ケチャップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ケチャップとは食用血液のことである。家庭でも簡単に血液が供給できるように開発されたものであり、現在はどこの家庭にでも存在する一般的な調味料としても使われており、おいしく食べながら血液供給ができるまさに画期的な商品である。類似品にトマトジュースと呼ばれる飲用血液がある。

作られたきっかけ[編集]

Ketchupvcatsup.jpg

時は1700年頃、イギリスは荒れた世の中になり、日常的にも流血事件が多発するようになってきた。しかし、救急設備が整っていない当時は輸血する手段を持っていなかったため、大量出血により死亡してしまう人が多かった。また、貧血の人が多かったが、血を供給する手段もなかった。そのため、家庭で簡単に血液供給できるように、食用血痕が開発された。

最初はカキ、アンチョビ、ロブスターといった魚介類や、クルミ、インゲンマメ、キュウリ、ブルーベリー、クランベリー、レモンそしてブドウなど植物素材と人間の血をミックスさせたりと試行錯誤だったが、1800年代に入り、トマトと血をミックスさせたものが大ヒットする。血とトマトが似た色であるため、できあがりが色が赤くなり食欲をそそるものになり、また副産物として味も良くなったのがヒットの原因と言われている。

現在ではアメリカを中心に欠かせない血液供給の手段の一つとなっている。

製造方法[編集]

ここでは日本での主な製造方法をご紹介する。この他にも様々な方法があるので、知っている人がいれば増補していただきたい。

  1. 大量のトマトを用意する
  2. トマトを煮詰めた後、調味料やスパイス、野菜などを加える
  3. 知り合いの企業からコンクリ詰め予定の人血液提供者を預かる
  4. 検閲により削除
  5. たっぷりと採取した血を2.に混ぜて、はいできあがり!

使用方法[編集]

様々な料理にかけて食べるのが一般的な使用方法だが、他にもこんな利用方法もある。

  • 映画の撮影での代わりに使う
  • 手品で血の代わりに使う
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ケチャップ」の項目を執筆しています。