クリスマス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
クリスマスになると町中に現れる不思議な木。
不思議な木の一種とされる、お金のなる木。
図に乗りすぎた子供に切れる鬼のようなサンタさん。サンタさんも懐具合は厳しいのだ。トナカイの餌代もあるし……
「クリスマス大嫌い!」とサンタにののしりながら暴力をふるう女性。夢を運ぶサンタさんにはとんだとばっちりである。
「クリスマスイブに比べたらクリスマスイブイブは重要ではない。ましてクリスマス当日などはなおさら無意味である。ましてクリトリスではない。クリスマスイブこそ、恋人たちが乱れ狂い、電飾を求めて列島を驀進し、無数の罪なき鳥が絞め殺され、簡易愛の巣に夜通し立て篭もる不純な二人組が大量発生、莫大なエネルギーが無駄な幻想に費やされて環境破壊が一段と加速する悪夢の一日といえるだろう。」
クリスマス について、飾磨大輝
「猫も走るほ~ど忙しいこんな年末に~どいつが持ってきたんだろう~X'masなんか♪」
クリスマス について、ポルノグラフィティ

クリスマス(Christmas)とは国が進める少子化及び消費支出対策の一環である国民の日。毎年12月24日に設定される。

各業界の販売促進のため、七福神の中で商売繁盛の神であるえびすに襟や裾に白いフワフワの付いた赤い衣装を着せて祝うのが、主な行事である。

また子どもを、男性女性を物で釣って手なずけることも広く行われる。カトリック信者による無差別殺人事件を受けて2007年には初めて公式に中止された(現在カトリック信者たちは大量に七面鳥を虐殺することでこの行為を代替している)。また、神奈川県警の複数の警官が霊感商法に関わったとして現在調査が行われている。

クリスマスが24日となった理由[編集]

クリスマスは厳密には12月25日であり、24日は正確にはクリスマス・イブ(イブは前夜の意味)というが、本稿中では24日をクリスマスと統一して記述する。

クリスマスが12月24日となった主な原因は、おもちゃ問屋から在庫処分を委託された三田九郎須と呼ばれる「ほっほっほー」としか話すことが出来ないかなり痛い感じの不思議な老人が、24日の深夜から25日未明にかけて子供のいる家庭に不法侵入し、両親を脅して子供のためと称して在庫のおもちゃを買うことを強要した事による。子供は25日の朝に目覚めとともにおもちゃをゲットする(このときゲットするおもちゃが、本当に欲しかったものではなく中途半端な物が多いのは、こういった大人の事情が影響しているためである)ことになるが、これにより「昨日の夜(24日)に三田さんが来たんだ。」と、イベントの発生フラグは24日とインプットされてしまったことによるものである。さらにこのフラグは大人になっても有効なままなので、結果として12月24日に一斉に起動するのである。 また、クリスマスは性なる一日でもあるので、日本中のリア充が女性にバイブをプレゼントするのだが、その器具の主な使用時間帯は深夜なので24日のうちに渡しておかないとあっという間になんの祭日にも設定されていない26日というつまらない日になってしまうので、基本的に渡すのは24日であり、24日がクリスマスとなったという説を語るリア充もいる。またリア充は汚れた存在であるためサンタさんサービスを受けることができない。したがって、二人でホワイトクリスマスを成し遂げ、子宝を自前で用意する人も少なくない。

クリスマスプレゼント[編集]

子どもって…

クリスマスにサンタは子供にプレゼントをあげなければいけないが少子化により世界各地のサンタの失業率が増えていると言う問題が起こっている。 失業率が多い地域はイスラエルブラジルイラクソマリア日本韓国などである。 特にイラクでは少子化に加えてイラク戦争による影響が大きいという調査結果が出ている。 各地のサンタもお手上げ状態である。詳しくはクリスマスプレゼントを参照の事。

クリスマスと社会・経済[編集]

大人になってもクリスマスのイベントフラグが消えないために、いい歳こいて今度はおもちゃではなく女の子をゲットしたい衝動に駆られることにより、クリスマスは益々盛り上がりを見せることになる。

