グリーンランド

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

グリーンランド(英・Greenland)とは、世界最大の島国である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「グリーンランド」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

もともとはデンマークの植民地であったが、現在は独立し北欧諸国の一つとなっている。なぜアメリカ大陸に属しているのに北欧に所属しているかというと、それはデンマーク植民地時代の名残である。

主な産業は、昔はホッキョクグマなどの狩りであったが、後述する神の怒りが解けた後は、羊の放牧や漁業がおもな産業になっている。とくに漁業の進展は島の財政を支えている。

[編集] 伝承

この島にグリーンランドという名がつけられたころは、本当に緑豊かな国であったとされる。人々はそこで土地の神様を敬いながら楽しく暮らしていた。ところが、人々はこの島での暮らしに安穏として、神様への信仰をやめてしまった。それに激怒した神は緑豊かな島に猛吹雪を起こし、島を氷漬けにしてしまった。という古い伝承がグリーンランドには伝えられている。

この島が氷漬けになったのは、何十世紀も前の話とされているので、大航海時代にこの島が発見されたころにはすでに氷漬けであったはずである。島を発見した人は現地人に、島の名をグリーンランドと聞いてこの嘘つきがと罵ったそうだが、とりあえず現地人の意見を信じて世界地図にはグリーンランドと表記したという。これには、すでにアイスランドというこの島を端的に表す名前を、すでにイギリスの西にある島につけてしまったことも影響している。

現在グリーンランドは、島の神様を信じる現地人たちの祈りとかがり火の熱によって、徐々に厚い氷が解け緑が広がっている。神は私たちを許してこの島を緑に返してくれるのかと現地人は思っているようである。

[編集] 異説

ところが、この伝承は見方を変えると全く別の意味になるのではと、一部の考古学者は考えている。それはグリーンランドの真の姿が氷に覆われた島であり、緑に覆われようとしているのは地球温暖化の影響で、むしろ世界が崩壊する始まりを意味しているのではないかという説である。この考古学者の説は環境保護団体を中心に広がっている。そのため島の神様を信じないように現地の人に言っているが、実際に住んでいる人の大半は、緑豊かな島のほうが住みやすいし、もう二度と神様を怒らせてはいけないと思っていると保守的な思想を持っている。さらにグリーンピースなど緑を守るために戦う人々が、なぜ緑に覆われた島を氷漬けにしたいのかは、一般人にとって大いなる謎となっている。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語