クールビズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クールビズ」の項目を執筆しています。

クールビ・ズThe Coolbe's)とは、熱狂的な腐女が「サラリーマンをもっとカッコよく!」(実質的には『サラリーマンの服に透明度を!』)というスローガンのもとに行っている一連の洗脳活動のことである。 最初に始まった日本では2005年に本格化した。

名称に関しては、かの有名なバンド「ビートルズ」の名を一部のマスゴミがもじって付けたものが後に広まったとする説が有力。 オリジナルの方も付け忘れられやすい定冠詞「The」が付いているというのが目下最大の証拠となっている。

概要[編集]

目的は先述の通り、主として会社員男性の(身体前面を覆い隠す邪魔な)上着及びネクタイを外すことにより、瞑想妄想)を行いやすくすることである。

洗脳の過程で彼女らはしばしば「地球温暖化防止」という謳い文句を挙げるが、そのためには大量殺戮が最も効果的かつ手っ取り早い手段であることは明白なため、この「メリット」が取って付けられたものであることは言うまでもない。 しかしながら近年、「環境を守ろう」なる自らの(消えるだけで環境にとても優しくなれる)立場を全くもってわきまえていない考え方が社会的な風潮となっているのが原因で、この嘘に乗せられる人の数は減るどころか指数関数的に増えてきている。

また、被害者が一部の男性労働者に限られてしまうことや、ニートの増加によってクールビ・ズの影の面が明るみに出にくくなってきているため、非常に質が悪い。 いわば完全犯罪である。

そんな中「クールビズは軍隊的!」と勇敢に批判の声を上げる新聞記者も現れ始めており[1]、今後の動向が見守られる。

副次的効果[編集]

この活動の思わぬ副産物としては、経済効果が挙げられる。 日本だけで見ても、クールビ・ズでの衣類買い換えによる経済効果は1,000億円以上と試算されている。結局は腐女子と業界だけが良い思いをするだけのことなのだが。

しかし、大方の予想を覆す形で、何と約46万トンの CO2 をクールビ・ズで削減できていることが分かった。 それが判明すると、こいつぁー黙ってらんねーや、とばかりに環境省が手柄を我が物にすべくクールビ・ズ活動を公式に推進し始めたが、亀仙人などの手痛い批判を浴びることとなった。

政界では[編集]

政界においてはクールビ・ズ否定派が少なくない。小泉内閣が推進したため、クールビ・ズが小泉構造改革、あるいは、新自由主義、緊縮財政の一環で、国民に痛みを与える施策とみなされているためだ。

羽田孜
いまだにアレを着用。始祖は小泉でも小池でもない、おれなんだ!という心の叫びが伝わってくる。
福田康夫
小泉内閣の官房長官であったもかかわらず、クールビ・ズを否定。ひとりスーツにネクタイを着用していた。しかし、首相になってからは渋々クールビ・ズを着用。
長妻昭
福田首相として渋々クールビ・ズを着用して国会にやってきたら、スーツにネクタイを着用したミスター年金長妻が質問に立った。
亀井静香
クールビ・ズがはじまった2005年6月、「クールビズ、だらしない。あんな格好、議員に相応しいのか」と小泉政権を批判。鳩山内閣でも、「着せ替え人形じゃあるまいし」と、閣議でのかりゆし着用を拒否。
平沼赳夫
「どんなに暑くても聴衆の前で背広を脱いだことはない」と豪語。そりゃ、万一街頭で立ち枯れたときに、ノーネクタイじゃかっこ悪い。さすがは平沼先生だ。だ。
小沢一郎
「(背広&ネクタイ姿以外というのは)ゴルフ以外で見たことがない」と国会議員の誰もが証言する。大嫌いな裏切り者・小池百合子が環境大臣としてクールビ・ズを推進していたからではない。CIADIAからもマークされている小沢先生だから、防弾チョッキを隠すためだろう。
西岡武夫
2007年の参院選後、議院運営委員長に就任するや、クールビズ嫌いの小沢代表の意を忖度して、「クールビズ中止」を宣言。もし実現していたら、「バレンタインデー中止」に次ぐ快挙となったはずだが、残念ながら衆院で絶対多数を占める自公に阻まれて実現しなかった。
カイワレ
「ノーネクタイなら半袖」というクールビ・ズの標準的ドレスコードを否定。長袖シャツを着て腕まくりして街頭演説。

海外では[編集]

日本でこの活動が広く知られるようになった 2006年中頃から、韓国ではお家芸、朴理の一環でクールビ・ズ推進運動が盛んになってきている。 なお、驚くべきことに英吉利でもクールビ・ズの朴理が確認されている。SEX

関連項目[編集]

この項目「クールビズ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)