男性は女性を捕まえようと金銀財宝を餌にする。その為、宝石店や貴金属などを販売する店では、クリスマス当日の売上が年間の売上の80%以上を占める場合が多い。逆に、コンドーム製造業者の12月の売り上げは、皆無に等しくなる(このため、2月と3月、および9月と10月に産婦人科の業務量がピークになるとも言われている)。しかしこの際、ゲットできなかった男性と、そもそも棄権した男性と、駆け引きの度が過ぎてゲットされそこなった女の子と、待ってたのに誰にもゲットしてもらえなかった女の子が相当数発生し、これが抗争の火種となるのである。

なお、彼氏になれなかった男性のプレゼントは、ほどなくして楽しかった出来事が消し去られるかのように質屋で店頭に並ぶことになる。12月25日から1月1日までの間、質屋に並ぶ勝ち組女性の列は時に数十kmにも及ぶこともあるという。

なお、下記の諸抗争による「クリスマスが一年で一番幸せな人」と「クリスマスが一年で一番不幸な人」の対立が原因となって、2006年11月現在、日本語版ウィキペディアの「クリスマス」の項目は保護状態で膠着している。

クリスマスと違憲問題[編集]

1999年4月8日、東京地裁はクリスマスを憲法違反とする判決を示した。

原告側の言い分としては、クリスマスが近くなると行われるテレビ・ラジオなどのメディア及び企業による過剰な演出は、日本国憲法第2条4項「いかなる者も、己が信仰を強要をされてはならない」に反し、クリスマス、つまりはキリスト教の信仰を強要している、というものであった。

東京地裁の太田実裁判長は判決文の中で、「私は58歳にもなって童貞なので、ついカッとなって判決を下してしまった、あまり反省はしていない」と持論を述べた。また、太田裁判長はこの判決を読み上げる際、数度にわたってクリスマスをクリトリスと読み間違え、その度にいやらしい笑みを浮かべて書記官を見つめたという。 この判決は全国の男子高校や女子高校、独身彼女無しの若者や中高年から絶大な支持を受けたが、太田裁判長はセクハラで有罪となった。

判決後、千葉県議会議員・山枯卓巳が即刻控訴したが、東京高裁は上記判決を支持してこれを棄却。クリスマスは法的には憲法違反と判断される結末となった。

クリスマス抗争の歴史[編集]

クリスマス抗争で逮捕される人まで...
クリスマスの盛大さに苦言を漏らすジラーチさん

クリスマス法が施行された1966年から、違憲判決が確定してクリスマス法が撤廃されるまでの32年の間には、独身彼女無しの男性と彼女持ち男性の間で数多くの抗争が行われてきた。

1967年に霞ヶ関で起こったクリスマス霞ヶ関抗争が、日本初のクリスマス抗争と言われている。 最初は毎年行われるデモとそれに伴う小競り合いと思われていたが、デモ隊が銀座の某高級宝石店のある交差点にさしかかった際、その年の元日から準備を重ねていたテロ組織赤い旅団の分派クリスマス死ね死ね団の決死隊数名の自爆テロにより、事態は一気に流血の惨事へと発展した。

抗争は20日間に及び、死傷者は彼女無しの男性、彼女持ち男性合わせて6万人にのぼった。この時は大規模な警備隊を導入したこともあって沈静化することができたが、その後も毎年、クリスマス抗争は各地で散発することになる。 1980年から1995年まで続いた大規模クリスマス抗争は、デモ隊の戦意・殺気たるや米軍並で、そのひしめき合う群集の様相はブロイラーのようであった。1981年1月、この抗争に対して時の総理大臣は「彼女がいないなら、右手を恋人にすればいいじゃない」とコメントし、デモ隊を激昂させた。彼女無しの怒りは彼女持ちだけでなく公的機関や企業、彼氏無し女性、ギャルゲーまでをも巻き込み、もはや自衛隊を投入せねば鎮圧することができないほどになっていた。1995年3月、ついにエロゲー会社まで焼き討ちされるという事態にまで発展したのを受け、政府はようやく非常事態宣言を発令。反クリスマス組織の内部崩壊も手伝って同年5月、15年に及んだ抗争は痛み分けという形で終結した。死傷者は、一説には400万人を越えるとも言われる。

