編集] へぇへぇ~

へぇへぇはぁはぁ言っている音楽は、穴を掘って暮らした白人達の先祖が、洞窟でよく響く声が面白くてメロディーにばっかり重点を置いて作ったら、いつの間にかジャンルとして確立したもの。結果として大勢でウォーウォー言う音楽が生まれたが、さっぱり意味がわからない。ただ単純に面白い音の組み合わせというだけの評価で現代に至る。きれいな曲とか癒し系の音楽は、こういったプロセスが無ければ生まれなかった。

[編集] オーケストラ音楽

特にクラシック音楽というのはルールが複雑で、楽器によっては記号の表記まで変わる始末であり、作曲者は大変である。各楽器ごとに譜面を作製し、それぞれまるっきり違う表記という困難に立ち向かい、間違えると見かけによらず凶暴な演奏者達にトイレに連れ込まれ、30対1のプロレスが行なわれる。それを回避するため作曲者は細心の注意を払う。指揮者もまた作曲者であったり、譜面を作製するので苦労が多い。ハゲやどう見てもカツラという人が多いのはこのためである。

[編集] 中世のクラシックがもたらした功績

現代的なポピュラー音楽においては、ジャズミュージシャンが小遣い稼ぎに作ったアニソンでしか耳にすることは無いが、ある時代では我々がなんとなく認識しているドレミファソラシドの概念が崩れた時代があった。もともと教会旋法と名づけられており、果物から取った名前が割り当てられている。例えば沖縄系?

いずれにしても、これのおかげで現代音楽はますます飽和状態になってしまった。せっかく大発見と思ったらちゃんと理論化されてるんだから音楽ってつまんねーよな

[編集] 認めたくは無いがすでに仲間入りしている現代クラシック

[編集] 偉大なクラシックの作曲家

[編集] 50年までもう半分も無い音楽

この項目「クラシック音楽」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語