ゲームボーイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、投擲武器について記述しているばい! 携帯ゲーム機機能だけの廉価版につ・い・て・は「GAMEBOY」をCHECK IT OUT!! はい!!!
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情シュークリーム分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Bouncypotato.gif
この記事「ゲームボーイ」は何故か「GAMEBOY」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

ゲームボーイ(GAMEBOY、がめぼい)とは、天正417年忍天堂が発売した投擲武器の名称である。

数々の戦場を乗り越えてきたゲームボーイ。まだまだ現役である

正式名称は「ゲーシャ・ガール(芸者)もシャウト(発狂)するほどムボー(無謀)なンド武器」とされる。(インド武器とは、古代インドの投擲武器のチャクラムの事と容易に推測がつく。)

概要[編集]

ゲームボーイは成人男性の手のひらより少し大きなサイズで、隠密行動に適した大きさとなっている。乾電池を搭載する事で本体重量を増加させ、殺傷能力を上げることが出来る。

カートリッジを本体に差し込むことでゲームが出来るオプションもついていたが、隠密行動に際してはピコピコ音が命取りになりかねないため、ゲーム機能が使用されることは少なかった。

しかしながら、カートリッジを手裏剣の代用として使用する者が多かったため、売り上げは順調であった。その扱いやすさから、世界中で大ヒットを記録し、湾岸戦争の際にはアメリカ忍者もこれを用いたと言う。

あまりの知名度から、ゲームボーイを持っているだけで忍者だとわかってしまい、隠密行動に支障が出るといった苦情も多かったようである。

仕様[編集]

標的に当たった際に本体が破裂し、破片が敵に突き刺さるようにプラスチック類でコーティングされている。 重心をずらす事によって投擲時の軌道を難解なものとするために、乾電池を下部に収容できる。

バリエーション[編集]

  • ゲームボーイ
    初期生産型。
  • ゲームボーイブロス
    より隠密行動に適するように、本体のカラーバリエーションが増えた。スケルトン(光学迷彩使用)もある。
  • ゲームボーイポケット
    2代目のゲームボーイ。軽量化されたため、殺傷能力が落ちてしまった。また、電池が単4と小さくなり、軌道も読まれやすくなった。
  • ゲームボーイライト
    3代目のゲームボーイ。ゲームボーイポケットの反省から電池を単3に戻した。また、夜間戦闘用のバックライトを搭載した。しかし、バックライト使用時に自らの位置を暴露する致命的欠陥が発覚し、わずか半年で生産中止となった。
  • スーパーゲームボーイ
    サブウェポンであるカートリッジを強化する事が出来る。スーパーファミコンに搭載できる。
  • ゲームボーイカラー
    4代目のゲームボーイ。殺傷能力が落ちたポケットの改良新型版。標的に当たり刺さった破片が3〜24色に発光するため、逃げられた場合相手を見つけやすくなった。また、電池は単3にマイナーチェンジされている。

番外編[編集]

  • ゲイボーイ
    新宿二丁目限定発売。
  • ツボーイ
    ゲームをし続けて肩こりになる人が続出したため、急遽開発された。本機を肩に当てると内臓のバイブレーターで肩をほぐしてくれる。当時のファミ通にも掲載されていた。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゲームボーイ」の項目を執筆しています。