なお、この最大の抗争は、反クリスマス組織の本拠地那須にちなんで那須抗争とも呼ばれている。

この反クリスマス組織、通称アンチクリスの代表である北村義重はテロゲリラ戦を得意とする過激派であったが、彼女持ちであることが団員に知られ1995年に暗殺された。これがアンチクリスの崩壊につながり、15年続いた那須抗争に終止符が打たれた。

また、2003年には京都において「四条河原町ええじゃないか騒動」と呼ばれる騒乱が起きた。正確な原因・経過は不明であるが、午後5時ごろ四条河原町交差点で突如「ええじゃないか」と叫びだした集団があったことがわかっており、これを見た人間がすぐさま情報を広め、面白がった物好きたちが阪急電車に乗って続々と京都に集結してから騒動が大きくなったことが判明している。警察がすぐさま動き出すも勢いに乗った群衆を止められず、群衆の大行進は北上を続けて翌朝なし崩し的に解散するまでには京都御所に至った。最初に「ええじゃないか」と叫んだ人間はわかっていないが、取り立てて特徴が無い神経質そうな男、身長2mに達するかという髭もじゃの男、妙に飄々としてあごに絆創膏を張った男、気弱そうな印象を与える男の四人だという説が上がっている。

クリスマス中止[編集]

クリスマス中止決定を知らせる政府広報

過去にもこうした動きがみられることはあった。実際に中止に踏み切った人物に、ピューリタン革命で有名なクロムウェルが居るが、概して失敗に終わっている。所詮,負け組の遠吠えと思われているようである...。

2000年あたりから、日本国内にてクリスマス中止の警告が政府より幾度も発表されていたが、無視されるケースが続いた。そのため、2010年からクリスマスに参加した者を極刑に処す法律が施行される見込みとなっている。 これに対して、日本百貨店協会・日本小売店組合・日本飲食業連合会らが相次いで反発。自由民主党は大票田を失うとして、党内で一時廃案への空気が強まった。しかし日本ひきこもり協会ニート放置協会・その他2ちゃんねらーらの支援が得られるとの判断から、自民党町村派で法案可決を目指す意向が強まった。一方、日本弁護士連合会の金持ちイケメン弁護士たちは法案の違憲性を主張して法廷闘争の準備を進めているが、仕事中毒の喪男弁護士たちとの間で足並みが揃っていない。

クリスマス中止を国が決定するという前代未聞の法案に対しては、国際的な関心も集まっている。アメリカ合衆国の宗教団体はブッシュ大統領に対し、日本に対して廃案の圧力をかけるよう迫っている。アメリカの一部の市民の間では、日本製品不買運動が起こっている。その一方で、アメリカの喪男たちは日本のクリスマス禁止法案を支持しているという調査結果もある。また、プロテスタントの原理主義のグループは、所詮は異教の冬至の祭りのなれの果てではないかと、逆にアメリカでのクリスマス禁止を求める運動を続けている。現在アメリカ合衆国は2016年稼動を目指してクリスマス撲滅衛星兵器「ヘリオス」を加藤機関と共同開発中との噂も広まっている。プロテスタント原理主義を思想の一つとするネオコンは、2009年にムバラク・ウナバラ・オバマが大統領に就任したことによりその影響力を減じたとも思われていたが、どうもそうとも言えないようである。

なお2007年は、クリスマス発祥の団体であるカトリックの信者が長崎県佐世保市で散弾銃を乱射して多数を殺傷したため、ローマ法王が激怒。法王自らクリスマス自粛を決定したことにより、2000年の歴史上初めて公式に中止された。

クリスマス回避[編集]

