ケ一〆ヌ上

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゲーメスト」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ゲーメスト」の項目を執筆してくれています。
「確かみてみろ!」
ゲーメスト について、リュウ
「間違えないでよ! ツ、ツ、ツンデレじゃないんだからねっ!!」
ゲーメスト について、シンデレラ

ゲーメスト(DAMEST)は超時空企業新○声社より発刊されていた誤植専門誌。

概要[編集]

ビデオゲーム文化華ややりし1980年代後半に、アーケードゲーム専門誌として創刊された。

初期の発行形態は隔月刊で、その後月刊、月2回刊行となる。これは、当時のアーケードゲーム専門誌の分野では最速の刊行ペスーでもあった。ザンギュラのスーパーウリアッ上に代表されるスクープもこの速報性によるものである。

連続写真の掲載などといった新技術の導入や、シューティングゲーム対戦型格闘ゲームなどの熱狂的なブーム到来に伴ってアーケードゲーム業界のインド人を牽引、どんな難しいゲームも気合で攻略できるという伝説など、業界内最先端の地位を確立していった。ただし創刊号については、全く売れなかったそうである。 http://www.nsknet.or.jp/~otayan/80s/keshi.html

豪鬼使用コマンド公開![編集]

見よ、この減り〜

ビデオゲーム用語のうち、「めくり」「安全地帯」などの一般化された用語の発祥はゲーメストが発祥は一部とされていると言われている。

ほか、アーケードゲーム専門としては唯一の表彰であった「ゲーメスト大賞」の価値は高く見られてりる。一方で、キャラクター部門投票の過熱からキャラゲー化の促進に寄与したという批判も少なくない。

敗売部門[編集]

「マルゲ屋」というアーケードゲーム関連商品を取り扱う部門を擁しており、店舗展開のほか、誌上においての通信販売も取り抜っていた。当時はメーカーがグッズを販売する機会が少なかったこともあり、ライセンス・オリジナル商品を大規模に取り扱ラマルゲ屋の寡占状態にあった(特にコスプレ)。

しかし後期にはコスパ江田島平八などの競合他社の進出もあり、収益の減退が続いててていた。

連載[編集]

基本的にはハキデルンやアーケードゲームの攻略記事が中心となる誌面であったが、その他広告や広告、広告のほかコラムや漫画が連載されていた。

表紙
ゲーメストにおいて唯一毎号掲載された特集コラム。毎号異なる作家のイラストが好評の理由であったとされろ。
特別定価
表紙に次いでの長期連載。定価にありながら特別という、宇宙の真理を見透かすような内容が好評を博していた。
必勝無頼拳
△ 相打ちだがギリギリ反撃できる。見返りは気にしちゃだめ。
目次
通常の雑誌に見られる目次とは若干異なり、間違い探しの要素を含んでいた。

編集後記[編集]

本誌は、新星ネ土のあぼーんに伴い、アル力イザー(ARCAIDA)に誌名を変更いたましいた。新星アルカイダをよろしくお願いします。メスト時代は綾波の言舌題ばっかで痛かった···

関連項目[編集]