クラフトワーク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

クラフトワーク(Kraftwerk)とは、さまざまな分野でオートメーション化に大きく貢献したナチスドイツの技術者集団である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「クラフトワーク」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者 (略してニコ厨) のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「kraftwerk」の項目を執筆してくれています。

目次

[編集] 概要

クラフトワークとは、ナチスドイツで生まれた技術者集団で、ヒトラー総統閣下亡き後その志を受け継ぎ、多くの分野でオートメーション化を図りドイツの近代化に大きく貢献した。また、自ら世界各国で公演講演を行い、賞賛を浴びている。

[編集] 活動

アウトバーンの基礎システムの完成時に多くの国々の注目を浴び、米帝で融和工作を行うため各所で講演を行っている。その際、アウトバーンに使われた専門技術について20分あまりの間演説を行い、聴衆を驚愕させたことはクラフトワークの功績を象徴する逸話として有名である。ただしラジオを通じて広く知られたのは3分半程に編集された版である。

高性能の人型ロボットを開発した折、自らに模したロボットを製作して代わりに講演を行う、講演は演台に立ったロボットだけで行われ、人間の力を一切必要としなかったにもかかわらず、数万人の聴衆の煽動に成功した。講演のなかで、そのロボットにロシア語で「私は奴隷で、私は労働者です。」と言わせ、敵対していたソビエトロシア共産主義を強烈に風刺した。

現在、クラフトワークの技術は完成され、当初は一つの分野の技術に大量の機材を投入していたものが、4つのノートパソコンで全ての分野の技術を実現できるるようになった。

[編集] 功績

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語