「クリスマスを回避する」それは全年齢=彼女・彼氏いない歴の人間(KIRIN)にとって究極の選択である。 完全な回避は不可能だが12月24日が一瞬で終わる方法がある。 これを実現するには日付変更線を利用し、太平洋の海上に設けられた変更線をハワイから日本(東から西)に向かって12月23日23時59分59秒99に越えれば良い。 ちなみに、日本からハワイに渡ると一日戻る。地球を一日が終わる前に何周も出来れば若返る。 尚、実行するに辺りいくつか重要な注意点が存在するが割愛する。

独身者のためにプレゼントを運ぶ優しいサンタ

神奈川県警とクリスマスへの関与[編集]

神奈川県警の前警備課長・吉田澄雄警視(51)の関与が疑われている霊感商法事件で、詐欺容疑で有限会社「神(しん)世界」(山梨県甲斐市)が県警の捜索を受けた。

「神世界」代表は、サロンに出入りしていた神奈川県警の警察官は5人だったことを明らかにし、さらに「国会議員数人や有名人もサロンに出入りしていた」とした。ただ、具体名などは明らかにしなかった。この事件では、被害者は数千人、被害総額は100億円に達するとの指摘もある。

この事件に関連して、神奈川県警内部では「神(しん)世界」以外にも「クリスマス」への関与が疑われている警察官、国会議員や有名人が複数存在するのではないかとの指摘があり、警視庁が調査を始めている。「クリスマス」では、「サンタがやってくる」、「サンタがプレゼントをくれる」などと信者に嘘の説明をし、巨額の「プレゼント」の購入を勧めていた。クリスマスの被害者は数十億人、被害総額は10兆円に達するとの指摘もある。神奈川県警では、関与したと思われる者に任意での聞き込み調査を続けている。

クリスマスは祝うものか[編集]

クリスマスというものはキリストの誕生日という説がある。キリスト教徒がキリストの誕生日を祝うのならまだわかるが、なぜノンクリスチャンがキリストの誕生日を祝わうのか?それはプレゼントというものが絡んでいるからである。何がなんだか良くわからない世の中である。

実は、クリスマスはキリストの誕生日ではないらしいという説もある。説どころか確かにクリスマスはキリストの誕生日ではないのだ。牧師は、そのことを神学校でしっかり教わってきたのである。

牧師には二つのタイプが存在する。「クリスマスはキリストの誕生日ではない」ということを知っていて知らない振りをしつつクリスマスの説教をする者と、「実はキリストの誕生日はクリスマスではないんですけどねえ」と言いながらクリスマス礼拝の説教を始める牧師である。

本来のキリスト教の教えから脱線した教会ほど盛大にクリスマスを祝う傾向がある。信者集めに熱心なあまり派手にクリスマスを祝う牧師も中にはいるだろうが、信者集めにはもう少しマシな方法を考えるべきである。クリスマスの木は婚前交渉の実を結んだ悪い木なのだから切り倒す他ないのである。

狂気のクリスマス浸礼[編集]

なぜかキリスト教会では、クリスマスはキリストの誕生日ではないのに、クリスマスに洗礼式を行う傾向がある。洗礼の方法には頭に少々の水を掛ける滴礼と、全身を水に浸ける浸礼という方法がある。クリスマスに洗礼式を行う傾向は両者ともにあり、浸礼を採用している教会では、凍った池で氷を割って人を水に浸けるという気違い沙汰が21世紀になっても続いているのである。死傷者が続出していることはお察し下さい。 それではヤバイということで日本では温泉に行って浸礼をする教会もあるが、西洋の祭クリスマスと日本の温泉というミスマッチは苦笑せざるを得ないが、苦笑などしたら牧師に睨まれるので苦笑しないように我慢しなければならない。

結論[編集]

ノンクリスチャンがクリスマスを祝うのは間違いだが、クリスチャンがクリスマスを祝うことは、もっと間違いなのである。

外国のクリスマス[編集]

ちょっとHなギリシャのクリスマスパーティー[編集]

お触りじゃなくてお皿割りギリシャ国技である。

http://www.youtube.com/watch?v=MPmxL-Lpb70

掃除してもキリがない。凄まじいクリスマス。

https://www.youtube.com/watch?v=tgdiNrttltI

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クリスマス」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「クリスマス」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]