クリトリス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
  1. クリトリスは、1831年に英国の作家アレス・レナレスが創作した童話である。2匹のリスが冬支度のため森へ栗を拾いに行くが、友人のレラ(始めての越冬)が思うように栗を拾えず困っているのに、主人公のギース(2度目の越冬)はレラを手伝わず栗を溜め込む。そして春になり、衰弱死したレラを見つけたギースは栗を分け与えなかった自身を嘆くのである。物語は、幼少期に貧困で弟を亡くしたレナレスの記憶が深く影を落としているとも言われる。大正11年に「栗ト栗鼠(くりとりす)」として発刊(訳:和田光彦)されたが、翌大正12年刊行の第2刷からは「クリトリス」と改題された。共産主義的プロパガンダが含まれるとして昭和19年に発禁となり、戦後はPTAより「卑猥なものを連想させる」とする理由なき批判を受け、焚書運動の対象となった。その後、テレビアニメ「めぞん一刻」の第1話で、五代裕作の部屋の押し入れからさりげなく出てきている。
  2. クリトリス女性器の一部で変質者の大好きなもの。本稿で解説。厨房から国家公務員まであらゆる変質者が書き込みたがるので、すぐに記事は充実する。

クリトリス(陰核(いんかく)とも)は女性器のひとつで男性の陰茎に相当するが、クリトリスは通常時は1cmあるかないかと言うくらいで外見上は目立たない。興奮すると陰茎と同様、勃起して大きくなり、女性が暴れ出したり眠くなったり気絶したり、と収拾がつかなくなる。

クリトリスは陰茎と違いそれ自体からおしっこ愛液等は出ない。ただ押しボタン・スイッチみたいなもので、チョンと触ると女性器から液体が出るという、ある意味機械のようなものである。だから女性はセックスをしすぎたり、子供を産みすぎたりすると、「私は子供を作る機械じゃないのよ!!」と怒る理由が分かる。

人によっては女性器からの液の分泌が甚だしい場合があり、こういう人を『潮吹き女史』と呼んだりする。というのは単なる噂に過ぎません。独りで射精並に潮を吹くのは困難らしく、吹かせるのにも実力がいるらしい。

潮=しっこの場合が多い事が小保方晴子により理化学研究所から発表される。要は気持ち良過ぎて、尿道に力が入らなくなり尿道口を解放してしまう女性の生理現象。但し、この論文にはどれだけの気持ちよさで、「どの程度の潮を吹くか」や「クリトリスと膣のどちらが潮を良く吹くか」など実験データに不備が多く、現在ではネイチャー誌から削除されている。

陰茎ももともとはクリトリスから変形したものだと言う異端児もいるようだが真相は分からない。そのためかクリトリスはめちんこと呼ぶことがあるようだ。

世界の一部では「女性の悪の象徴」とされ、子供のうちに切り取ってしまう、という恐ろしいことが日常茶飯事である。このような慣習をメチン切りと言う。

[編集] 隠語

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「クリトリス」の項目を執筆しています。
この項目「クリトリス」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語